ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

リリー・ポッター

りりーぽったー

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。ハリー・ポッターの母親。
目次 [非表示]

注意

同名の人物

ハリー・ポッターシリーズ』に登場するキャラクターだが、同盟の人物が二名存在する。


タグと表記揺れ

結婚前(姓が変わる前)の姿の作品はリリー・エバンズ表記でタグ付けされることが多い。また「リリー・ポッター」よりも「リリー・エバンズ」のタグの方が多い。


そのため「ハリポタ リリー」で検索する方が投稿数が多い。(リリー・ルーナ・ポッターの作品もヒットしてしまうが)


概要

ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。両親とも非魔法族(マグル)の家系であるエバンズ家の娘で、所謂マグル生まれの魔女。主人公ハリー・ポッターの母親にしてジェームズ・ポッターの妻。



ハリー・ポッターシリーズ』の本編開始前には既に故人。

アルバス・ダンブルドア率いる不死鳥の騎士団の中心メンバーとして、闇の帝王ヴォルデモートと何度も直接対決した人物。


しかし1981年のハロウィンに、夫のジェームズ共々ゴドリックの谷にてヴォルデモートの手にかかり殺されてしまう。享年21歳。実はこの時ヴォルデモートはリリーは見逃そうと考えていたらしく、再三『どけ』と言ったものの、リリーはその言葉を退け、命を呈してハリーの盾となり彼を守ったことで「愛の護り」と呼ばれる古代の守護魔法を息子に遺した。


後にハリーを引き取るペチュニア・ダーズリーは実姉。グリフィンドール所属。明朗活発な人柄と強い正義感の持ち主で、誰にも分け隔てなく愛情を持って接したため、皆に好かれていた。


プロフィール

NameLilly Evans→Lilly Potter
  • リリー・エバンズ→リリー・ポッター
誕生1960年 1月30日
死亡1981年 10月31日 (享年21歳)
血統マグル生まれ
家族
所属不死鳥の騎士団
出身ホグワーツ魔法魔術学校 🔴グリフィンドール
在学中の地位など
守護霊🦌牝鹿
技能
映画版演者
映画版吹替

容姿

ボリュームのある深い赤毛に、アーモンドのような大きな緑の瞳(息子ハリーにそっくり)を持つ美女。

また作者によれば「ジニー・ウィーズリーのように人気のある女の子だった」なので、かなりモテていたようである。


来歴

生い立ち

1960年1月30日生まれ

マグルの家庭に育つ。理解のある親だったようで、リリーに魔力があると聞いて両親は喜んだ。

姉のペチュニアとは幼い頃は仲が良かったが、魔女になれたリリーに対して、魔力のなかったペチュニアはホグワーツへ入学できず、次第に疎遠になっていった。


実はセブルス・スネイプとは幼馴染で、彼から魔法界について様々なことを学んだ。

だが、スネイプとペチュニアが互いに蔑視し嫌い合ったことが、姉妹間の関係を悪化させる一因となった。


学生時代

ホグワーツ魔法魔術学校在籍時はグリフィンドール所属。


スネイプと共に乗った入学前のホグワーツ特急で、後の夫ジェームズ・ポッター(とその親友シリウス)に出会う。

しかしジェームズがこの際、初対面のスネイプの言葉をいきなり否定して来た事、入学後過激な「悪戯」を行った事、リリーへの見せびらかし癖等から、在学途中まで彼を激しく嫌悪していた。


だが7年生時にジェームズが態度を改め、落ち着きを見せ始めた事から交際を始める。二人ともホグワーツ首席に選ばれた。

同時期にジェームズの友達(シリウスやピーター等)とも、あだ名で呼ぶ程に親密になっていった。


その一方でスネイプとの交流は、彼が闇の魔術に傾倒し、自分の言葉に耳を貸さず、自分の学友を傷付けた死喰い人志望者とつるむようになるにつれ、心の距離が徐々に開いていった。


そして5年生のある日、スネイプがジェームズとシリウスの彼に対する「悪戯」を止めようとしたリリーを、勢いで「穢れた血」と蔑称で呼んだ事がきっかけで完全に愛想を尽かす。彼の謝罪も受け入れず、交友関係は完全に断絶した。


卒業後

卒業後にジェームズと結婚。20歳の時にハリーを出産。

不死鳥の騎士団」の一員として活動し、三度ヴォルデモートの手から逃れた。

ヴォルデモートにハリーの命が狙われていることが判明して以降、ゴドリックの谷の自宅で軟禁状態に近い生活を強いられる事となってしまったが、彼女自身はそれを苦とせず、むしろ軟禁生活に焦る夫のジェームズを案じていたようだ。


1981年10月31日、ピーターの裏切りによりヴォルデモートがポッター家を襲撃。

リリーとハリーを逃し、ヴォルデモートを食い止めようとしたジェームズの死を悟った彼女は、ヴォルデモートの前に立ちはだかり、息子の助命を懇願し、「死の呪い」を受け死亡した。


なお、この時スネイプが予めヴォルデモートにリリーの助命嘆願をしていたため、当初はヴォルデモートはリリーを殺すつもりはなかった。ちなみにスネイプはダンブルドアにもリリーの助命を嘆願しているが、それは「幼いハリーを帝王に捧げる」というもの。


リリーは落命したものの、「自分が助かる選択肢があるにもかかわらず、自らの命を掛けて愛する者の盾となった」という条件による古代からの魔法が発動。「ハリーはリリーの血縁者であるペチュニアの家ではヴォルデモートに脅かされない」そして「ヴォルデモートはリリーの血が脈打つハリーの無垢な肉体に触れることが出来ない(触れると焼け死ぬ)」という血の護りが生まれた。


4巻にてハリーがヴォルデモートと一対一で決闘した際、逆転呪文によりヴォルデモートの杖から殺人の痕跡、霊体となってハリーを支援した。


7巻ではヴォルデモートと最後の闘いに向かうハリーの前に蘇りの石によって姿を現す。

死を覚悟し「僕の傍にいて」と言う息子に対し、"always"と答えた。


人物

聡明で正義感があり、教授や生徒など周囲からの人気は高かった。映画版ではルーピンは「偏見を持たない女性だった」と述べている。


エバンズ姉妹の邦訳問題

エバンズ姉妹、リリーとペチュニアがどちらか姉で妹か分からない、あるいは勘違いしているファンも日本には多いのではないだろうか。


それは邦訳者松岡佑子氏に原因がある


英語では姉と妹を分けて考える概念が薄く、どちらも”sister"となる。それを邦訳者が勝手に姉妹の上下を解釈し、更にその後原作者の発言を受けて修正したり、あるいはしなかったりとよく分からない対応を繰り返した。


1巻:静山社は独断でリリー妹、ペチュニア姉とする

3巻:何の断りもなくリリーを姉に変更

4巻:ふくろう通信で「ペチュニアは意地悪なので姉にしたが作者が妹だと言ったので変えた」と言い訳

5巻:以下、5巻の記述も携帯版もすべてリリー姉に変更

7巻(原書):リリー妹(younger)、ペチュニア姉(elder)だったことが判明

7巻(中韓):中国語版ではずっとリリー妹であることが判明、韓国語版でもずっとリリー妹であることが判明

7巻(日本):リリーが妹であることを表わす記述を省くという荒技で処理

 ※しかしペチュニアが仕切っているのでどちらが年上かは明らか

電子版・文庫版以降:再びリリー妹、ペチュニア姉に戻る


確認だが、公式ではずっと変わらず

「ペチュニアが姉、リリーが妹」である。


関連イラスト

僕を見てくれ燃えるような

LilyYou'll be fine.


関連タグ

親世代

グリフィンドール

ホグワーツ首席

マグル生まれ

エバンズ姉妹 ペチュニア・ダーズリー

ジェームズ・ポッター ハリー・ポッター 愛(ウィザーディング・ワールド) ポッター家 ジェリリ

不死鳥の騎士団 シリウス・ブラック リーマス・ルーピン ピーター・ペティグリュー

セブルス・スネイプ セブリリ

ホラス・スラグホーン スラグ・クラブ

関連記事

親記事

不死鳥の騎士団 ふしちょうのきしだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1288732

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました