ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ベラトリックス・レストレンジ

べらとりっくすれすとれんじ

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。ヴォルデモートに付き従う、強力な闇の魔女。
目次 [非表示]

「クルーシオ!(苦しめ!)」


「闇の帝王は再び立ち上がるぞよ!我々は待つのみ!あの方は蘇り、我々を迎えにおいでになる!」


概要

ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。闇の魔女で、デスイーターヴォルデモート卿の忠実な右腕として知られており、作中でも屈指の実力を誇る。作中では従弟のシリウス・ブラックに姪のニンファドーラ・トンクスドビーなどをはじめとして、ハリーたちの仲間の多くの命を奪った。


 因みにレストレンジは夫であるロドルファス・レストレンジの姓であり、旧姓はベラトリックス・ブラック。そのためシリウス・ブラックや、マルフォイ家に嫁いで姓が変わったナルシッサ・マルフォイとその息子とは親戚関係にあたる。


 本編開始時点ではアズカバンに収監されており、ヴォルデモート卿の復活によってをはじめとした他の死喰い人と共に脱獄。初登場は第5巻の『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』であるが、第4巻の『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の時点で既に復活したヴォルデモート卿から言及(「アズカバンが開放されたときには、レストレンジたちは最高の栄誉を受けるであろう」)があるのと、憂いの篩の裁判のシーンで一瞬登場する(ただしベラトリックスの名前そのものは第5巻まで登場しない)。


プロフィール

NameBellatrix Black →Bellatrix Lestrange
  • ベラトリックス・ブラック→ベラトリックス・レストレンジ
誕生1951年 誕生日不明
死亡1998年 5月2日
血統純血 聖28一族
家族
出身ホグワーツ魔法魔術学校 🟢スリザリン
愛称ベラ(ヴォルデモート卿ナルシッサから)
技能
映画版演者ヘレナ・ボナム=カーター
映画版吹替高乃麗

来歴

女戦士の星

Bellatrix Lestrange

 1951年に、純血一族の王族を称するブラック家の分家筋に生まれた。

天体から命名するというブラック家の習慣に従って彼女もまた星の名を名付けられ、女戦士や征服者を意味する「ベラトリックス」というオリオン座のγ星を背負うことになった。

 またベラトリックスはブラック家三姉妹の長女であり、妹にアンドロメダ・トンクスナルシッサ・マルフォイがいる。


 ホグワーツ入学後は一族の慣習通りスリザリン寮に入寮。同年代にはルシウス・マルフォイ(1954年生まれ)やアーサー・ウィーズリー(1950年生まれ)、モリー・プルウェット(生まれ年は明らかではないが、アーサーと同年代ならばおそらく)にリータ・スキーター(1951年生まれ)などがいる。

 ちなみにシリウスやジェームズリーマスセブルス・スネイプなどのハリーたちの直接の親世代(1960年生まれ)とは若干年齢が離れており(ドラコのみ両親がベラトリックスと同世代)、ホグワールド在校期間は被らない。


 その後時期は定かではないがおそらく卒業後にロドルファス・レストレンジと結婚(おそらくは政略結婚)し、以後はレストレンジの姓を名乗る。敬称は「マダム」だが、これが貴族的な慣習なのかレストレンジ家がフランスに由来する血筋であるためなのは不明。


闇の帝王の愛弟子

薔薇に蛇


 そしてヴォルデモート卿が活動を開始すると、ベラトリックスは(おそらく)夫と共に死喰い人に加入。第4巻で復活した際のヴォルデモート卿の言葉によれば、レストレンジ夫妻は死喰い人の中でもとりわけヴォルデモート卿に忠実な僕であったようである。特にベラトリックスのヴォルデモート卿への忠誠心は作中でもかなり顕著な形で現れており、ヴォルデモート卿からも愛称で呼ばれたり直々に闇の魔術を伝授されたと言われるなど、特別な扱いを受けていた様子が見られる。

 そもそも死喰い人はその殆どが男性であり、女性の死喰い人は少ない(ただカロー兄弟の妹他、映画でも存在自体はしそうな描写がある)ため、ヴォルデモート卿がベラトリックスを登用したのには何か他の理由(後述)もあったのかもしれない。だがそもそも死喰い人の選考基準自体が不明なのと、それがどうやら幹部級にのみ与えられる「最高の栄誉」らしいと言うことしかわからない(グレイバックは死喰い人のポジションで認識されているが、闇の印は持っていないらしい)ため、詳細は不明。そもそも闇の印を持っていることが死喰い人の必須条件なのかも(少なくとも原作では)不明だが、カロー兄弟はヴォルデモートを印を使って呼び出そうとしていたので、ベラトリックス以外にも女で闇の印を持っている死喰い人はいるようだ。


 ベラトリックスのヴォルデモート卿に対する態度は、臣下としての忠誠を超えた愛情や執着の域にまで達しているようにも感じられ、実際作者のJ.K.ローリング女史は「ベラトリックスはヴォルデモートだけを愛していた」などと発言している。

このことからもベラトリックスとロドルファスの結婚は恋愛結婚ではなく家同士に決められた政略結婚で、ベラトリックスは夫を愛していたということは無さそうである。

だがその一方でロドルファスの方は、ハリーが死の秘宝でダーズリー家からトンクス家へハグリッドと組んで逃げる際、ニンファドーラたちのペアを執拗に追いかけるベラトリックスと行動を共にしてニンファドーラから攻撃をくらっていたり、『呪いの子』で「ベラトリックスの忠実な夫」と呼ばれていたりと、こちらは名ばかりの妻に愛情があったのではないかと感じられる描写もある。しかし以前詳細は不明。確かなのは「ベラトリックスはロドルファスを愛してはいなかった」(JKローリング女史のインタビューより)ということだけである。



揺るがぬ忠誠

贝拉

 第一次魔法戦争の終結時、リリー・ポッターの息子に対する愛の魔法によって思わぬ反撃を喰らったヴォルデモート卿が姿を眩ませると、ルシウスを始めとした殆どの死喰い人が保身に走る中ベラトリックスはロドルファスと義弟であるラバスタン、そしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアと共にヴォルデモートの生存を信じその捜索に奔走した。その過程で闇祓いフランク・ロングボトムアリス・ロングボトム夫妻を捕らえ磔の呪文をかけて拷問、ロングボトム夫妻は心神喪失状態に陥り、その件でベラトリックスたちは逮捕されることとなった。


 しかし彼女は裁判でもヴォルデモートへの忠義を否定することなく「闇の帝王は再び立ち上がるぞよ!我々は待つのみ!あの方は蘇り、我々を迎えにおいでになる!」と叫んでそのままアズカバンへ投獄されることを受け入れた。

この一件があったことによって、結果的にはヴォルデモート卿の復活に全く寄与することが出来なかったにもかかわらずレストレンジ夫妻は復活したヴォルデモート卿にその忠誠心を評価され、「最も忠実な僕」として再び主人に仕えることとなった。


「最後の、そして最強の副官」

Bellatrix

 そして第二次魔法戦争では神秘部の戦いやホグワーツの戦いに参戦、シリウス・ブラックニンファドーラ・トンクスドビーなどを殺害した。またマルフォイの館ではハーマイオニー・グレンジャーを拷問にかけているが、この際には磔の呪いは使用していない。

 ちなみにこれはよくある誤解だが、ベラトリックスはフレッド・ウィーズリーの殺害に直接関与してはいない。フレッドはホグワーツの戦いの際の必要の部屋に巻き込まれて死亡しており、間接的には確かにその死に関わっていたかもしれないが、直接殺したわけではない。

この誤解が生まれた原因はベラトリックスが最後の戦いでモリー・ウィーズリーと対面した際に「ママがフレディちゃんみたいにいなくなっちゃったら」などと彼女を煽ったためではないかと思われるが、どちらにせよベラトリックスはフレッドを殺害してはいない。


 そして最後は前述のモリー・ウィーズリーとの戦いで敗北し、モリーが放った呪文は定かではないが原作の描写的にはおそらく死の呪いだろうと思われる魔法を胸に受けて死亡した。

 映画版では演出が盛られており、モリーに一度石化させられた後に粉々にされている。よくこれはペトリフィカス・トタルスだと言われるが、詳細は不明。少なくとも原作でのペトリフィカス・トタルスには硬直化の効果はあれど石化(石そのものの特徴を付与する)の効果はない。


 また、騎士団員と言えど基本的には主婦に過ぎないモリーが熟練の戦闘員であるベラトリックスを殺せたことに納得できない読者もいるようだが、なにぶん乱戦下での出来事でもあるし、ベラトリックスがモリーを格下と侮った結果であったとも言える。もしかすると他にも意図はあるのかもしれないが、それは作者のみ知るところである。


容姿

 容姿端麗な者が多いとされるブラック家の血筋らしく、艶のある豊かな黒髪を持った美女。

 アズカバン時代を経てその容貌も衰えてしまったようではあるが、チョウ・チャンに熱をあげシリウスの美貌に惚れ込みフラーの容姿を賛美するなど、何かにつけて顔の造作にうるさい事で定評のある(?)ハリーから、「昔は綺麗だったんだろう」というようなニュアンスで称されていることからしても、美人であったということには間違いないだろう。ちなみにハリーはベラトリックスの妹のナルシッサに関しても「(侮蔑的な顔をしていなければ)美人なのに」というようなことを初対面で感じている。


 映画では脱獄後から徐々に髪質や容姿などが改善しているような演出もあり、髪の艶と化粧の雰囲気がよく見ると初登場時と死亡直前ではかなり違っているのがわかる。髪にパーマがかかっている他、胸元の開いたドレスにコルセットをつけたボンデージ風の戦闘服が印象的で、他の衣装を見ても全体的に服の系統は妹のナルシッサに近い。

 前述の戦闘服はデザインがかなり斬新(コルセットがツギだらけ)だが、胸元の空いたロングドレスにコルセットという出立ちには格式ある女性の正装という雰囲気があり、得にコルセットは時代的にも少々古めかしい衣装であるため、死喰い人たちの衣装(旧時代の特権階級を思わせるようなものが多い)には全体的に演出的なこだわりがあるのかもしれない。

 だが実はこのコルセットスタイルを考案したのはベラトリックスを演じた女優のヘレナの方かららしく、曰く「セクシーに見せたかった」とのこと。ベラトリックスがセクシーである必要性は少なくとも7巻のシリーズだけに関して言えばよくわからないので、或いはそうであった方が都合の良さそな事情(後述)を彼女はこの時点で知っていたのかもしれない。詳細は不明。

 なお、原作でも死の秘宝において、ハリーが妹のアンドロメダを一瞬彼女と間違えており、脱獄からやや時を経ていることもあって間違えられる程度には容姿も復活している模様。


人間関係

ブラック家

 互いに愛称で呼び合うなど、ナルシッサとの仲はおおむね良好なようである。ただし息子を溺愛している妹とは違いベラトリックスは「息子はヴォルデモートのために命をかけて仕えさせるべき」という考え方を持っているため、甥であるドラコ・マルフォイの教育面では対立している。

 それでもナルシッサがドラコを守るためにスネイプと「破れぬ誓い」の契約を結んだ際には立ち合いをしたり、ドラコの任務を支援するために彼の閉心術の師匠になったりと、ナルシッサの手前もあってそれなりにドラコのことは家族として尊重していたようである。だが映画で表情を伺う限り、ドラコの方ではベラトリックスのことはかなり怖がっていたように見える。


 またアンドロメダに関しては、彼女がマグル出身の魔法使いであるテッド・トンクスと駆け落ちしたため絶縁状態であり、むしろかなり憎んでいたようである。

シリウスに関してもそうだが、ベラトリックスはブラック家や純血の家を守ることを非常に重んじているため、「血を裏切る者」である彼らを許すことは出来なかったようだ。

 彼女が作中で明確に殺害した描写のある「シリウス」「ニンファドーラ(アンドロメダの娘)」「ドビー」は、全てベラトリックスと近しい関係を持っていたものたちであり(ドビーは本来マルフォイ家の屋敷僕であった)、特にシリウスとニンファドーラは彼女自身殺害に非常に執着していた向きがある。ただしこれはヴォルデモートに「狼人間(ルーピン)と姪が結婚したようだな」と作中で辱められたことを受けての執着とも取れる。




仮面夫婦

 前述の通りレストレンジ家のロドルファスと純血婚をしたものの、彼との間に子供はいなかった。

ただこれが仮に政略結婚であるならば後継である男子を作ることは必須事項であるし、政略結婚は受け入れても子供を作ることは受け入れないというのは純血の血を繋ぐことに執着しているベラトリックスの性格からしてもなかなか筋が通らないため、なぜ子供がいなかったのかは不明。

 或いは後述(余談)の理由から、かなり初期から夫婦関係が破綻していたためであるのかもしれない。どちらにせよ詳細は不明。

 

 『ハリー・ポッター』シリーズに続く映画シリーズの『ファンタスティックビースト』シリーズではレストレンジ家の女性が登場し、レストレンジの家風がかなり父権的であったことが判明したため(これも詳細は不明だが、いわゆる伝統的な男権主義を踏襲した家柄ではあったらしい。ただこれはおそらくレストレンジ家の問題ではなく、純血一族は全体的に似たような感じなのではないかと思われる)、ベラトリックスの奔放ぶりには尚更違和感があるが、ヴォルデモートの腹心(或いは……後述)であったことが関係して許されていたのだろうと思われる。


余談

杖の形

 ベラトリックスの杖を良く見ると曲がっており、銃のような形態をしている。因みにこれはハリーたちに途中で奪われたためホグワーツの戦いの際には別の杖を使用しているが、こちらは真っ直ぐなデザインになっており「ベラトリックスの2本目の杖」などとしてワーナーブラザーズなどから販売もされている。


呪いの子(ネタバレを含みます)





















 シリーズ完結からおよそ10年後に発売された続編『呪いの子』では、なんとベラトリックスとヴォルデモート卿の間にデルフィーニという娘が生まれていたことが判明。復活したヴォルデモート卿に生殖能力があったことも衝撃だが、70代のヴォルデモート卿と50手前のベラトリックスの間に子供がいたというのはそれでなくとも中々ショッキングな事実であり、界隈にも大きな衝撃が走った。

 前述のようなヴォルデモート卿のベラトリックスに対する特別な扱い(愛称で呼んだり闇の魔術を教えたり)や、ベラトリックスのヴォルデモートに対する過剰なまでの執着にはこうした背景もあったのかもしれない。これがいつ頃に生まれた設定なのかは不明だが、天文台の塔の戦いでベラトリックスが何故か原作で登場していない(映画ではしている)のは、当時出産前後だったからなのではないかとも考察されており、意外に早い段階で作者はこの設定を作っていたのかもしれない。実際のところは不明。


 ちなみにベラトリックス役を演じたヘレナ・ボナム・カーターも出演当時(一時期)妊娠中であり、もちろん関係はないだろうが結果的には中々粋な演出になっている。ヴォルデモート卿役のレイフ・ファインズとヘレナがこの設定(当時からあった場合)をローリング女史から聞いていたのかについては、明言がないため不明。


ちなみにナルシッサ・マルフォイ役を演じたヘレン・マクローリーは元々ベラトリックス役の予定だったが妊娠のため降板したという裏話もあり、結局ヘレナも出演中に妊娠してしまったため「ベラトリックス役はもう妊娠する運命なのかもしれない」とjkローリング女史が後付けしたのかもしれないなどと考えても面白い。



舞台裏

 映画でベラトリックス・レストレンジを演じたのは英国女優のヘレナ・ボナム・カーターで、他の出演陣と同様に(特に日本では)ベラトリックスの役で世界的に広く知られている。だがヘレナ自身はベラトリックス役に関係なくイギリス映画やハリウッド映画(特にイギリス映画)では大御所の大女優であり、ドラマなどにも数多く出演して大英帝国勲章を受賞するなどの実力派。代表作は『眺めのいい部屋(“A room with a view”)』、『ファイトクラブ(“fight club”)』、『オーシャンズ8(“Oceans 8”)』など他多数。オスカーにも2度ほど(鳩の翼The wings of the dove、英国王のスピーチthe king’s speech)でノミネートされており、エミー賞(Enid)英国アカデミー賞(英国王のスピーチthe king’s speech)などの受賞歴もある。

 2023年現在での最新作はNetflixオリジナル映画作品の『エノーラホームズの事件簿2』であり、2024年1月には英国で”One life”が公開予定。


 ちなみにご本人はベラトリックスについては「自分とも共通点があるように思ったし、演じていて楽しかった」とインタビューで発言しており、ベラトリックスの杖を騒いで遊んでいた子供たち(イギリス監督のティム・バートンとの間に息子と娘がいる)を無言で向けて揶揄ったり(子供たちは一瞬で黙ったらしい)、ハロウィンではベラトリックスの仮装をして練り歩いたりと中々にアグレッシブで楽しいお人柄。ベラトリックス役を演じている最中は、外を歩くと近所の子供たちによく号泣されて逃げられたと対談番組で面白そうに話していた。ベラトリックスのガタガタの付け歯は自宅の食器棚に飾られているらしい。


 ローリング女史がトランスジェンダーに関わる発言でTwitterで炎上した際には、メディアから他の出演者たちと同様にインタビューを受け「人は誰しも、自分自身の中に人生の歴史とトラウマを抱えて生きていて、そのトラウマによって意見というのは形成されているわ。だから私たちはその人がどんな人生を送ってきたかということや、その痛みの記憶を尊重しなければならないし、全てのことに同意する必要はない。もしそんなことが強制されるのだとしたら、それはひどく悲惨でつまらないことでしょうね」と発言、ヴォルデモート役を演じたレイフファインズやドラコ役を演じたトム・フェルトンらと同様にローリング女史へのヘイトやバッシングに対しては否定的なコメントを残した。

 だがローリング女史に完全に対立する立場をとったハーマイオニー役のエマ・ワトソンやハリー役のダニエル・ラドクリフ、ロン役のルパート・グリントらを非難するようなことは本意ではなかったようで、その件について尋ねられた際には「彼らは自分たちのファンを守るために必死なんでしょうし、責められないわね」と言葉を濁した。


 作品収録中はエマ・ワトソンやダニエル・ラドクリフたち若手役者陣とも関係は非常に良好で、収録後も子供を抱いたヘレナとエマが談笑しているオフショット写真が撮影されたりと仲は良い様子。

 ハリー役を演じたダニエル・ラドクリフとドラコ役を演じたトム・フェルトンは収録当時ヘレナに熱をあげていたとのことで、当時の様子が窺えるオフショットフィルムや写真なども数多く出回っている。だが今のところ、彼らとの共演作はハリーポッター以外にはない。


 ダニエルに関しては『ハリー・ポッターと死の秘宝』の収録後にヘレナに頬にキスされている写真が有名で、後の『バックトウホグワーツ』で会談したところによればダニエルはヘレナにラブレターを渡していたらしい。

「あれはとっても嬉しかったわ、今もトイレに飾ってあるの」と笑いながら話したヘレナにダニエルは歯に噛んでいたが、写真に納められた手紙の全文を読み上げさせられるという中々の公開処刑を強要され(この辺りが非常にベラトリックス役らしい)、爆笑するヘレナの前で「僕はあなたのコースター係(コーヒーなどの下に敷くもの、英語で韻を踏んでこのように言っている)に任命されてとても光栄でした。ペット扱いされていた(実際オフショットフィルムに”he is my dog lol”と言ってヘレナがダニエルを揶揄うシーンがある)けれど、本当に大好きでした。あと10年早く生まれていたら、僕にもチャンスがあったかもしれないのに」などと書かれた手紙を読み上げた。ヘレナ曰く「今ならいけるわ笑」とのこと。現在(『バックトウホグワーツ』収録当時)は23歳年下の恋人と仲良くやっているヘレナのことだからもちろん冗談だろうが、満更でもなさそうなダニエルの表情は必見である。


 ちなみにトム・フェルトンの方にはそこまでの面白エピソードはないのだが、ヘレナに対しては「小さな失恋を覚えた」とのこと。エマ・ワトソンが当時トムに熱をあげており、告白を断ったという有名なエピソードがあるが、同年代のエマを差し置いて10代の少年たちのハートを鷲掴みにするヘレナの魅力には驚かされるばかりである。


 ベラトリックスだけを見ると「狂気の魔女」という印象だけが先行して「美女」というところには目が行きにくいヘレナだが、他の出演作を見ても「英国の薔薇」「コルセットクイーン」と絶賛された美貌は還暦前の現在も健在。若い頃の作品は印象がだいぶ異なるが、若い頃のベラトリックスのイメージで『キングオブファイヤー(“Henley Ⅷ”)』(アン・ブーリン役)や『ハムレット(Hamlet)』(オフィーリア役)などを観てみるのも中々面白いのではないだろうか。もっと荒んだ(狂った)感じが欲しいという人には『死の愛撫(Margaret museum)』をお勧めしたい(だが残念なことにことこちらはVHS版にしか日本語字幕がないため、英語で鬼リスニングを試みるかVHSを気合いで焼き増しするしか方法はなさそうだ)。


注意

結婚前のベラトリックス・ブラック時代(学生時代)の作品にも、ベラトリックス・レストレンジとタグ付けされることが多い。


関連タグ

親世代

スリザリン

死喰い人

ヴォルデモート ヴォルベラ

ブラック家 黒姉妹 ナルシッサ・マルフォイ アンドロメダ・トンクス

ドラコ・マルフォイ

セブルス・スネイプ

ロドルファス・レストレンジ ロドベラ

関連記事

親記事

死喰い人 ですいーたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1079850

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました