ピクシブ百科事典

概要

ハリポタのキャラクター。本名はルドビッチ・バグマン。バクマン。ではない。
魔法省の魔法スポーツ・ゲーム部長として第4巻に登場。
薔薇色の頬をした少年のような顔をした金髪の男。
元はクィディッチのウィムボーン・ワスプスのビーターで、イングランドの代表に選ばれたこともある。そのためみんなの人気者。ワスプスのカラーである黄色と黒の縞のローブを今も身に付けている。
アーサー・ウィーズリーにワールドカップのチケットを工面したり愛嬌のあるフランクで社交的な第一印象とは裏腹に後述のように不真面目でいい加減で卑怯な部分を持ち合わせている。賭け事関連の私的な事情の為にハリーを利用しようとしたり、ワールドカップのいい加減な仕事ぶりはアーサーを困らせ、パーシーからは軽蔑されるレベルだった。

トライウィザードトーナメントとクィディチワールドカップの共同責任者であるバーテミウス・クラウチ・シニアとは何から何まで対称的。バグマンはフランクでいい加減な性格で、ギャンブルが好き。
フレッド&ジョージとワールドカップで賭けをしたが、負けた。しかも金を払わず、更にゴブリンとも金の揉め事を起こしたらしく逃走した。

その後の動向は不明だが、本編完結後、ハリーたちが妻帯して子供を持った2014年のワールドカップで言及された。日刊予言者新聞にチームのレーティングを載せていた。

ちなみに父が死喰い人オーガスタス・ルックウッドの友人だったり、弟のオットーが魔法省と揉め事を起こしていたりと身内もルードと同じくいい加減な感じである。
このルックウッドとの交友で騙されたとはいえ魔法省の情報を死喰い人に渡してしまうというアズカバン行きの行いをやらかしてしまうという有様で、クラウチシニアからはひどく嫌われていた。また、情報漏洩には引退後の仕事に関しての本人なりの考えもあったみたいだ。

出身寮などは不明。映画には登場しなかった。おそらくキャラが多すぎてごちゃごちゃするため。

関連記事

親記事

魔法省(ウィザーディング・ワールド) みにすとりーおぶまじっく

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「ルード・バグマン」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました