ピクシブ百科事典

ペイルライダー

あおじろいきし

ペイルライダーはアトラスのRPG「女神転生」シリーズに登場する悪魔。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 女神転生」シリーズに登場する悪魔本項で説明
  2. 「機動戦士ガンダム ミッシングリンク」に登場する機動兵器。→ペイルライダー(ガンダム)
  3. Fate/strangefake」に登場するキャラクター→ライダー(strangefake)
  4. クリント・イーストウッドが主演したウエスタン(西部劇)映画


概要

“小羊が第四の封印を開いたとき、「出て来い」と言う第四の生き物の声を、わたしは聞いた。そして見ていると、見よ、青白い馬が現れ、乗っている者の名は、「死」といい、これに冥府が従っていた。彼らには、地上の四分の一を支配し、剣と飢饉と死をもって、更に地上の野獣で人を滅ぼす権威が与えられた。”─新共同訳、ヨハネの黙示録─

ペイルライダーは、「ヨハネの黙示録」第六章に登場する子羊が解放する七つの封印の第四、先に登場する三人の騎士達の最後の一騎として登場する青白い馬に乗った騎士がモデルである。
他の三騎士は神から与えられた力が支配飢饉と抽象・寓意的なものであるのに対し、ペイルライダーはダイレクトに“人を滅ぼす”と書かれた異色の存在である。

初出作品は「真・女神転生」で、他の三騎士に先んじて魔人属の悪魔として登場している。
「真・女神転生」は魔人が初登場した作品でもあり、同期の『だいそうじょう』『デイビット』がどちらも元ネタが定かならぬ存在であるのに対し、ペイルライダーは「ヨハネの黙示録」という明確な出典を持つ変わり種である(前者は南光坊天海大僧正説、後者はホルバインの死の舞踏説がある)
また、黙示録の四騎士で唯一持物が明確化されていないのもペイルライダーだけである。

女神転生シリーズでは、タロット死神のイメージを強調してか大鎌を持った姿で描かれる。
真・女神転生Ⅲ」の万能属性スキル“ペストクロップ”でPOISN状態に陥った相手を即死させ、“死魔召喚”で呼び出した夜魔ロアのスキル“自爆”のダメージを吸収して回復するペイルライダーの姿は、命を刈り取り死を収穫する死神そのものである。なお、後の作品ではペストクロップという名前の武器も登場している。
デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王」にも登場しており、自身の体力が減るごとに分身を生み出すという特殊な戦法を用いる。石化効果を持つ物理攻撃と呪殺スキル“死霊召喚”、補助魔法で強化された“猛突進”を繰り出す三体のペイルライダーの姿は、まさに末世を覆う黄泉そのものである。

ペイルライダーの性格はm主人公(プレイヤー)には見えぬ疫病、死(黄泉)を強調する言動を示し、仲魔になって以降も主人公の死を見届けること、または死に充ちた世界で輝く生を持つ主人公を試すことを行動原理にしている。

関連タグ


悪魔 女神転生 魔人 死神
ホワイトライダー レッドライダー ブラックライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ペイルライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86335

コメント