ピクシブ百科事典

ドローレス・アンブリッジ

どろおれすあんぶりっじ

ハリポタシリーズに登場する魔女(メイン画像下側中央の女性)。
目次[非表示]

ハリポタシリーズに登場する魔女。5巻『不死鳥の騎士団』でのキャラ。

映画での演者:イメルダ・スタウントン
CV:小宮和枝

概要

魔法省の高官であり、地位は「魔法大臣上級次官」(日本でいう「事務次官」に相当するポスト)。
ホグワーツOGでスリザリン寮出身。
5巻にてホグワーツ魔法魔術学校の教育改革という面目で魔法省から派遣され、「闇の魔術に対する防衛術」の教授になった。しかし、実際は魔法省を乗っ取る為に武装集団を編成しているダンブルドアもといホグワーツを監視する為に派遣されていた。

人物

肥満体型で、顔は締まりがなくたるんでおり、その姿はガマガエルを思わせる。
少女趣味が特徴で、宝石のついた指輪ネックレスをつけ、ピンクのカーディガンを着ている。部屋も見渡す限りピンク色で、壁にはが描かれたが沢山飾られている。ちなみに守護霊
一見穏やかな中年女性に見えるが、生徒から秘密を聞き出す為に禁止されている「真実薬」や法律に抵触する「磔の呪い」を使おうとする等、性格は残忍かつ卑劣
その邪悪な人間性は分霊箱を所持している際に生じる不快感を相殺するほど。
最終的にはそれまでの行いが災いし、アズカバンに叩き込まれる羽目になった。

人間関係

魔法省の人間からの評判はいいが、アルバス・ダンブルドアを支持する側の人間(主にグリフィンドール関係者)からはかなり嫌われている。特にミネルバ・マクゴナガルとは犬猿の仲であり、教育方針や拷問に近い罰則等について激しい言い争いになっている。ヴォルデモート復活を主張するハリー・ポッターに対してもクィディッチを生涯禁止にしたり、理由を見付けては罰則を科す等、多くの嫌がらせを行った。また、ダンブルドアやルビウス・ハグリッドシビル・トレローニーを停職に追い込んでいる。
狼人間や巨人や水中人等の「半人間」を非常に恐れており、彼らに対して異常なまでの偏見と恐怖心を抱いている。

反面、スリザリン寮に対しては露骨な贔屓を行っており、スリザリン生から選抜された高等尋問官親衛隊を設立、その隊長には監督生をも上回る権限を与えたほど(しかし、スリザリンの生徒のなかですらアンブリッジを嫌う者は多く、スリザリンの良心的存在であるホラス・スラグホーンからは「もともとあの女は好かん」と切り捨てられた)。


原作終了後に判明した過去

映画第5作の未公開シーン(DVD等で収録)では元々は聡明だったが、堕ちて行って現在の様になったと語られていた。
彼女自身もホグワーツの卒業生であり、しかもスリザリン寮出身だったが、彼女は半純血だった。
魔法省勤務でありながら野心に乏しい父といい加減で気まぐれなマグルの母、スクイブの弟の家庭は非常に貧しい上に劣悪な家庭環境だった。
卒業後に魔法省に就職する程の優秀な成績を収めながら純血が尊ばれるスリザリンでは要職を任されることはなく、さらに在学中に家庭崩壊の憂き目に遭い、それらが原因で歪んで行った経緯が明かされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドローレス・アンブリッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3902

コメント