ピクシブ百科事典

アガサ・クリスティ

あがさくりすてぃ

アガサ・クリスティ(Agatha Christie)は、イギリスの小説家。人呼んで「ミステリーの女王」。
目次[非表示]

1890年9月15日生まれ。イギリス デヴォン州出身。
1976年1月12日没。享年85歳。

概要

1920年、主婦業の間に書き上げた『スタイルズ荘の怪事件』を出版社に持ち込みデビュー。
推理小説ファンからは「ミステリーの女王」の異名をとった世界的ベストセラー作家であり、聖書シェイクスピアの次に読者が多い」と言われており、事実「世界で一番執筆本が売れた作家」として長らくギネスブックにも登録されていた。(余談だがアガサの記録を破り、新たにギネスブックに載ったのが同じイギリスの女流作家で『ハリー・ポッター』の生みの親であるJ・K・ローリングである)
同じくイギリス出身の推理小説作家で、シャーロック・ホームズの作者のコナン・ドイルともしばしば比較されることもある。

名探偵エルキュール・ポワロミス・マープルの生みの親としても有名。
ミステリー作品としては異色のギミックを用いたり「探偵役」として異色のキャラクターを配したり、数々の独創性なトリックを生み出すなど高い評価を受けている。
日本で制作された『アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル』(2004-2005年)では両シリーズがアニメ化。アニメオリジナルのメイベル・ウェスト(CV:折笠富美子)が聞き手になっており、両者は顔を合わせていない。というか、原作でも両者は一度も共演していない
存命中にはファンからは共演を望む声も多数あったというが、アガサは「ポアロとマープルとでは性格が合わないから無理」という理由で断っていたという。

代表作

『アクロイド殺し』1926年
オリエント急行の殺人』1934年
『ABC殺人事件』1936年
そして誰もいなくなった』1939年

関連タグ

小説家
アガサ・クリスティー - 表記ゆれ
ミステリー

外部リンク

アガサ・クリスティ - Wikipedia
アガサ・クリスティの著作一覧 - Wikipedia
アガサ・クリスティーとは - はてなキーワード
アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル - NHKアニメ

関連記事

親記事

小説家 しょうせつか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アガサ・クリスティ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アガサ・クリスティ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52229

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました