ピクシブ百科事典

アルバス・ダンブルドア

あるばすだんぶるどあ

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

演:リチャード・ハリス(2作目まで)、マイケル・ガンボン(3作目以降)
CV:永井一郎(吹き替え、ゲーム4作目)、大木民夫(ゲーム3作目まで)

概要

本名は、アルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア
ホグワーツ魔法魔術学校校長。自他共に認める天才で、20世紀で最も偉大な魔法使い
ヴォルデモートが唯一恐れている人物であり、作中でも互角に渡り合った。
マーリン勲章勲一等を獲得している他、大魔法使い、最上級独立魔法使い、魔法戦士隊長、ウィゼンガモット首席魔法戦士、国際魔法使い連盟議長の肩書を持つ。
蛙チョコレートのカードには、1945年に闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドを破ったこと、ドラゴンの血液の12種類の利用法の発見、ニコラス・フラメルとの錬金術の共同研究の功績が載っている。

長身。瞳の色はブルーで、半月型の眼鏡をかけ、長い髪に長い髭をたくわえている。
守護霊は不死鳥

賢者だと言われるが、自分は愚かな人間だということも理解しており、
その辺りが同じように強大な力を持つヴォルデモートとの決定的な違いである。
しかし、学生の頃からかつて無いほどの秀才であり、魔法界の著名人からも
賞賛されていた彼がそれに気づくには、想像を絶するほどの挫折と絶望を経験する必要があったようだ。

経歴

生い立ち

1881年夏、モールド-オン-ザ-ウォルドに住むダンブルドア家に、父パーシバルと母ケンドラの長男として生まれる。

1884年頃に弟アバーフォース、1885年頃に妹アリアナが生まれる。
アルバスのホグワーツ入学前、アリアナがマグルの少年3人に暴力を振るわれ、アリアナは精神不安定に陥り、魔力を制御できなくなってしまう。
父はマグルの少年に復讐してアズカバンで獄中死し、母は一家でゴドリックの谷に引越し、以降アリアナの面倒をつきっきりで見るようになる。

学生時代

1892年、ホグワーツ魔法魔術学校に入学、グリフィンドール生となる。
当初は「犯罪者の息子」という目で見られたが、入学後1年を経ずして「ホグワーツ始まって以来の秀才」との評判を得る。
在学中は首席と監督生に選ばれた他、学校の賞という賞をはじめとし、「秀でた呪文術へのバーナバス・フィンクリー賞」や「カイロにおける国際錬金術会議での革新的な論文における金賞」などの様々な賞の受賞、ウィゼンガモット最高裁への英国青年代表、「実践魔法薬」「変身現代」「呪文の挑戦」などへの論文掲載など、様々な栄誉に輝く。また、錬金術師ニコラス・フラメル、魔法史家バチルダ・バグショット、魔法理論家アドルバード・ワフリングなど、当時の著名な魔法使いと交流をしていた。
入学初日にエルファイアス・ドージと友達になり、彼は在学中に「ダンブルドアの腰巾着」と言われた。また、級友達はアルバスを模範として見習い、アルバスも級友達を喜んで助けたり、激励していたとされる。

卒業後

1899年にホグワーツ卒業。エルファイアス・ドージと共に、卒業世界旅行を計画していた。
しかし、母が妹の発作で亡くなり、卒業旅行は断念。
弟とどちらが妹の面倒を見るかで言い争うも、最終的にはアルバスが家長となって面倒を見ることにした。
しかし、この生活ではアルバスは自分の才能を生かすことができず、不満を抱いていた。
数週間後、ゴドリックの谷を訪れたグリンデルバルドを、アルバスは「自分と唯一対等となれる人物」として非常に惹かれ、恋をした。
2人は意気投合し、アルバスは才能を生かすことや栄光を求め、グリンデルバルドのマグル支配計画、死の秘宝を探す計画に夢中になる。しかし、その間妹の世話をおろそかにしてしまう。
その計画にアバーフォースが反対し、三つ巴の争いになる。これに病弱な妹が巻き込まれて亡くなってしまった。
この事件で、ダンブルドアは己の慢心と愚かさを思い知る事となり、グリンデルバルドはゴドリックの谷を去り、以後2人が友として再び会うことはなかった。妹の葬式では、弟がアルバスを責め、鼻をへし折った。

その後

ダンブルドアはホグワーツの変身術の教師となる。
1938年頃、トム・リドルにホグワーツ入学を勧める。ダンブルドアは他の教師とは異なってリドルの邪悪性を見抜いており、秘密の部屋事件ではハグリッドの無罪を確信。また、1945年のリドル卒業時には、当時の校長に進言してリドルが教職につくことを断っている。
1945年、闇の魔法使いとして勢力を広げていたグリンデルバルドと再会し、勝利した。この時グリンデルバルドからニワトコの杖の忠誠心を得ている。
1956年頃に校長に就任した際も、リドルが教職につくことを断った。

1970年代、ヴォルデモートに対抗するために不死鳥の騎士団を結成する。
また、ヴォルデモートの弱点を探るために彼の過去を調べており、ヴォルデモートが分霊箱を作成したことを推測した。
1980年頃、シビル・トレローニーがヴォルデモートを打ち破る可能性を持った子供の誕生を予言、セブルス・スネイプがヴォルデモートに密告したことで、ポッター家が狙われるようになる。
リリー・ポッターの危機を感じてヴォルデモートを裏切り、ダンブルドアに助けを求めにきたスネイプをスパイとして働かせるようになる。
ポッター夫妻の死の前、死の秘宝を見てみたいという思いを捨てきれず、ジェームズ・ポッターから透明マントを借りる。
1981年10月31日、ポッター夫妻がヴォルデモートに殺され、ハリー・ポッターを殺し損ねたヴォルデモートが失踪すると、ハリーをダーズリー家に預ける。

作中

1991年、ハリーがホグワーツに入学する。クリスマスにはジェームズから借りた透明マントをハリーに贈った。スネイプにクィリナス・クィレルを監視するように指示を出しており、翌年6月、賢者の石を奪おうとしたクィレルからハリーを救った。
1993年、ルシウスの策略で秘密の部屋事件が起こり、校長を停職になる。ハリーが事件を解決した後は、校長に復帰した。
1994年、ハリーとハーマイオニーに、逆転時計でシリウス・ブラックとバックビークを助けるように助言した。

1995年、ヴォルデモートが復活。それを認めない魔法省と決別し、不死鳥の騎士団の活動を再開。ハリーがヴォルデモートと魂がつながっていることから、ハリーとは距離を置き、スネイプにハリーの閉心術訓練を命じる。翌年、魔法省により校長を停職させられるが逃亡する。6月の魔法省神秘部の戦いでは、ヴォルデモートと対決し、彼を撃退した。この際、魔法省はヴォルデモート復活を認めた。

1996年夏、分霊箱の1つであるゴーントの指輪を発見。破壊に成功するも、指輪に蘇りの石がついていたことから、死んだ家族に会えると思って指輪をはめたダンブルドアは呪いで余命1年となってしまう。同時期に、ヴォルデモートによるドラコ・マルフォイを利用したダンブルドア殺害計画を知ると、ニワトコの杖の忠誠心を自分で終わらせるため、スネイプに自身を殺すように依頼する。
また、ハリーに個人授業を行ってヴォルデモートの過去にまつわる様々な記憶を見せた。授業を通し、ハリーに、ヴォルデモートが分霊箱を作って魂を分割していることを教えた。
1997年6月、分霊箱の1つを手に入れるため、ハリーと共に洞窟に向かう。そこで分霊箱とされるロケットを手に入れるも、ロケットを守っていた液体を飲んだせいで大幅に弱まる。ホグワーツに帰ってくると、マルフォイに武装解除されニワトコの杖の忠誠心を失ってしまう。その後、示し合わせの通り、スネイプに自分を殺させた。

死後は、校長室の肖像画より、校長となったスネイプにアドバイスをしていた。
最終決戦で死の呪いを受けて生死の狭間に来たハリーの前に現れ、ハリーが生き残った理由、ハリーが分霊箱であったこと、自身の過去と自責の念を語った。
ハリーがヴォルデモートに勝利すると、死の秘宝の今後の扱いをどうするか聞いた校長室のダンブルドアの肖像画は、ハリーの選択を支持した。
後年、ハリーはダンブルドアとスネイプの名前を取り、次男にアルバス・セブルス・ポッターと名付けている。

外伝

シリーズの外伝作品である『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にも、当時は変身術の教授だった頃の彼の名が挙がっており、主人公のニュート・スキャマンダーと面識があって、魔法動物の研究中における事故で彼が退学になりかけた際、彼への処置に一人猛抗議したことで助けている。

裏設定

【腐】Gellert&Albus



若かりし頃、ゲラート・グリンデルバルドに恋愛感情を抱いていた事が作者より明かされた。

グリンデルバルドがダンブルドアに対してどういう感情を抱いていたのか、
彼がダンブルドアの気持ちに気付いていたか、ということは明かされていない。
ダンブルドアはそれ以降、誰を好きになることもなく、生涯独身を通して学問に身を捧げた。

関連イラスト

謎プリ!
若ブルドア



関連タグ

ハリポタ ホグワーツ魔法魔術学校 校長 グリフィンドール 不死鳥の騎士団 

本名が長いキャラ
校長(魔法つかいプリキュア!)・・・魔法学校の校長繋がり。老いた姿がカップやきそば現象になっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「アルバス・ダンブルドア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249314

コメント