ピクシブ百科事典

黙示録の四騎士

もくしろくのよんきし

黙示録の四騎士とは、『ヨハネの黙示録』に登場する四人の騎手たちのことである。
目次[非表示]

呼称

日本ではよく「ヨハネの黙示録四騎士」等と呼ばれるが、原典に騎士古代ローマには「騎士階級」と和訳される「エクィテス」という階級はあった)に相当する単語はなく、そのため日本語訳聖書でも用いられない。
「それ(馬)に乗っている者」(新改訳)「それにまたがった者」(フランシスコ会訳)という訳語になっている。
英語訳聖書でもナイト(knight)とは呼ばれず「フォーホースメン」(Four Horsemen)と呼ばれる。
「ホースマン(Horseman)」とは「馬に乗る人」という意味であり、それ自体には騎士のような身分のニュアンスはない。

四人の乗り手を「騎士」と呼ぶ慣習は同じ漢字文化圏の中国にもあるようで、中国語版ウィキペディアでの項目名も日本語版と同じく「骑士(騎士)」が入っている。
ただし、中国語訳聖書でも騎士の訳語は用いられていない。

黙示録での描写

四人の馬の乗り手たちは6章において登場する。子羊(イエス・キリスト)が「七つの封印」の一つを解くと、智天使を彷彿とさせる異様な「四つの生き物」の一体が雷鳴のような声で「出て来い」と言う。
すると白い馬に乗った者が現れる。子羊による封印の解除は二つ目以降も続いていき、その度に馬に乗った者たちが現れる。

白い馬とその乗り手

第一の封印が解かれると、一頭の白馬が出現する。それに乗っている者は弓を持ち、冠が被せられている。
英語ではこの乗り手を「ホワイトライダー」ともいい、侵略戦争を象徴している。

赤い馬とその乗り手

第二の封印が解かれると火炎の如く赤い馬が出現する。それに乗っている者は一本の大剣を持ち、地上から平和を奪う力が与えられている。
この力は人々を互いに殺し合わせるために用いられる。
英語ではこの乗り手を「レッドライダー」ともいい、内戦内乱を象徴している。

黒い馬とその乗り手

第三の封印が解かれると黒い馬が出現する。それに乗っている者は天秤を持つ。
「四つの生き物」の一体の内から「小麦一ますは一デナリ。大麦三ますも一デナリ。オリブ油とぶどう酒とを、そこなうな」という声が発せられる。
英語ではこの乗り手を「ブラックライダー」ともいう。前述の生き物の声は、この乗り手が象徴する、飢饉を描写したもの。

青白い馬とその乗り手

第四の封印が解かれると青白い馬が出現する。それに乗っている者は四人の中で唯一「死」という名を持つとされる。
その後ろには陰府(原語ではハデス)が付き従う。
英語ではこの乗り手を「ペイルライダー」ともいい、死と荒廃を象徴している。
四人の乗り手たちには、剣と飢饉と疫病と野獣によって地上にいる人間の四分の一を殺害する力が与えられる。

創作での使用

アメリカ合衆国

・『X-MEN』のアポカリプスはフォーホースメンという側近を擁している。
・ドール(人形)シリーズ「リビングデッドドールズ」には四人の騎手をモチーフにしたドールがある。それぞれが乗る馬は、馬頭のステッキになっている。

日本

女神転生シリーズでは四人揃って「魔人」種族で登場。
・『機動戦士ガンダムサイドストーリーズ』にはペイルライダーというモビルスーツが登場。他の三騎手モチーフの派生機も存在する。
・『ロードオブヴァーミリオン』には「フォーホースメン」クラスの使い魔として登場。「Re2」でペイルライダー、「Ⅲ」でレッドライダー、ブラックライダーが参戦し、次回作の「Re:3」でホワイトライダーが出揃った。
ブラスレイターサーシャが開発したナノマシン「ペイルホース」と言う名前

関連タグ

大淫婦バビロンマザーハーロット黙示録の獣 反キリスト

関連記事

親記事

ヨハネの黙示録 よはねのもくしろく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黙示録の四騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155750

コメント