ピクシブ百科事典

マスタング

ますたんぐ

「マスタング」(mustang)は北米に持ち込まれ、野生化した欧州馬。ギター、戦闘機、乗用車などの名称に使用されている。「ムスタング」とも。
目次[非表示]

曖昧さ回避


フォード・マスタング

2ドアのクーペボディで4、5人乗り。ポニーカーマッスルカーなどと呼ばれる、安価なスポーツ・タイプの中型車である。「ムスタング」とも。
リー・アイアコッカ副社長の指導下で、第二次世界大戦以降に出生した「ベビーブーマー」世代向けに開発された。
⇒詳細は、「wikipedia:フォード・マスタング」を参照。

歴史

⇒詳細は、「wikipedia:フォード・マスタング」を参照。

初代(1964年-1968年)

フォード・ファルコン」がベース。
魅力的なスタイリングや「フルチョイスシステム」※を用意したことで幅広い層に受け入れられ、アメリカ自動車史に残る大ベストセラーとなった。
オートマチック・トランスミッションやビニールレザーシート、横の部分を白く塗った、あるいは白いゴムを使用したホワイト・リボン・タイヤなど多彩なオプションを用意した。

2代目(1969年-1973年)

初代に比べ大型、高級化された。オイルショックにより販売が低迷した。
1969年と1970年モデルにホモロゲーション・モデルの「BOSS302」と「BOSS429」がある。「BOSS302」は「トランザムシリーズ」向け、「BOSS429」は7リットル(429立方インチ)のHEMIエンジン(V字形の給排気バルブ配置とセンタープラグの半球型燃焼室を持ったクロスフローOHV方式のハイパフォーマンスエンジン)が搭載されている。
ハイパワーモデルの「Mach1」も追加された。
1971年モデルでは、「BOSS」シリーズは「BOSS351」のみとなる。「Mach1」シリーズには7リットルのコブラ・ジェット・エンジンを搭載。
1972年モデルでは、「Mach1」シリーズは5,751ccエンジンのみとなる。

3代目(1974年-1978年)

「マスタングII」が正式名称となる。消費者の低燃費、小型化志向を受けてボディサイズも大幅に縮小された。

4代目(1979年-1993年)

小型化は継続され、FOXプラットフォームを採用した前輪駆動車となる。しかし、1980年代前半には好景気でハイパワー指向が復活してきた。1980年代後半にモデルチェンジの予定だったが、フォードの社内事情により1993年まで生産された。

5代目(1993年-2005年)

引き続き、FOXプラットフォームを改良して使用。

6代目(2005年-2014年)

DC2プラットフォーム(2004年の「北米国際オートショー」で発表)をベースに初代を意識したデザインを採用し、5代目で問題視された衝突安全性の不備が改善された。
ドリフト仕様として評価が高く、フォーミュラDにはフォードワークス製を含む数台がエントリーしている。

7代目(2015-)

サイズを大きくして車高を下げた。

日本での販売

1994年に「フォード・ジャパン・リミテッド」により正規輸入が開始され、廉価版グレードは200万円台前半の車両価格で投入され、話題になった。また、東京で夏の渋滞時にエアコンテストを行うなど、日本市場を大きく意識していた。
2016年下半期でフォードが日本市場から撤退し、日本国内における販売は終了した。
⇒詳細は、「wikipedia:フォード・マスタング」を参照。

余談


関連タグ

ムスタング  鋼の錬金術師 ロイ・マスタング P-51 ノースアメリカン
自動車 アメ車 マッスルカー フォード・モーター シェルビー

外部リンク

wikipedia:マスタング

pixivに投稿された作品 pixivで「マスタング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527625

コメント