2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

演:キャサリン・ハンター

概要


アラベラ・ドーリン・フィッグ。

イングランドのサリー州リトル・ウィンジング、ウィステリア・ウォーク(プリペット通りのふた筋向こう)に住む一人暮らしの婆さん。ハリー・ポッターがダーズリー家に住んでいた時は、たまにこの婆さんの家に預けられた。(ダーズリーが家族旅行に行く際など)

家の中は猫だらけでキャベツの匂いがする。またフィッグばあさんは変わり者で、猫の話ばかりしてくるのでハリーは辟易していた。ダーズリー家よりはマシだが、快適な空間ではなかった。

第5巻で再登場。吸魂鬼と戦ったハリーを保護した。実はフィッグばあさんはスクイブであり、更に不死鳥の騎士団のメンバー。アルバス・ダンブルドアの命でハリーを幼少の頃から監視・保護していたのである。(ハリーにはわざと不快な思いをさせて、ダーズリー家よりフィッグの方が良いと思わないようにしていた)

スクイブなので杖を持たず呪文も唱えない。ニーズルという魔法生物と猫の交配を生業にして繁盛しているらしい。ニーズルの血を引いた猫は魔法界によくおり、クルックシャンクスもそう。

アーガス・フィルチとはスクイブでありながら魔法使いに対しては対称的なスタンスを取っている。スクイブでありながら魔力を誇示する武装した連中との敵対組織に入っているのは冷静に考えると凄いことである。

関連記事

親記事

スクイブ すくいぶ

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました