ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:ルパート・グリント
吹き替え:常盤祐貴
PS用ゲーム:渕崎ゆり子

タグ付けに注意しろよ、ハリー

ロンという名前のキャラは複数存在するため、ロン・ウィーズリーとタグ付けするのが望ましい。

概要だぜ、おい

主人公ハリー・ポッターの同級生で親友。ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属。
純血魔法族ウィーズリー家で生まれ育った生粋の魔法使い。
六男(兄5人妹1人)。1980年3月1日生まれ。

本名はロナルド・ビリウス・ウィーズリー(Ronald Bilius Weasley)。「ロン」は愛称。
家族からは「ロニーちゃん」、「ロニー坊や」とからかわれる事がある。
ミドルネームのビリウスは死神犬(グリム)を見て24時間後に亡くなったおじのビリウスに因む。
また父親アーサー王)や三兄円卓の騎士パーシヴァル)、(妃グィネヴィア)らアーサー王伝説に因んだネーミングを踏襲すると、名槍ロンゴミニアドの意味も含むと思われる。

燃えるような赤毛で、顔はそばかすだらけ。瞳の色はブルー。背が高く、ひょろっとしている。
皮肉めいた言い回しや冗談を言うことが多く、ムードメーカー的な役回り。
四兄・フレッドの悪戯による幼少期のトラウマから、生きた蜘蛛が大の苦手である。

5人もいる兄が揃って優秀なことや、末の妹ばかり目を掛けられてきたこと、家が貧乏でお下がりや中古品ばかり与えられていること等から、劣等感が強い。
またそのような家族構成のため、女性に対する免疫があまりない。
周囲から期待される状況に慣れておらず、期待やプレッシャーには非常に弱いヘタレ
また、自分自身が注目されたり高く評価されると、これを自慢し誇張することがある。
家族の中でも下から二番目という中途半端な立ち位置にあったせいか、ハリーやハーマイオニーに比べて未熟な所があり、決して彼らが自分を貶めはしないと分かっていても、二人に対しての自己卑下を顕わにしてしまい二人を困らせたり怒らせることもあった。

コメディリリーフであることから何となく損な役回りが多い(特にハーマイオニーが目立つ映画版で)が、実は成績も決闘の腕前も優秀な方。また、ハリーを身を呈して守るため、犬状態のシリウスに身代わりになって噛まれたり、凍った湖にダイブするなど友情に篤く勇敢な人物。クィディッチも波はあるが上手い方、ワームテールや蛇語のモノマネができる、マクゴナガルを敗北させるチェスの腕前がある、など何かと特技が多い男でもある。ラベンダーと付き合い始めてからしょっちゅうキスをしており、ハリーに女心についての本を贈るなど恋愛スキルでもいつまでもロニー坊やというわけでもない。

守護霊は犬、ミドルネームが死神犬を見て死んだビリウス、シリウスからフクロウをもらうなど犬に纏わるエピソードが多い。

英語版原典では驚いた時などに『マーリンの髭!』と言う魔法界の慣用句を良く用いる。
ちなみに海外の『死の秘宝Part2』公開時の人気投票ではハリーを抑えて2位だった。

おっどろきー……関連イラストだ……

ロン
ハリポタ 怒りロン
RonWeasley
ron




おったまげ……関連タグだ……

ハリポタ ウィーズリー兄弟 ハリポタトリオ ロンハー

関連記事

親記事

子世代 はりぽたのこせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロン・ウィーズリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 777598

コメント