ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アーガス・フィルチ

あーがすふぃるち

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。ホグワーツ魔法魔術学校の管理人。
目次 [非表示]

プロフィール

NameArgus Filch
  • アーガス・フィルチ
血統スクイブ
家族配偶者・子供なし(おそらく)
職業ホグワーツ魔法魔術学校 管理人 (caretaker)
映画版演者デイビッド・ブラッドリー
映画版吹替

解説

ホグワーツ魔法魔術学校管理人の中老男性。


正確な年齢は不明であるが最も若く仮定しても1951年の生まれであり(この場合でも親世代より10年上)、1968年頃から本編の1990年代まで約四半世紀に渡って勤めてきたベテランである。

仕事内容は校舎内の清掃や夜間の見回り、事務や生徒指導など。


アルバス・ダンブルドアのやり方を生徒に甘いと嘆き、ムチを体罰に使っていた時代を懐かしむなど底意地は悪い。

ただし映画版では、中期以降どこか間が抜けていたりコミカルな描写も目立った。


悪い意味で仕事熱心な事から生徒を何かと敵視しており、教授から生徒へ罰を与える許可が出るのを心待ちにしている。

そのため殆どの生徒からは嫌われている。

五巻では一時校長職に就いたドローレス・アンブリッジのもと、水を得た魚のように生徒を処罰していた。

毎年持ち込み禁止リストを更新しており、自らの事務所に貼っているが生徒は誰も気にしていない。


ミセス・ノリスという猫を連れておりとても可愛がっている(同時に生徒の監視役にしている)。

映画版のユールボールでは抱っこしてリズムを取っていた。


ホグワーツの城門と森の番人で魔法生物飼育学教授のルビウス・ハグリッドとは好きな動物(ハグリッドは猫が苦手で犬を飼っている)や生徒への対応の違いから仲が良くはない。

一方で魔法薬学教授セブルス・スネイプに協力する事が多い。


実はスクイブであり、魔法族の生まれでありながら魔法を使うことができない。


ちなみに原作の記述において、フィルチがゴーストを明確に認識できているような描写はない。彼の不倶戴天の敵ピーブズゴーストではなくポルターガイストである。マグルはゴーストを明確に認識できないが、ポルターガイストはどうなのかは不明である。


原作では図書館司書のイルマ・ピンスとそれなりに良好な関係の様子。


映画版ではホグワーツの戦いにも参戦し、ラストシーンでは途方もない瓦礫の山を健気にも掃き掃除していた。


関連タグ

スクイブ

ミセス・ノリス

セブルス・スネイプ イルマ・ピンス

ドローレス・アンブリッジ

アラベラ・フィッグ


関連記事

親記事

ホグワーツ魔法魔術学校 ほぐわーつすくーるおぶうぃっちくらふとあんどうぃざーどりぃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1805

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました