ピクシブ百科事典

目次[非表示]

    スリザリンではもしかして
    君はまことの友を得る
    どんな手段を使っても
    目的遂げる狡猾さ
      (第一巻 ハリーポッターと賢者の石より)

概要

創始者サラザール・スリザリン
四大元素
場所地下牢
特徴臨機応変・向上心・器用・指導力・同胞愛
シンボル
シンボルカラー
寮旗緑の地に銀の蛇
寮監セブルス・スネイプ(〜6巻)→ホラス・スラグホーン
ゴースト血みどろ男爵


狡猾な者が集うとされる。
グリフィンドール寮とは因縁の仲であり、寮単位で仲が悪い。
またハッフルパフ寮やレイブンクロー寮との仲も良好ではない。
故に他の3つの寮と完全に決裂している状態に近く、連絡すらまともに取り合えなかった。
これはヴォルデモートとの最終決戦時に「ホグワーツ防衛軍」に参加しなかった遠因にもなっている。

純血主義の選民思想を持つ人間が多く、純血魔法族の名家出身者も多い。
故にヴォルデモートを始めとした多数の「闇の魔法使い」を輩出しており、死喰い人の親を持つ生徒や、既に学生時分から死喰い人となる者もいる。
また保身に走る傾向が高く、ヴォルデモートとの最終決戦の折は、(死喰い人の中に学友がいるという理由も多少あっただろうが)全員が逃走した。
……のだが実は設定上、数名がこっそり残留して戦闘に参加してる。
更にスラグホーンが率いた増援に紛れ込んで戦った生徒たちも少人数ながらいた。
このことは原作終了後、作者がインタビューで明かしている。

なお、ダンブルドア曰く、サラザール・スリザリンは自身の寮生に「蛇語、機知に富む才知、断固たる決意、やや規則を無視する傾向」等の才能を求めていたという。
そして、登場人物でこれらの要素を全て兼ね備えた者は……。

談話室はホグワーツの湖の下にある地下室で、大理石に囲まれた壮大な雰囲気であるが、
地下にあるためかジメジメと冷たく陰気な印象を受ける。
湖の内部を見るためなのか窓が設置されており、水族館感覚で湖内の生物を観察することも可能。

風評被害・注意

犯罪者養成機関や寮室が地下牢などという風評被害が根強いが、それは事実ではない。
スリザリン入りの資質はあくまで狡猾さ(世渡りの良さや機転に長けていること)や断固とした態度(決断力やリーダーシップ)であり、決して邪悪さや暴力、差別主義ではない。たしかにスリザリンは純血主義の寮であることは否めないが、ヴォルデモートをはじめ多くの混血が在籍してきた。本編中のスリザリンの悪行はあくまでハリーたちグリフィンドール視点であることに注意した方が良いだろう。グリフィンドールやレイブンクローも闇の魔法使いを輩出している。(ハッフルパフは最も闇に傾倒する者の輩出数が少ない)
そして邦訳では寮の談話室は地下牢となっているが原語ではダンジョンであり、城の地下室という意味である。囚人を入れておくような牢屋ではない。

また彼らはハリー入学まで連続で寮杯を獲得しており、純血の地位が未だ高いことや魔法省がヴォルデモート へ陥落する前から純血優先・魔法使い優先・人族優先という保守的な気質であったことを踏まえるとスリザリンとはいわゆる右寄りの既得権益層のエリートだと考えるのが自然である。

自分の正義のために躊躇わず行動を起こすグリフィンドールと違い、スリザリンは熟考し上手く既存のルールを活用し自分や身内を守ることに重きを置いた寮なのである。


主な在籍者

子世代

スリザリン




親世代

☆




爺世代

委託




それ以上


その他


関連画像

スリザリンのみなさんに



関連タグ

ハリポタ ホグワーツ魔法魔術学校

関連記事

親記事

ハリポタ グループ系タグの一覧 はりぽたぐるーぷけいたぐのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スリザリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1091190

コメント