2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ミス・マープル

みすまーぷる

ミス・マープルとは、アガサ・クリスティが生みだしたエルキュール・ポワロと並ぶ名探偵の老婦人の名称である。
目次[非表示]

概要

フルネームはジェーン・マープル
アガサ・クリスティが生みだしたエルキュール・ポワロに次ぐ世界的に有名な名探偵の素質を持つ老婆

日本語特有のカタカナのせいで勘違いしやすいが、「マール」であって、「マール」ではない。
綴りで書くと、「marple」。
作中の登場人物のほとんどは年下という事もありミス・マープルと呼ぶが、マープルを敬愛する「サー・ヘンリー」ことスコットランドヤードの元・警視総監ヘンリー・クリザリングは「ジェーン」と名前で呼んでいる。

来歴

ヴィクトリア朝後期のロンドン近郊の中流階級の家に生まれ、人並みの人生を送るも両親結婚を反対された事を切っ掛けに独身を貫くことを決めると、ロンドンから25マイルほど離れたセント・メアリ・ミードへと移住
但し、この際に反対された男性は、「非常につまらない人間だった」ということが判明しており、彼女自身、両親の判断は正しかったことを認めざるを得ないという結論に達している。
以上は原作での経緯だが、映像メディアでは、原作とは違った人生を歩んだとされる。

映像メディアでは、若き日(作品にもよるが、彼女が20代前半の年頃であった第一次世界大戦中とされる)に世帯持ちの陸軍将校と横恋慕に落ち、彼は『必ず、君のもとに帰ってくるよ(死亡フラグ)』と言い残して出征したが、配属先は西部戦線であり、程なくして、あえなく戦死してしまう。彼への思いは戦後も絶ち難く、結果的に独身を通したというキャラ付けがされる場合が多い。

老後は編み物刺繍庭いじり(や人間観察)を趣味として村に閉じ篭るような隠遁生活の様な暮らしを送るが、意外と活動的で、よくロンドンや英国各地に出かけ、出かけた先で割と気軽に他人に話しかける事も多く(そして事件に巻き込まれるのがお約束)、意外と社交的。

人物像

一作目の牧師館の殺人では詮索好きで辛辣な性格だったが、その後の作品では詮索好きには変わりはないものの温厚であり、人好きするタイプに変わり、一般にイメージされるような優しい老婦人になっている。
近代教育を受けていない無学な人間だとして謙遜することがあるが、ポケットにライ麦をによるとイタリアの寄宿女学校に留学していた経験を持っていり、登場人物達が「道理で博識でいらっしゃる」と褒めたように一通りの教養は備えているようだ。
また彼女の家では孤児を引き取ってお屋敷勤めが出来るように教育を施しており、作中登場するメイドもピンからキリまでおり時にはメイドの質の低下に嘆くこともある。

尚、前述のように普段は温和な性格だが、『ポケットにライ麦を』の連続殺人はかつて自分の教え子だったメイドのグラディス・マーティンの遺体がマザーグースの童話『6ペンスの唄』に見立てて鼻を洗濯バサミで挟まれているという侮辱的な状態で発見された為、珍しく怒りと悲しみの感情を露わにした事件である。

エルキュール・ポアロに匹敵する推理力や、いざとなれば自身が犯行を食い止めようとする行動力がある。
しかしながら、元ベルギー警察の警官だったポアロに比べると身体的な弱さと肉体的老いは否定できず、戦後の設定であるパディントン発4時50分』『鏡は横にひび割れてでは、大好きな庭仕事が膝に致命傷を与えてしまうということでドクターストップを受けているほど、身体の老いが顕著である。

原作では、1930年代が設定とされる『牧師館の殺人』の時点でおばあさん扱いされている。また、1960年代初頭(原作でビートルズの名称が出てくる為、この年代)の長編バートラム・ホテルにてでは、(TVドラマ版ではあるが)ホテルの宿泊客が「90歳くらいに見えるわね」と話のネタにするほどの高齢者である。

マープル・シリーズの最終作とされる復讐の女神(アガサが生前に書き終えており、アガサの死後発表された)の時点で、80歳を越えているというのが一般的な見解。

探偵として

ある日、作家であるレイモンド・ウェストらによって作られた“火曜クラブ”で、家を会合の場所と貸し、当初こそは村以外の事は何も知らない無知な老婆とみられていたが、参加者が話す迷宮入り事件を次々に解決して行き、探偵としての才能を周囲に認知される事となった(ちなみにそれ以前から村の中で起こった小さな事件などを解決しているらしい)。(彼女の姉妹の子である甥と姪という位置づけは便利なようで、メディアによっては、警察官になった甥もいるとされる場合がある)

その後、様々な難事件に遭遇しては解決して行くようになり、少なくとも3つの州の警察署を手の内に抑えているといわれるほどに関係者の間でその名が知られるようになった。
なお、安楽椅子探偵と思われがちだが、大部分の作品では他の探偵もの同じく自分から事件現場に赴いたり、出掛けた先で事件に遭遇したりしている事が多い。
この

  • 遠出先で事件に度々遭遇する。
  • 最初は不審者だと思っていた警察の現場責任者が上層部から「この人は数々の事件解決に協力してくれた名探偵だぞ!!」と怒鳴られると、途端に手の平を返した態度をとる……というパターンは日本でも『金田一耕助』シリーズ、『浅見光彦』シリーズなどでも取り入れられている。なお、当の現場責任者達からは煙たがれているが、腐れ縁になってしまった数人からは『また、あのばーさんだぞ…』と諦め半分ながらも、なんだかんだで協力を仰られる立場である。(彼女は前任の警視総監の親友なため、態度如何で自分の人事考査に響くという事情もあるが)

但し先述の通り、相当な高齢者である為、信用出来る人物に調べ物をしてもらったり、犯行を食い止めるため、事件とは無関係の他者に協力を要請したりすることも多い。
『パディントン発4時50分』では自身が怪我した事もあり、あらゆる男性から求婚されるほどの美貌を持つ若きスーパーメイドのルーシー・アイルズバロウにある屋敷に潜入し、遺体を探索するよう依頼している。
一方で、犯人に襲われかけた女性を助けるために、息を切らせながら急いで庭から階段を駆け上がったりしたり、わざと喉に食事と詰まらせたと見せ掛けて、犯人に犯行の自供を引き出したりと、なかなか精強な老婦人でもある。

推理方法論

「村の~に似ている」というように、まずは自分が知る様々な相手の中から、その事件中の行動や些細な事象が思い起こさせる人物を想像。それをもとに「犯人はどのような人物だったのか」「なぜ/どのようにしてその行為は行われたのか」を推理していくスタイルをとる。

彼女が侮られる原因としては、彼女が「人畜無害な村のおばあさん」に見えるという点が大きい。しかし彼女曰く「村にも多くの邪悪がある」「人間はどこでもたいがい同じ物」であり、人間に対して透徹した見方をもつ探偵である。

ポワロとの関係

ファンの間では、古くから(同じくアガサの生み出した代表的な名探偵である)エルキュール・ポワロとしばしば比較されることが多く、「もしも2人が居合わせたらどうなっていたのか」という話題が持ち上がることも多い。しかし生みの親のアガサは「ポワロとマープルは性格が合わないので無理だろう」として、両者の共演には否定的であったといい、実際、両者が共演する作品は1つとして世に送り出されることはなかった。

その発言の関係か、TVドラマ版では、ポワロが1948~49年に病死し、亡くなった彼と入れ代わる形で、1950年代以降の英国で探偵として活躍していたという位置づけになっていたりする。

なお、ポワロの『青列車の秘密』ではセント・メアリ・リード村の存在が語られていることから、2つのシリーズが同一の世界線上のものではないかとする説もある(メタ的に言えば作者の一種のファンサービスなのだろうが)。加えて、一部両方の作品に共通して登場した人物もいる

また、日本で制作されたアニメ『名探偵ポワロとマープル』では、両方の作品が同一の世界線上で展開されているという前提で物語が構築されており、原作同様、両者が直接顔を合わせる機会こそなかったものの、マープルの家の前をポワロの乗った車が走り去るという映像があったりする。

関連項目

アガサ・クリスティ 名探偵

関連記事

親記事

アガサ・クリスティ あがさくりすてぃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミス・マープル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミス・マープル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました