ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ハリー・ポッター』シリーズに登場するキャラクター。
同名のキャラクターが二名存在する。

  1. 主人公ハリー・ポッターの父親。本項で記述。
  2. 主人公ハリー・ポッターの息子。フルネームはジェームズ・シリウス・ポッター。該当項目で記述。

注意

ジェームズタグのみの作品が多いが、検索の利便性を考慮するならばジェームズ・ポッターとタグ付けするのが望ましい。

概要/プロフィール

主人公ハリー・ポッターの父親で、妻はリリー・エバンズ
本編開始時点では故人であり、享年21歳。おそらくクリスチャン

不死鳥の騎士団の若手の中心としてヴォルデモートと何度も直接対決し、やがて1981年のハロウィン、ヴォルデモート自身の手にかかり殺された。

外見はハリーそっくりで、くしゃくしゃの黒髪で眼鏡を掛けている細面で細身の男性。
ただし、目はハリーと違いハシバミ色であり、アーモンド型ではなく、鼻はハリーよりやや高い。
学生時代、格好を付ける時は髪の毛を更に手でくしゃくしゃにする癖があった。

純血の裕福な家庭出身。グリフィンドールに入寮。学生時代から優秀であり、成績は学年トップでクィディッチのスター選手だった。ポジションは原作ではチェイサーだが、映画版ではシーカーとなっている。人気者であり、常にシリウスやリーマス、ピーターと悪戯騒ぎを起こしていた。

非合法のアニメーガス(動物もどき)で牡鹿に変身する。マローダーズ(悪戯仕掛け人)たちからのあだ名はプロングズ(角の枝分かれの意)。

映画版ではエイドリアン・ローリンズが演じ、後藤敦が吹き替えを担当。ジェームズは21歳という「青年」で死去したにもかかわらず「中年」あるいは「壮年」の容姿で描かれた。これは原作者との行き違い、あるいは父親のイメージを重視した結果のキャスティングだと思われる。(そもそもジェームズと同期のスネイプシリウスからして映画版では原作よりも年上のイメージでキャスティングされている。)学生時代はロビー・ジャーヴィスが担当したが、なぜか茶髪だった。

誕生日は3月27日。杖は28センチでよくしなり、マホガニー材。強力で、中でも変身術に最適だという。杖の芯は不明。

ハグリッドなど学生時代からの友人や騎士団員からは、現在もヒーローの様に想われており、息子のハリーにとっても、ある時期までは彼を「最も尊敬すべき人物」と見ていた。

経歴

生い立ち

1960年3月27日生まれ。
由緒正しき純血魔法族のポッター家に生まれる。純血家系だが純血主義ではなかった様子。
父はフリーモント、母はユーフェミア。母は死の秘宝のイグノタス・ペベレルの末裔であり、本編でハリーが持っている真のインビジブル・クローク(透明マント)の継承者である。また父フリーモントが魔法薬で特許を取ったため、かなり裕福な家庭環境であった。ジェームズ自身も動物もどきの薬を作れるほどの魔法薬学の腕を持っていた。

高齢出産児のため両親に深く愛されて育った(とハリーは若いジェームズを見て確信していた)。
学生時代から両親から受け継いだ透明マントを悪戯に使用していたらしい。

入学〜中学年

ホグワーツ魔法魔術学校在学中は父フリーモントと同様にグリフィンドール寮所属。
クィディッチチームでも優秀なチェイサーとして活躍。成績も優秀で文武両道だった模様。そしてその悪戯好きな性格からグリフィンドール内では人気者であったらしく、シリウス・ブラックリーマス・ルーピンピーター・ペティグリューと親しく、マローダーズ(徘徊者、強奪者、強襲者)(悪戯仕掛け人)と名乗っていた。ホグワーツ全域を探検し、忍びの地図(Marauder'smap)という逸品も作成している。(後にフレッド&ジョージを経て息子ハリーの元へ渡る。)

特にシリウス・ブラックとは入学前に乗ったホグワーツ特急の中で既に意気投合しており、
以降、無二の親友として魂の双子と呼ばれるほど兄弟同然の付き合いをしていた。

友人のリーマス・ルーピンが狼人間であることを認識すると、アニメーガスになる方法を調べ能力を会得し、ルーピンが狼状態のときでも一緒にいられるようにするなど、友情には篤かった。

一方でスリザリンセブルス・スネイプとは入学前のホグワーツ特急で同じコンパートメントに乗り合わせた時からお互い軽蔑し合っており、スネイプがジェームズやシリウスが嫌っていた闇の魔術に傾倒していたことや、ジェームズが想いを寄せていたリリー・エバンズと仲が良いことへの嫉妬から、「虐め」レベルの悪質な「悪戯」を仕掛け激しく対立していた。

リリーも傲慢なジェームズを心底嫌っており、偶然スネイプの記憶を見た息子ハリーも今までの「父親像」が崩れ失望したほど。

しかし、シリウスが「スネイプに暴れ柳の諌め方を教える」という悪戯(いわゆる未必の故意)を実行したときは、危険を顧みずスネイプを救出しに行くなど、彼なりに「一線」は弁えている。決して嫌いな人間でも決定的な暴力を振るうことはしていない。

ちなみに普段はシリウスのみがジェームズの見せびらかしや悪戯のエスカレートをストップさせることができる存在であり、この時は逆転現象が起こっている。

映画版ではスネイプが一方的に被害に遭っているシーンしか出なかったため印象が悪いが、スネイプもやられっぱなしではなく、自作の呪い(たとえばレビコーパス)を仕返しに掛けたりしていた。また、スネイプは常にジェームズたちは徒党を組んで自分を狙ったと言っているが、どうもスネイプも完全にスリザリンで孤立していたわけではなく、マルシベールエイブリーとの繋がりがあったようである。これらを総合して考えると、スネイプが一方的に多数に辱めを受ける場面は確かにあったが、決して全てが「一方的な虐め」ではない可能性が高い。そもそも時代背景としては闇の帝王が魔法界を脅かしているころの話なのである。

そもそもスネイプはスネイプでリリー以外のマグル生まれ(リリーの友人までも)を差別しており、ジェームズたちはジェームズたちで面白半分に誰かに呪いをかけると言った度の過ぎた悪戯を繰り返している。つまり両方やべーやつ。

高学年 

その後、スネイプとリリーが絶交。7年生になりホグワーツの首席(ヘッドボーイ)に任命されるほどには自己顕示や悪戯好き、傲慢などの悪癖を改めるようになり。晴れて同じく首席(ヘッドガール)のリリーと交際するようになった。

しかし、そのことでさらにスネイプに憎まれるようになり、リリーに気づかれないところでは卒業するまで呪いの掛け合いは続いていたようである。

ちなみにシリウスが16歳の時に夏休みにブラック家に耐えかねて家出、ポッター家に転がり込んできている。原作者書き下ろしの短編ではジェームズとシリウスでバイクに二人乗りしながら死喰い人とチェイスしているのだが、それはおそらくこの辺りの事件だろう。

卒業後

死喰い人に勧誘を受けるも、それを断ってリリーや悪戯仕掛け人と共に不死鳥の騎士団の初期メンバーに加わる。断った際にはヴォルデモートに一回目の襲撃を受けたが退け、計3回ヴォルデモートの襲撃から生き延びた。騎士団の活動に専念するため妻のリリーと共に職についておらず、両親からの莫大な遺産で生活していた。
ブラック家から追放されたシリウスを家に留め置き、狼人間であるため定職に就けなかったリーマスには経済的な支援をした。
リリーとは卒業後に結婚し、ハリーが誕生した。なお、結婚式に付添人はシリウスが務めている。作者の発言によれば息子にはクリスチャンとしての洗礼式もきちんと行い、洗礼親はシリウスに任せている。

ヴォルデモートが「予言」に従い息子ハリーの命を狙っていると判明すると、ゴドリックの谷で事実上の軟禁生活を送る事になる。シリウスが「忠誠の魔法」により居場所を隠すための「秘密の守り人」をピーターにするように薦め、それを承諾。しかし彼の裏切りに遭い、ヴォルデモートにポッター家の所在が発覚してしまう。

1981年10月31日。ジェームズはリリーとハリーを逃そうとヴォルデモートに一人対峙した。しかし彼は直前までハリーを彼の杖と遊ばせており、なんと杖を居間に置き忘れてしまっていた。アルバス・ダンブルドアでさえも勝てるかどうかといった強さを誇ったヴォルデモート相手、どうせ必負の闘いであったとしても、あまりにも致命的なミスだった。

その後

4巻にてハリーがヴォルデモートと決闘した際、逆転呪文によりヴォルデモートの杖から霊体のような存在で姿を現し、リリーと共にハリーを支援した。

7巻では蘇りの石によって、死に向かうとするハリーの前に姿を現した。

人物

ジェームズがスネイプにした行為は当然褒められたことではないが、

  • 差別されて当然という扱いの狼人間である友人を受け入れ、寄り添うために動物もどきになった
  • 行き場のない友人を家に置いた
  • 狼人間であるため定職に就けなかった友人に経済的支援をした
  • 純血なので黙っておけば目をつけられないのに、ヴォルデモートの暴虐に抵抗した
他にもピーターの裏切りによりヴォルデモートに自宅を襲撃された際には自分の命を盾にして妻子を守ろうとするなど、勇気と正義感のある人物だったことが窺える。良くも悪くもグリフィンドールらしい人物だったのだろう。

ハリーもスネイプの記憶を見たことで父に対して失望し、リリーがなぜジェームズと結婚したのかと悩んだ時期もあったが後に受け入れ、妻ジニー・ウィーズリーとの間に生まれた長男に、父と名付け親のファーストネームをとって、「ジェームズ・シリウス・ポッター」と名付けるなど、命を捨てて自分を守った父に尊敬の念を失う事はなかった。

二次創作では

二次創作においては茶髪、あるいは明るめの黒髪に描かれることが多い。またハリーと異なり丸眼鏡ではなく四角形の眼鏡を掛けている場合もある。

関連イラスト

Happy Birthday James!
俺について来い


汗だくジェームズ
魔法使い2


すごく良からぬことを企んでそうなジェームズ
ジェームズはぴば!!



関連タグ

ハリポタ 親世代 悪戯仕掛け人 ポッター家 ジェリリ ジェスネ

関連記事

親記事

悪戯仕掛け人 まろーだーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェームズ・ポッター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3301607

コメント