ピクシブ百科事典

ミス・マープル

みすまーぷる

ミス・マープルとは、アガサ・クリスティが生みだしたエルキュール・ポワロと並ぶ名探偵の老婦人の名称である。

概要

アガサ・クリスティーが生みだしたエルキュール・ポワロに次ぐ世界的に有名な名探偵の素質を持つ老婆

ヴィクトリア朝後期のロンドン近郊の中流階級の家に生まれ、人並みの人生を送るも両親結婚を反対された事を切っ掛けに独身を貫くことを決めると、ロンドンから25マイルほど離れたセント・メアリ・ミードへと移住

その後は、編み物刺繍庭いじり(や人間観察)を趣味として村に閉じ篭るような隠遁生活の様な暮らしを送っているが、意外と活動的で、よくロンドンや英国各地に出かけ、出かけた先で割と気軽に他人に話しかける事も多く(そして事件に巻き込まれるのがお約束)、案外社交的。

ある日、作家であるのレイモンド・ウェストらによって作られた“火曜クラブ”で、家を会合の場所と貸し、当初こそは村以外の事は何も知らない無知な老婆とみられていたが、参加者が話す迷宮入り事件を次々に解決して行き、探偵としての才能を周囲に認知される事となった(ちなみにそれ以前時から村の中で起こった小さな事件などを解決しているらしい)。

その後、様々な難事件に遭遇しては解決して行くようになり、少なくとも3つの州の警察署を手の内に抑えているといわれるほどに関係者の間でその名が知られるようになった。

ちなみに近代教育を受けていない無学な人間だとして謙遜することがあるが、イタリアの寄宿女学校に留学していた経験を持っていり、一通りの教養は備えているらしい。

なお、安楽椅子探偵と思われがちだが、大部分の作品では他の探偵もの同じく自分から事件現場に赴いたり、出掛けた先で事件に遭遇したりしている事が多い。

関連項目

アガサ・クリスティ 名探偵

pixivに投稿された作品 pixivで「ミス・マープル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362

コメント