ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

フィレンツェ(ハリポタ)

ふぃれんつぇ

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』に登場するケンタウルス。占い学教授も務めた。

概要

ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』に登場する。ホグワーツ魔法魔術学校禁じられた森にすむ男性のケンタウルス

馬体はパロミノ、瞳はとても澄んだ碧色、髪は白金色。ミーハー気質なパーバティ・パチルやラベンダー・ブラウンなどは代理教師としてやってきた彼にすぐに夢中になった。おそらく美男子に区分される容姿。


ベインロナンマゴリアンと違い人間に対してオープンマインドであり、ケンタウルスのしきたりに固執することはない。


5巻ではシビル・トレローニードローレス・アンブリッジにクビにされたため、代わりに占い学を教えた。

これは、ケンタウルスは星を見て時代の趨勢を大まかに読むことができるからである。(加えて、半人間恐怖症であるアンブリッジへのダンブルドアの当て付けだとも邪推できる。)


彼のクラスは森のように改装された教室に寝転び魔法で描かれた天球を眺めるもので、生徒からの受けは上々だった。

ただフィレンツェは他のケンタウルスと違いあまり占いを過信しているわけでもないようだ。


なお教職を引き受けるにあたって、人間に使役される事を恥じる他のケンタウルスによってフィレンツェは群れから追放されている。このためトレローニーが復職した後も森に帰れず、そのまま占い学の教授としてホグワーツに残った。


トレローニーは「馬」と授業を分担することを屈辱と捉えフィレンツェを非常に嫌っているが、当のフィレンツェは彼女を取るに足らない者と考え気にかけていない。


関連タグ

ケンタウルス


関連記事

親記事

禁じられた森 きんじられたもり

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 633

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました