2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウィザーディング・ワールドにおける非魔法族、ホモ・サピエンスのマジカルじゃないほう。
いわゆる「普通の人間」のこと。

魔法族は彼らの存在を認識しているが、マグルはたいてい魔法族の存在を認識していない。
また魔法族は(気を使いさえすれば)マグルの技術や道具を使用できるが、マグルは魔法族の技術や魔法を使用できない。

尚「マグル」という呼び名はイギリス魔法界における呼称であり、世界中に存在する各々の国の魔法界によって呼び方は異なる。
【現在判明している呼称】
・イギリス魔法界:マグル
・アメリカ魔法界:ノー・マジ
・フランス魔法界:ノン・マジーク

魔法族にとってのマグル

魔法族とマグルは同じアフリカの地に生まれた人間であり、古来近しい存在だった。
婚姻や交流も当然行われ、マグルの王に取り入ってマグルの芸術品をコレクションしたり社交界で「楽しい生活」を送る賢しい魔法族すらも存在していた。
遅くとも10世紀には魔法族、ひいては純血の優越性を主張する魔法使いが存在していたが、世間の大半はそのような意見をまったく相手にせず、異常で誤ったものだと見なした。
マグルの血をひくマグボブ(Magbob,おそらく魔法の遺伝子/Magicがどこからともなく浮上/bobbed upしてきたことに由来する呼び名)たちはとりわけ優秀な魔法使いであるとして魔法社会に歓迎され、愛されていた。

しかし17世紀に入るとマグルに対する魔法族の態度は大きく変化する。国際機密保持法の施行が決定されたのだ。
これは中世、14世紀頃より魔女狩りが始まったことに起因する。緩やかに着実に欧州で火を吹き上げた私刑の欲求は不幸なマグルを害することがほとんどだったが、やはり魔法族の被害が完全に無いわけではなかった。
マグルの中に生まれた魔法族や、小さな子供、タイミングと運と頭が悪すぎた人が主な魔女狩りの「魔法族側の」被害者だった。

魔女狩り以後魔法族はマグルの目を避け、自らの存在を隠しながら生活するようになる。マグルとの全面抗戦を望む過激派とは対照的に、イギリスのラルストン・ポッターをはじめとする穏健派は魔法の存在を秘匿することで平和を維持しようと提案した。
そしてポッターらによるイギリスウィゼンガモットでの激論の3年後、1692年、みだりにマグルの前で魔法を使うことの禁止を含む国際機密保持法の制定施行が全ての魔法省の参加の下で始まり、ゴドリックの谷オッタリー・セント・キャッチポールなど各地でコミュニティの分離、「(マグルの)コミュニティ内部に(魔法族の)コミュニティを隠匿する」対応がなされた。文化的な断絶はこれに端を発している。
ただし、マグルとの結婚をはじめ、限定的で私的なマグルとの交際は認められ、家族やそれに準ずるマグルなどに魔法を見せても問題はないというのが一般的な考えである。要は既存のマグル社会にあらぬ混乱を引き起こさないための措置であってあまり厳格すぎる必要はないということだろう。
(スカウラーによるセイラム魔女裁判や魔法界暴露未遂があったアメリカでは、例外的にラパポート法が敷かれ婚姻も交遊も禁止されていた)

マグルやマグル生まれへの差別が忌まれるという一般常識は昔と変わらず当たり前に存在する。
しかし以前は大して力を持たなかった純血主義も保護法以降は一部でじわじわと広がり、純血主義者と呼ばれる魔法族たちはマグルへの偏見・排他的な態度を見せるようになった。
彼らにとってマグルとの交わりは忌避すべきことであり、自らの優位性や伝統を損ねる行為である。
そしてMagbob改めMugggle-bornは、純血主義において穢れた存在Mudblood(穢れた血)とされ、愚かな純血主義者によってマグル同様心ない差別を受けるようになった。1960-90年代にイギリスで猛威を振るった死喰い人はまさにこのような差別意識を根幹に持った集団であった。
加えて偏見・差別の定番として無自覚で非積極的(非攻撃的)なパターンが一番メジャーであるという厄介な問題は魔法界の場合も同じらしく、例えばホラス・スラグホーンやコーネリウス・ファッジなどがあげられる。
彼らは通常マグルやその血をひく魔法族に対しても礼儀正しく、死喰い人のように杖を振ってマグルを害することはないが、「普通ならマグルの血をひく魔法使いより純血のほうが優秀だ」という先入観をしばしばのぞかせた。
マグル生まれ出身の魔法大臣が生まれたのは、1707年の魔法省設立の255年後だった。


一方でマグルにかなり好意的な魔法族もまだ存在していた。イギリスのウィーズリー家はその筆頭であり、ロンの父話電気電が大好きなアーサー・ウィーズリーらのおかげで、原作の数年前からイギリスではマグル保護法が制定された。(が、これは裏を返せばそれまでマグルを積極的に保護するような法整備が行われていなかったということである)
そしてマグルの機能的な衣服や、馬車に替わって登場したスピーディーで快適な自動車などはその実用性ゆえにマグル嫌いでさえ完全に避けることはできなかった。「マグルの道具など、指1本たりとも触れたくはない」と主張する純血でさえ、ガレージに端麗なロールスロイスを隠し持っていることもある。
ロックンロールタブロイド文化もまた自然と魔法族が取り入れてしまったマグル文化である。

最も特異なのはスコットランドラグビーに対する奇妙な愛情だろう。数奇な人生を送った1人のスクイブの話が魔法界に広まったのち、骨生え薬を持たないマグルたちがプレイするこの危険でスリリングスポーツは魔法族にとってクィディッチに勝らずとも劣らない人気スポーツとなった。
機密保持法は魔法族がマグルのスポーツに参加することを禁じているが、サポートするだけならば問題はない。そして魔法族とあれど自分の国のチームを応援することが当然の風習であるにも関わらず、魔法族がスコットランド以外のラグビーチームを応援するのは個人の品格に関わる問題だとされている。

国際魔法使い機密保持法

国際魔法使い機密保持法―International Statute of Wizarding Secrecy―(国際機密保持法とも呼ばれる)は魔法の存在をマグルから隠すために1692年に制定された国際法である。
主に有名なのは魔法省による魔法族を含む魔法生物の管理・隠匿義務を明記した第73条だ。
未だ多くが公式設定として明かされていない法典だが、この条規の違反には国際魔法使い連盟から当時国に懲戒処分が与えられることが分かっている。

また第73条に付随するかたちで服装ガイドラインも存在している。
マグルの前では流行、気候、土地、その他の場合を鑑みた標準的なマグル・ファッションの着用が推奨されている。自動調整の魔法がかかった衣服は望まれない。
しかし反マグルの魔法使いは反意を示すために時代錯誤的だったり極度に派手など大変dandysh(「素晴らしい」を意味する冷笑的な形容詞)な格好をすることが多いという。映画じゃマグルらしいモダンで澄ました格好のマルフォイも実はかぼちゃパンツやフリフリの中世風衣装を着ていたりするのかもしれない
F.A.R.Tという団体はズボンが魔法の流れを塞き止めるとしてマグルの面前でもローブを着ることを主張している。(ちなみに原作のとある描写を鑑みるとスネイプ先生も履いてない可能性が高い)

反対派

ダンブルドアは悲しむかな


闇の魔法使い、ゲラート・グリンデルバルドは「魔法族はマグルからネズミのようにこそこそ隠れる必要などない、正当な地位を取り戻すべきだ」という先鋭的かつ回帰的な思想を掲げた。
マグルによる壮絶な世界大戦(WW1)があったという当時の時勢もあり、この思想は欧州でかなり支持を得た。だがグリンデルバルドがダンブルドアに破れて収まる。

ダンブルドアによれば、グリンデルバルドは死の秘宝を手に入れ、最強の魔力と死人の軍団を武器にしてマグル世界を征服しようとしていたらしい。このようなイデオロギーをリバイバルさせ、英国の純血旧家やスリザリン卒を巻き込んだのがヴォルデモートである。

ヴォルデモート


ただしヴォルデモートはグリンデルバルドのような政治的理念というよりは、自己の魔力や血統を拗らせた結果マグルへの暴力に向かったという、反社会性パーソナリティ障害からの支配欲求である。あくまで本人の最終目標は理想社会の構築ではなく己の誇示と不死性にあった。

ヴォルデモートとほぼ同年代だった有名な反対派にはカルロッタ・ピンクストーンという人物がいる。彼女も機密保護法に反対の立場をとってはいるが、根本はおそらく彼と逆であることが示唆されている。マグルと魔法族の再結合が彼女の望みであり、しばし彼女は法を犯してマグルの面前で魔法を行使したためアズカバンに収監された。
スピンオフゲームの魔法同盟魔法覚醒では彼女のように「マグルに魔法を知らせてあげるべき」と主張している組織がそれぞれ登場した。ただピンクストーンが「マグルに魔法を見せた」としかと言及されていないのと違って彼らは明確に他人に害を加えたり、過激な行動に走ったりしている。


マグルにとっての魔法族

Q.最初の本では、魔女や魔法使いが「マグル」つまり普通の世界にいるとき、ポケットが何十個もついたマントをまとっていて、少し奇妙な存在として目立ちますね。ホームレスのようなイメージでしょうか。
A.必ずしもホームレスというわけではありませんが、そのイメージは当たらずとも遠からずといったところでしょうか。魔法使いたちは、真の「マグル」が最も恐れるもののすべてを象徴しているのです。彼らは明らかに逸脱していて、かつそうであることに満足しているのです。恥ずかしげもなくはみ出し者であることほど、型にはまった人間にとって不安なことはないのです。


魔女狩り以降マグルは魔法族との交流を(限られた場合を除いて)絶つこととなった。魔法魔女魔法使いたち、魔法生物のことはマグルの世界でおとぎ話として記録され、大半のマグルはすっかりまともな考えを身に付け、どんなに不思議で奇妙なことが起きたとしても、気にしないよう振る舞ったり、なにか理由をつけて納得し、まるで魔法を信じないよう精一杯努めているようだった。

限られた場合、数少ない例外が魔法使いの親族や配偶者などだった。
特にマグル生まれの両親の場合が顕著だろう。魔女の娘を持ったグレンジャー夫妻はホグワーツからの手紙によって魔法の存在を知り、娘の付き添いとしてダイアゴン横丁に足を踏み入れた。彼らは魔法の存在に驚き、奇妙に感じつつも、優秀な魔女に成長していく娘を誇りに思った。
逆に、より強固に魔法を拒むマグルも存在していた。ハリー・ポッターの親戚であるダーズリー家の態度は「大変中世的」と形容されさえした。ペチュニアは「もし自分にも魔法があったなら、妹を生まれ損ないなんて思ったりしなかった」と語った。


関連リンク

【公式記事】テクノロジー
【公式記事】衣服
【公式記事】スコティッシュラグビー
Q.最初の本では、魔女や魔法使いがマグル、つまり普通の世界にいるとき、ポケットが何十個もついたマントをまとっていて、少し奇妙な存在として目立ちますね。ホームレスのようなイメージでしょうか?

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました