2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ベラトリックス・レストレンジ

べらとりっくすれすとれんじ

『ウィザーディング・ワールド』の登場人物にして最悪の魔女。ヴォルデモート卿に最も忠実な『死喰い人』。
目次[非表示]

クルーシオ! 苦しめ!」

「闇の帝王は再び立ち上がるぞよ!われわれは待つのみ!あの方は蘇り、われわれを迎えにおいでになる。ほかの従者のだれよりも、われわれをお褒めくださるであろう!われわれのみが忠実であった!われわれだけがあの方をお探し申し上げた」

注意

結婚前のベラトリックス・ブラック時代(学生時代)の作品にも、ベラトリックス・レストレンジとタグ付けされることが多い。

プロフィール

演者ヘレナ・ボナム=カーター
吹替高乃麗
生没年1951年〜1998年(5月2日)
誕生日不明
所属死喰い人
血統純血聖28一族
主な家族
オリバンダー製。ウォルナッツ/クルミ/鬼胡桃にドラゴンの心臓の琴線。32センチ。曲がらない/unyielding。
出身寮スリザリン
愛称ベラ(ヴォルデモート卿ナルシッサから)
主な技能闇の魔術、決闘術、閉心術/オクルメンス


概要

ハリー・ポッター シリーズに登場する魔女。ヴォルデモート卿に心酔する死喰い人美女(※)。

サディスティックかつエキセントリックな戦闘狂。作中でも屈指の戦闘能力を持ち、ハリーたちの仲間の多くの命を奪った。
本編開始時点ではアズカバンに収監されていたが、第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で脱獄する。
ブラック家の出身で、シリウス・ブラックドラコ・マルフォイニンファドーラ・トンクスなどとは親戚関係にあたる。

(※かつては美しかったが、過酷な収監生活を経て容姿は悪化。ただし、ハリーがベラトリックスの妹であるアンドロメダ・トンクスをベラトリックスと見間違えていることからして、シリウス・ブラックと同様に、脱獄から時を経て美貌をある程度取り戻したと思われる。)

来歴

女戦士の星

Bellatrix Lestrange


1951年に、純血一族の王族を称するブラック家の分家筋に生まれた。

天体から命名するというブラック家の習慣に従い、彼女もまた星の名を名付けられる。

彼女は「ベラトリックス」というオリオン座のγ星を背負うことになった。これは女戦士や征服者を意味し、彼女の一生を予言するかのような星であった。

またベラトリックスは三人姉妹の長女であり、妹にアンドロメダ・トンクスナルシッサ・マルフォイがいた。

闇の帝王の愛弟子

薔薇に蛇


ブラック家の例に漏れずスリザリンに入寮。
同年代にはルシウス・マルフォイセブルス・スネイプがおり、彼らと共にベラトリックスは死喰い人へ加わる。

その中でも特にベラトリックスはヴォルデモートに心酔しており、夫で死喰い人仲間のロドルファス・レストレンジを愛してはいなかった。ベラトリックスはヴォルデモートだけを愛していた。(原作者の発言より)

ベラトリックスはヴォルデモートからは愛称で呼ばれ、また彼から直々に闇の魔術を伝授されるなど他の配下とは違う扱いをされていた。ベラトリックスはそのことを誇りにしていた。

揺るがぬ忠誠

贝拉


第一次ヴォルデモート暗黒期において、ヴォルデモートがハリーを殺し損ねて行方不明になった際、ルシウスなど殆どの死喰い人は保身に走る。

しかし彼女は夫ロドルファスと義弟ラバスタン、そしてバーテミウス・クラウチ・ジュニアと共にヴォルデモートの生存を信じ、主人を探していた。その過程で闇祓いフランク・ロングボトムアリス・ロングボトム夫妻を捕らえると、廃人になるまで拷問する。

逮捕された彼女は裁判でもヴォルデモートへの忠義を否定することなく、そのままアズカバンへ投獄された。その後ヴォルデモートが復活した際にその手引きで夫や義弟と共に脱獄し、「最も忠実な下僕」であったことを示した彼女たちは、再び主人に仕えるようになる。

最後の、そして最強の副官

Bellatrix


神秘部の戦いやホグワーツの戦いに参戦。
シリウス・ブラックニンファドーラ・トンクスフレッド・ウィーズリードビーを殺害した。またハーマイオニー・グレンジャーを拷問にかけている。

最後はフレッドに続き、彼の妹のジニー・ウィーズリーを手に掛けようとした所を、フレッドとジニーの母のモリー・ウィーズリーに阻まれる。

モリーの姿を見て嘲笑するベラトリックスだったが、家族を奪われて憤怒したモリーに圧倒される。

最後はモリーにより放たれた「アバダケダブラ」と思われる呪詛で心臓を貫かれると、そのまま死亡した。

映画版では演出が盛られており、モリーに一度石化させられた後に粉々にされている。よくこれはペトリフィカス・トタルスだと言われるが、詳細は不明。少なくとも原作でのペトリフィカス・トタルスには硬直化の効果はあれど石化(石そのものの特徴を付与する)の効果はない。

また、騎士団員と言えど基本的には主婦に過ぎないモリーが、熟練の戦闘員であるベラトリックスを殺せたことが納得できない読者もいるようだが、よく考えれば不自然なことではない。

まず、ホグワーツの戦いという不確定要素の多い乱戦の中での出来事である。また、魔法(特に闇の魔術)は使用者の精神状態に左右されることを前提に考えれば、モリーがベラトリックス以上の殺意と害意に目覚めたとという分かりやすい話である。モリーは実の兄弟、夫、そして子供たちをヴォルデモートに傷付けられており、蓄積していた悲しみと怒りは相当なものであったのだろう。

最後に身も蓋もない話ではあるが、そもそも魔法ワールドシリーズは別に能力や強さに拘るような作風ではないし、そこが売りではない。つまり「強さ議論」を突き詰めたいような層とは相性が悪い作品である。

容姿

容姿端麗な者が多いとされるブラック家の出身らしく、厚ぼったい瞼に艶のある豊かな黒髪を持つ美しい女性。前述したようにアズカバン時代を経てその容貌は変化した。

映画版では髪にパーマがかかっている他、胸元を露出させたり体のラインを強調するコルセットなどのボンデージ風の衣装が特徴的。

人間関係

三姉妹

妹のナルシッサとの仲は良好ではあるが、息子を溺愛している彼女と違い、「息子はヴォルデモートのために命をかけて仕えさせるべき」という考え方を持つため、甥であるドラコ・マルフォイの教育面では対立している。ドラコの任務を支援するため、彼の閉心術の師匠になっている。

もう一人の妹でアンドロメダはマグル出身の魔法使いと駆け落ちしたため絶縁状態。

仮面夫婦

レストレンジ家のロドルファスと純血婚をしたものの、彼との間に愛情も子供もない。

ベラトリックスはヴォルデモートのみを愛していた。

ロドルファスはベラトリックスと比べると描写が無に等しいキャラのため、何を思っていたのかは不明。

また、レストレンジ家は少なくともフランスでは男尊女卑の家系であったため、ベラトリックスは「子供を作らない」「夫を愛さない」「夫より目立ちまくる」と、その風潮をぶち壊すような強烈な嫁入りをしている。

余談

杖の形

USJ商品のベラトリックスの杖を良く見ると曲がっており、その形はまるで銃のようである。躊躇なく人を撃ち殺せる残忍なスナイパーの彼女にはピッタリのデザインと言えるだろう。

魔女

中の人は後にディズニーの実写映画シンデレラで、なんとあのフェアリーゴッドマザーを演じている。主人公の仲間や親戚を次々苦しめ殺した憎い殺人鬼が、一転夢見る童話のプリンセスを助ける聖女になっており、初見では分からなかった方も多いのではなかろうか。役者ってすごい。
ただし、やたらハイテンションで子供をあやすような話し方という点では(もちろんベクトルは大違いだが)共通している。また、奇しくもクラスが同じ魔女である。

意外過ぎる舞台裏模様

劇中では徹頭徹尾に険悪な敵対関係にあったハリーとベラトリックスなだけに、(下手したらヴォルデモート以上に嫌っていると言っても過言ではないだろう(※))この二人が『仲良くしてる光景』なんてものは想像し難い事この上無いが、撮影現場でのオフショットフォトの中に『ヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス役)がダニエル・ラドクリフ(ハリー役)のほっぺにチュウをしてあげながらの記念写真』という内容の一枚がある。
実際にググって見て頂ければわかるが、この状況にてダニエルは笑顔ではあるものの緊張のせいかペトリフィカス・トタルスをかけられたかの如くあからさまに硬直している……
……が、それもそのはず実は、当時まだ十代だったダニエルはハーマイオニー役のエマ・ワトソンら同年代女優の誰かではなく、だいぶ年上のベテラン女優である筈のヘレナに片思いしていたとのこと。
しかもそれはシリーズ撮影終了時に彼がヘレナに自らラブレターを送っており、その中で「もう10年早く生まれていたら僕にもチャンスはあったのかな?」等色々述べている辺り相当ガチな恋であった事がうかがえる

初作公開20周年記念番組の撮影現場にて二人は再会、ダニエル自らがこの意外過ぎる当時の恋について番組内で明かすと、ヘレナもあの時貰った恋文は今も大事に自宅に置いてある(何故かトイレに飾ってあるらしい)事を話した…
…と、ここまでなら『いい話』で終われたのだが、ここでヘレナは写メっておいた文面を皆の前でダニエル本人に朗読させるという羞恥プレイを敢行。これには当然番組は大盛上がりしたが、流石は悪役魔女らしい行動というか何というか…。

(※)上述の通り、劇中で明かされただけでもハリーとの絆がトップクラスに強い人物を4人も殺害している上、最終局面では最愛のジニーを襲ったため、ハリーはヴォルデモートそっちのけでベラトリックスを倒しに向かっていた。単に「恋人の危機」であるということを考慮してもいかに彼女を憎んでいるかが分かる。だからこそ、この舞台裏にはより驚かされるわけであるが。

関連タグ

魔法ワールド ハリー・ポッターシリーズ
死喰い人 スリザリン
ブラック家 黒姉妹
ヴォルベラ ロドベラ
ベラハー
悪女






以下ネタバレ注意




























8巻『ハリー・ポッターと呪いの子』では、なんと彼女に一人娘デルフィーニが存在することが明らかになった。

一人娘の誕生時期的に原作6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』の天文台の塔の戦いに関与していなかったのは、妊娠中というやむを得ない事情があったという説が出てきている。

ちなみに、映画版のナルシッサ・マルフォイ役のヘレンは元々ベラトリックス役の予定だったが妊娠のため降板したという裏話がある。

関連記事

親記事

死喰い人 ですいーたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 787279

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました