ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:エマ・ワトソン/吹き替え:須藤祐実
※シリーズ第8作として、19年後のハリーたちを描く初の舞台版作品「Harry Potter and the Cursed Child」(ハリー・ポッターと呪いの子)では、
アフリカ系の女優ノーマ・ドゥメズウェニがハーマイオニー役を務める事となり話題となっている。

概要

マグル出身。蔑称で言うと穢れた血であり、魔法界のマイノリティ。両親は歯科医。1979年9月19日生まれ
主人公ハリーの同級生で親友。ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属。
フルネーム、ハーマイオニー・ジーン・グレンジャー(Hermione Jean Granger)
ペットは魔力を持つ猫のクルックシャンクス
趣味・特技は勉強で学年トップの成績。O.W.Lでは占い学以外の全教科(ルーン語や数秘学などを含む)の単位を履修し、闇の魔術に対する防衛術以外で優を取った。防衛術のみ良。このようにハリーより決闘では劣るが、彼女と機転と多彩な呪文の知識は数々の冒険や戦いに貢献している。
苦手なのは箒による飛行。占い学を嫌悪している。また、3巻でボガートを見た時は「全科目落第を告げるミネルバ・マクゴナガル」の姿を見ていた。
守護霊はカワウソ(ラッコという説も)。

親友はハリーとロン、他にジニー・ウィーズリーと特に5巻頃から仲良くなる。
ミネルバ・マクゴナガルのことをホグワーツ教授陣の中でも特に尊敬しており、マクゴナガルもまたハーマイオニーのことを特別勤勉で優秀なグリフィンドール生と評価している。
スリザリンパンジー・パーキンソンとは犬猿の仲であり、お互いにさんざん罵りあっている。

特に日本での人気が非常に高く、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』公開時の人気投票ではハリーを抑えて2位。

入学当初は自己主張の強さときつめの性格のせいでハリー、ロンからは快く思われておらず、ロンは陰口を叩いて泣かせたこともある。しかし一巻で窮地を共にしたことで二人と親友になる。ロンとは良く夫婦漫才じみたジョークの応酬をしており、ハリー曰く「ハーマイオニーは姉のような存在」とのこと

グリフィンドール生であるが、英知を重んじるレイブンクローの素質もあり、組み分け帽子が彼女を組み分ける際に、所属寮をグリフィンドールとレイブンクローのどちらにするかで悩んでいる。
魔法に対して多大な関心と熱意を抱き、マグルの家系に生まれながら学年一の秀才。
凄まじい本の虫で、原作では常に複数(ハリーが二十冊以上と言ったことも)の本を持ち歩き、映画でも本を抱えながら歩いている場面が多い。
読書量に裏打ちされた豊富な知識から、困ったときの知恵袋として活躍している。

頑固で規則を遵守することに口うるさく、どちらかと言えばがさつなロンとは幾度か衝突し、ハリーを咎めることも多い。そのせいか読者には真面目な印象を持つものも多い。

しかしグリフィンドール生らしく正義感から暴走、ルールを無視する行動力があり、その気になると二人ですら気が引けるような危険行為にも手を染める。「教師のコートに放火」などなど。

基本的に軽蔑するのは闇の魔法使いくらいで、屋敷しもべ妖精解放運動を行うなど屋敷しもべに対する偏見もない。しかし、屋敷しもべ妖精解放運動は空回りを通り越してしもべ妖精への嫌がらせになっており、作者は「彼女は救うべき相手を間違えた」と語っている。ただ、スピンオフ作品「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」ではイギリスの屋敷しもべ妖精のように隷属させられていないものも存在しており、必ずしも無駄足というわけでもなさそうだ。
また、担当教授の性格もあって占い学を学問として認めず徹底的に嫌っており、ケンタウルスのフィレンツェが占い学の教授に抜擢された際には「馬はあまり好きじゃないの」と意見を述べてパーバティに非難されている。その非難に対しても「どっちにしろ脚は四本でしょ」とハリーやロンも敵わないほど偏見丸出しであった。

容姿

髪の毛は栗色、瞳の色は茶色。前歯が少し大きかったが、ある事件の際に歯の治療ついでにポピー・ポンフリーに短くしてもらった。
基本的に髪はボサボサで、作中で美人と形容されることはあまりない。
出っ歯にコンプレックスを抱くなど容姿に無頓着というわけではなく、正式な場では直毛剤を使って髪を結い上げて男性陣の目が釘付けになるほど美しい姿を見せるのだが、凄まじい手間が(描写からすると三時間程度)かかるらしく、普段は髪の手入れをさっぱり諦めている。

舞台版で黒人女優が彼女を演じることに対し、映画版との違いが大きいために否定的な意見が出ているが、原作では肌の色について全く記述されていないことに注意。
原作者J・K・ローリングはこれが人種差別的な発言であるとして批判している。
(しかし、原作では「日焼け」したり「パンダのような顔」になったりという描写があるので、最初から黒人設定なわけではなさそう)

才能

読んだことのある本に書かれた内容ならば、どんな質問にも即答できるほど抜群の記憶力を持つ。知らない物事や理論については本で確認するのが常。二年生の時点で完全ではないものの調合にかなり技量を必要とするポリジュース薬を精製するなど飛び抜けている。
しかし一度手にした知識を柔軟に修正するのは苦手な様子(薪が無いわ!など)。6巻では魔法薬を教科書通りに作ったにも関わらず、ハリーが教科書に従わない方法(彼がその時借りていた教科書の使用者の書き込み)で作成した魔法薬よりも出来が悪かったことにプライドが傷ついていた。

しかし咄嗟の判断力や応用力にも優れているのは確かであり、彼女の知恵で解決した疑問や課題も少なくない。が作ったジョークグッズに用いられた魔法の精密さに感心し、必要とあらば死喰い人達の技術すら取り入れるなど応用力も高い。

また長期休暇では、マグルの彼女は純血などの魔法族出身の生徒と違って魔法の練習ができないというのを考えるとやはりずば抜けた才能を持つと言える。

優れた頭脳の持ち主ではあるが、による飛行訓練やクィディッチゲームなど、身体を動かすことは不得手である。

ただ実写映画ではマルフォイの顔面に腰の入ったストレートを決めたり、ハリーを片手でひっつかんでぶん投げたり、下手をすると男性陣より肉体派な面も。見映えの問題だろうか

名前について

ファーストネームの「ハーマイオニー」 は、ギリシア神話の登場人物・ヘルミオネーの英語読みである(一例として、ウィリアム・シェイクスピアの冬物語にも同名の女性が登場する)。

この名前は発音がやや難しく、作中ではビクトール・クラムが「ハーム・オウン・ニニー」とごまかして呼んでいる。日本語訳では作者の承認のもとに「ハーマイオニー」という表現を採用している。ハーマイオニー自身は、英語の発音が苦手な人に対しては自分のことを「ハーミー(Hermie)」と呼ばせていた。

ファミリーネームの「グレンジャー」は、アメリカ合衆国で起きた労働運動「グレンジャー運動」に由来しており、先述した屋敷しもべ妖精関連の活動もこれにちなんだもの。

19年後

空飛ぶバカップル!
エマワトソン


本編終了後はハリーとロンとは異なりホグワーツに戻り、ジニーとルーナと共に学生生活を送った。1年留年したという形になる。

卒業後は魔法省生物規制管理部でハウスエルフに関わる仕事を行う。その後は法執行部へとキャリアを進め、数々の純血優遇の法制度を改革した。

またロン・ウィーズリーと無事結婚を果たす。

家事や子育ては闇祓いを引退してWWWの店主をしているロンの方が関わっているらしい。

19年後は魔法大臣に就任した。

関連イラスト

ちゃんとテスト勉強してるの?
ハーマイオニーさん(2013.03.16)


ハリポタ観て来ました
ハーマイオニー♪



関連タグ

ハリポタ
ロンハー ハリハー ドラハー
優等生 くせっ毛 本の虫

猫耳秘密の部屋でのハプニングにより猫耳イラストが多い)→ニャーマイオニー

魔法大臣

就任順

関連記事

親記事

ハリポタトリオ はりぽたとりお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハーマイオニー・グレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5165889

コメント