ピクシブ百科事典

ジェイコブ・コワルスキー

じぇいこぶこわるすきー

ハリー・ポッターシリーズの外伝『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の登場人物。
目次[非表示]

演:ダン・フォグラー 吹き替え:間宮康弘

概要

アメリカに暮らす「ノー・マジ(イギリス圏でいうマグル、魔法使いでない人)」で、単なる一般人。
第一次世界大戦に従軍した後アメリカに帰国、缶詰工場で働いていたが、パン屋を開きたいと夢見るようになり、銀行の融資を受けに行った際にニュート・スキャマンダーと出会う。


外伝作品だが、ハリー・ポッターシリーズにおいて初となる生粋のマグルのメインキャラクターである。

活躍

1926年12月、銀行へパン屋を開くための融資を受けようとするも受理されず、さらに持参した自作のパンを入れたトランクがたまたまニュートのトランクと似ていた事から両者のトランクが入れ替わり、魔法動物の絡んだ事件がニューヨークに広がって自身も巻き込まれる事になる。後に事情を受け入れるとこれを助けようと奮闘する。また、その最中で魔女クイニー・ゴールドスタインと惹かれ合う。(第1作『魔法使いの旅』)

1927年、ロンドンにあるニュートの自宅を来訪。クイニーとの結婚記念旅行という事で訪れたというが、実際はクイニーに魔法をかけられて無理やり連れて来られていた。ニュートによって魔法を解かれた後は口論となり、パリへ向かう彼女に置き去りにされてしまうがそれでもクイニーを追い掛けようとニュートと共に旅立つ事に。(第2作『黒い魔法使いの誕生』)


性格

第1作から(主にニュート絡みで)たびたび不運に見舞われるが、それでもニュートに協力したり、レジリメンス(開心術)の才能を持つクイニーにその心根を面白く楽しい人として評価されるなど、その人物像は根っからのお人好しで善人。
当初はあまりにも不可思議な出来事の連続にニュートたちとの出会いは全て夢の中での出来事だと思い込んでいたが、騒動に巻き込まれていく内に一連の出来事を事実として受け入れるようになるなど、順応性も高い。

クイニーに関しては所謂一目惚れであり、出会って一日も経ってない内に相思相愛となった。しかしアメリカ魔法界が非魔法族の魔法界干渉に厳しく、自分と交流することでクイニー達が罰せられるのと知ると自ら泣く泣く離れる事を選んだ。
だが第2作では上記の姿勢をクイニーから「臆病」と言い切られ、流石に癇に障った彼も売り言葉に買い言葉で「イカれてる」と考えてしまった事が二人の関係に溝を広げる事となるが、それでもクイニーに対する想いは変わらず「ハニー」と呼ぶなどしてちゃんと愛している。

余談

  • 家族構成

詳しくは不明だが、鳩を飼っていたという祖父と彼にパンを焼く楽しさを教えた祖母がいた。物語開始時点はニューヨークの安アパートで一人暮らしをしている。

コワルスキーはポーランドの姓であり、劇中でジェイコブが製作したパンの中で自信を持って薦めていたのもポンチキというポーランドのドーナツである。これは彼の祖母直伝のレシピという事から、ジェイコブはポーランド出身の移民と思われる。

  • 婚約者
 未公開シーンや関連書籍によれば、ジェイコブは劇中時点でミルドレッドという名の婚約者がいたが、ジェイコブが銀行の融資を受けられなかった事をきっかけに「貧乏な暮らしはもう沢山だ」といって彼に婚約指輪を突き返し、そのまま破局してしまう。尚、劇中のミルドレッドの服装はどこかクイニーの服装に似ている。

そして、物語終盤でパン屋として成功したジェイコブに後程ミルドレッドは寄りを戻そうとしたようだが、ジェイコブはこれを拒否したという。


関連タグ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ファンタスティックビースト
ハリポタ

関連記事

親記事

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 ふぁんたすてぃっくびーすととまほうつかいのたび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイコブ・コワルスキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370574

コメント