ピクシブ百科事典

シビル・トレローニー

しびるとれろおにい

ハリポタシリーズの登場人物。ホグワーツの占い学の教授。

ハリポタシリーズの登場人物。

本名はシビル・パトリシア・トレローニーホグワーツ魔法魔術学校教授。担当教科は占い学。
魔法界で著名な「予見者」、カッサンドラ・トレローニーの曾々孫に当たる。ホグワーツレイブンクロー出身。
シェリー酒が好きらしく何本も隠し持っており、「占い学」の教室は常にシェリー酒の匂いが漂っている。
普段は「俗世に下りると心眼が曇る」ため、自分の教室がある北塔の最上階(屋根裏部屋)に篭りきりで、階下に降りてくることは滅多にない。痩せていて大きな眼鏡を掛けており、スパンコールで飾った服を着ていることが多い。他にも腕輪指輪やビーズ玉など装着品が多く、ハリー・ポッターは「きらめく特大トンボ」と喩えている。彼女の授業はつまらない上に、面倒くさい作業が多くほとんどの生徒からは不評である。また、ハリーに対しては常に死や不幸を見出していることから、ハリーは彼女の授業を非常に嫌っている。また、ハーマイオニー・グレンジャーは途中で授業を放棄しているほど嫌いであり、ミネルバ・マクゴナガル教授も「魔法の中でも一番不正確な分野の一つ」と評し、占い学をあまり快くは思っていない様子である(ただし、トレローニーがアンブリッジによってホグワーツから追放されそうになった時には、マクゴナガルはトレローニーを庇っていた。マクゴナガルがアンブリッジを非常に嫌っていたようだ。)。
だが、ラベンダー・ブラウンバーバティ・パチルなど一部の女生徒からは熱烈に支持されている。自身は自らに予言の才能があると思っているが、彼女の予言はあまり当たっていない。ただし、彼女の予言が全く当たっていないというわけではなく、その例としてシビルは3巻で「イースターのころ、クラスの誰かと永遠に別れることになる」と予言しているが、実際にハーマイオニーが「占い学」の履修を中止している。また、極稀に普段の人格が意識を失い、「本物の予言」を行うことがある(普段は霧の彼方から聞こえてくるような声で話すが、トランス状態のトレローニーは荒々しく太い声になる)。ちなみにトランス状態の記憶は残っていない。この事がアルバス・ダンブルドア校長教師として採用される決定打となった。作中でトレローニーがトランス状態に陥ったのは2回あり、1回目は、彼女が教員に採用された際、ダンブルドアの前で「ヴォルデモートを倒す者が7月の終わりに生まれる」という予言を、2回目は3巻の時で、ハリーの前で「ピーター・ペティグリューがヴォルデモートのもとに戻る」という予言を残している。5巻では、ドローレス・アンブリッジの査察により解雇され、ホグワーツ城から追放されそうになったが、ダンブルドアの機転で城からの追放は免れた。6巻で復職し、ラベンダー・ブラウンに対し「赤毛の男子に気をつけろ」と予言し、ロン・ウィーズリーと付き合い出すことを示唆した。トランプ占いを2回しており、物陰に隠れるハリーの存在と、ダンブルドアの死を言い当てていた。7巻終盤のホグワーツの戦いの一員にも参加し、水晶玉を操って頭にぶつけ、フェンリール・グレイバックを気絶させるという技を見せた。
映画では第3作『アズカバンの囚人』、第5作『不死鳥の騎士団』、第8作『死の秘宝 PART2』に登場。

pixivに投稿された作品 pixivで「シビル・トレローニー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 252

コメント