ピクシブ百科事典

クィリナス・クィレル

くぃりなすくぃれる

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール(原作の記述準拠、一部は原作者の発言を参照)

演者イアン・ハート
CV横堀悦夫(映画)/中尾隆聖(ゲーム版)
生没年?年∼1992年 ※「若い」と評されているので所謂親世代に近いと考えられる
死因ハリー・ポッターの肉体に残されたリリー・ポッターの守りの力による肉体損傷(それ以前からヴォルデモート卿の一時的な分霊箱となったことで消耗していた)
誕生日9月26日
血統半純血
家族独身、子供なし
ハンノキユニコーンのたてがみ・23㎝・よく曲がる
陣営1990あるいは1991年から闇の陣営 ※闇の印を有していたかは不明
所属?年度∼1989年度:ホグワーツマグル学教授 1990年度:研究旅行 1991年度:山の魔術に対する防衛術教授
出身ホグワーツレイブンクロー
在学中の地位・表彰不明
技能防衛術(理論中心で実践面の経験は乏しい) トロールに関する才能



概要

ハリー・ポッターが1年生の時の「闇の魔術に対する防衛術」教授(それ以前は「マグル学」の教授だった)。

1年間修行の為に休暇を取っていたが、その途中、アルバニアの森でヴォルデモートと出会い、彼に心酔し死喰い人となる。肉体を失ったヴォルデモートを自分の身体に乗り移らせ、主君を復活させる為に、賢者の石の奪取を図る。

ヴォルデモートを隠す為にターバンを巻き、肉体を失った状態のヴォルデモートの体臭を隠す為か、そこからニンニクの匂いを出している。ホグワーツ魔法魔術学校では、常にオドオドしてどもりが激しかったが、それは全て、ヴォルデモートとの繋がりを悟られない為の演技だった。

グリンゴッツ魔法銀行に忍び込んで賢者の石を盗もうとするが、その時には既に石はホグワーツに移動されていた為、失敗に終わる。そしてホグワーツで石を奪おうとするが今度はハリーに出し抜かれ、ハリーの身体に残る母親リリー・ポッターの愛の証に身体を焼かれて死亡した。

学生時代はレイブンクロー所属。

関連イラスト

クィレル
クィリナス・クィレル



関連タグ

ハリポタ クィレル

pixivに投稿された作品 pixivで「クィリナス・クィレル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106278

コメント