ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウィザーディング・ワールドにおける監獄。英国魔法界の刑務所。

北海の真ん中にある島。大量の吸魂鬼が看守を務めているため、囚人たちは基本的に鬱状態になり、やがて衰弱発狂していく。収監されてすぐに死ぬ者もいるようだ。

アズカバンでの終身刑は実質的な死刑と言える。(英国魔法界には死刑はない。)

元は闇の魔法使いエクリジスの人体実験場であり、吸魂鬼もエクリジスが生み出した生物である。それを魔法大臣ダモクレス・ロウルが監獄として使用することを決定した。

脱獄成功者は本編開始時点で0人。それほど堅牢な要塞。

しかし人間が誰も看守をやっていないという大きな穴があり、1990年代には結構脱獄されている。
吸魂鬼の力は確かに恐ろしいが、連中はなんと眼がまともに見えないため、いくらでも替え玉が可能。また、たとえ囚人が動物に変身しようが気付かない。

最大の穴は吸魂鬼と闇の魔法使いの親和性が高いこと。「魔法省の元で時々運ばれてくる囚人の気力を吸い取るより、ヴォルデモート卿と共に世界を絶望を撒き散らす方が得」という事実に吸魂鬼は早々気づいており、卿が元気な時にはすぐに仕事をサボる。ザルのように囚人が大量脱獄していた。

本編終了後はちゃんと吸魂鬼抜きで運営されるようになった。

主な収容経験者

など

関連タグ

吹いたらアズカバン吹いたら負けのハリポタ版だが仕打ちが酷すぎやしないか。

関連記事

親記事

魔法省(ウィザーディング・ワールド) みにすとりーおぶまじっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アズカバン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アズカバン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31064

コメント