ピクシブ百科事典

ハリー・ポッター

はりーぽったー

J・K・ローリングのファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズの主人公。
目次[非表示]

『ハリー・ポッター 』シリーズ全体→ハリポタ

演:ダニエル・ラドクリフ
CV:小野賢章(吹き替え)/ゲーム:矢島晶子(1、2作目)、山口勝平(3作目)、山本泰輔(4作目)

概要

フルネームはハリー・ジェームズ・ポッター。誕生日は7月31日




※以下ネタバレ含む

容姿

丸眼鏡を掛け、クシャクシャな黒髪のくせ毛が特徴。後頭部の毛がピンピン跳ねている。
瞳の色は母親と同じ明るい緑色。額に稲妻型の傷がある。
容姿はよく「父親に生き写し」と言われるが、目だけは母親と同じ色でそっくりである。

性格

幼い頃から従兄弟のダドリー・ダーズリーとその仲間にいじめられ、マグルの学校でも孤立しており、叔母夫婦からも愛されずに育った為、基本的に自信が持てず謙虚。
しかし学年が上がるに連れ、さまざまな困難を乗り越えていく内に勇敢な青年となってゆく。
父ジェームズと因縁の深いセブルス・スネイプからは「父親に似て傲慢」と言われているが、両親を知る人物たちからは口々に「父親に似てない」「性格は母親似」と言われている。実際にハリーは育った環境故に自分の才能を鼻にかけることはない。

尤もハリーも少々頑固な一面もあり、第5巻では魔法省による社会的な中傷やアルバス・ダンブルドアから受けた疎外感、さらに思春期の悩みなどが重なり、ヒステリックになってしまった。

両親が父親の友人の裏切りの結果殺されたため、裏切りという行為をひどく嫌う。
しかしそれ以上に「(復讐による)殺人」を嫌い、父親の親友たちが裏切り者に復讐して殺人者となってしまう事より、その裏切り者を生き残らせる事を選んだ。

経歴

1歳の時、史上最悪の魔法使いヴォルデモートに襲われたが、奇跡的にも撃退した。
故に魔法界では「生き残った男の子」として誰もが知る存在で、英雄視されている。
しかし、この襲撃で父親のジェームズと母親のリリーを喪ってしまった。
ハリーが生き残ったのは、リリーの愛情とその犠牲がハリーを守る防御魔法として作用し、ヴォルデモートの「死の呪文」を跳ね返したというのが真相である。

両親の死後、母方の妹のダーズリー家に引き取られ、10年間も冷遇に加え虐待を受けながら育つ事となる。
そして11歳の誕生日にホグワーツ魔法魔術学校の入学案内を携えてきたハグリッドから自身が魔法使いであることを知らされ (彼曰く、ハリーのホグワーツ入学は生まれた時から決まっていた。との事である) 、1991年9月1日、ホグワーツ魔法魔術学校に入学。この時、入学祝いと誕生日プレゼントを兼ねてハグリッドから白ふくろうのヘドウィグをプレゼントしてもらい、以降彼の宝物かつ大事な相棒となる。
「組分け帽子」にグリフィンドール寮かスリザリン寮か悩まれた挙句、自らの意志でグリフィンドール寮となる。

闇の魔術に対する防衛術の才能があり、一人前の魔法使いでも困難とされる守護霊魔法を13歳で成功。
箒での飛行も得意で、1年生の時からクィディッチチームのシーカーを務めた。

その後様々な試練と、学友セドリックや名付け親シリウスとの身を裂く程辛い死別を通して成長し、復活したヴォルデモートと幾度もあいまみえながら最終的に彼を倒す事に成功する。
成人後、キングズリー・シャックボルトの紹介で魔法省の闇祓い局に就職。後に局長に就任する。

最後の決戦の後、親友ロン・ウィーズリーの妹ジニー・ウィーズリーと結婚。
3人の子を授かり、両親や、シリウス、ダンブルドア、スネイプなど、かつて縁を結んだ今は亡き人々の名前を付けた。

関連イラスト

ハリー
ハリーとヘドウィグ


ハリーに命をかけた者たち
ある生き残った男の子の7年間の記録



関連タグ

ハリポタ ハリーポッター ハリー 
ハリジニ 子世代

pixivに投稿された作品 pixivで「ハリー・ポッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8611894

コメント