ピクシブ百科事典

エイモス・ディゴリー

えいもすでぃごりー

エイモス・ディゴリーとはハリポタのキャラ。セドリックの父親。
目次[非表示]

概要

セドリック・ディゴリーの父親。
魔法省生物管理部の職員。

血統

先祖には闇の魔法使いと戦う闇祓いを創設したイギリス魔法省大臣エルドリッチ・ディゴリーがいるなど魔法界の中でも旧家の生まれ。
エイモス自身はマグルの『警察』の発音を間違えていたため、マグルの中で生活をしたことがないことが分かるため純血ないし半純血の魔法使いということになる。

人物

優秀な一人息子セドリックを溺愛している親馬鹿
寡黙で自分の優秀さをひけらかさないセドリックに変わって彼がセドリックの優秀ぶりを自慢して回っており、セドリックは少し恥ずかし気だが親子仲は非常に良好。
息子が三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれた際は妻のディゴリー夫人と共に最終試練の応援に駆け付けた。
アーサー・ウィーズリーの知り合いで互いの家も比較的近くにあるため、クィディッチワールドカップが行われた際は共同でチケットとテントを使うなどしていた。

容姿

容姿は原作では長身でゴワゴワした髭を生やしているとされるが、映画版では髭はなく眼鏡をかけている。
寮など不明だが仮に息子と同じであればハッフルパフ

息子の死

三大魔法学校対抗試合の第一の試練、第二の試練と順調に勝ち進んだ愛息子はハリー・ポッターと共に最終の試練に同着優勝でゴールした。
しかし、ヴォルデモートの完全復活を果たすためにハリーを誘き出されてしまい、セドリックは余計な者としてピーター・ペティグリューの放った死の呪文によって殺害されてしまった。
ハリーはセドリックの霊魂に頼まれ、何とかセドリックの遺体を両親の元へと返し、両親は愛息子の亡骸を前に泣きじゃくった。
後に正式に優勝者となったハリーはせめて優勝賞金をディゴリー夫妻に渡そうとするが、二人はハリーを責めず、息子の遺体を持ち帰ってくれたことを感謝するも賞金は受け取らなかった。

呪いの子にて

ハリーの息子、アルバス・セブルス・ポッターを主人公とした第8巻「呪いの子」にも登場。
2020年の段階で聖オズワルド魔法使い老人ホームに入居しており、ディゴリー夫人の言及がないため妻とも死に別れた可能性が高い。

デルフィーニ・ディゴリーというを連れて、ハリーの元を訪れた。
おりしもセオドール・ノットの所持していた逆転時計を回収した直後であり、闇祓い局局長に就任したハリーに過去に戻ってセドリックを生き返らせてほしいと懇願してきた。
しかし、ハリーは断腸の思いでその申し出を断るも、ハリーを糾弾して帰っていき、その場面を立ち聞きしたアルバスは親友のスコーピウスと共にセドリックを生き返らせようと奔走する。
しかし、後に二人の父親であるハリーとドラコ・マルフォイがエイモスの元を訪れると彼は自分も妻も一人っ子なので姪など生まれるはずがないと発言し、エイモスをはじめ入居者全員が錯乱の魔法にかかっていることが判明し…。

関連記事

親記事

親世代 おやせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エイモス・ディゴリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1365

コメント