ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一覧

人間の普遍的で強い愛情。

誰かを慈しむ想いのことである。


ウィザーディング・ワールド』の重大なテーマ、ファクターであり、更に魔法のひとつでもある。しかし愛と魔法の関連性は神秘的で深遠な領域であり、通常の魔法使いは気にしていない。ヴォルデモート死喰い人などは、力こそが愛に勝ると考えている。対してアルバス・ダンブルドアは愛がもたらす魔法使いの力を決して軽視しなかった。


犠牲の護り

死を宣告するアバダケダブラの唯一の対抗呪文。古代の魔法に属する。

死から逃げることが出来るもかかわらず、愛する者のために自らを犠牲にした際に生じる魔法。

自分は死ぬが、愛する者の血には護りが宿り、その者は死の呪いを無効化する。


また、その発展として、護りを受けた者は大人になるまではその血縁、家族と言える者の家にいる限り安全が保障される。これはアルバス・ダンブルドアによる魔法に基づく。


ハリー・ポッター生き残った男の子となった理由である。


ハリーの血には母リリー・ポッターの魔法が流れており、そのため愛失くして生きるヴォルデモート/クィリナス・クィレルの肉体を触れただけ破壊することすらできた。

(後にヴォルデモートは新しい肉体の材料に、怪我から流れ出たハリー自身の血を取り込むことでその問題を解消する)


ちなみにハリーの額の傷はリリーの魔法が直接的な原因ではない。あくまで死の呪文が跳ね返り、そして彼がヴォルデモートの魂の片割れとなったことが原因で出来た呪いの傷である。


魔法省神秘部には「愛」が収められている部屋があるという。

関連記事

親記事

魔法ワールド まほうわーるど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12268

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました