ピクシブ百科事典

テセウス・スキャマンダー

てせうすすきゃまんだー

ハリー・ポッターシリーズの外伝『ファンタスティック・ビースト』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

演:カラム・ターナー 吹き替え:江口拓也

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の主人公であるニュート・スキャマンダーの実兄で、初登場は第2作ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

概要

スキャマンダー家の長男で、8歳年上のニュートの兄。1927年の時点で37か8歳。そしてイギリスの魔法省では魔法法執行部の主要部局である、闇祓い局の局長という高い役職位に就いている。
出身校はニュートと同じくホグワーツ魔法魔術学校であるが、上記の年齢差だとスキャマンダー兄弟の在籍期間が重なっていた可能性は低い。そして演者のカラム・ターナーの口から、彼がハッフルパフ寮出身であることが語られている。

第1作ではその存在は名前のみの登場であったが、その時点で彼は「第1次世界大戦における英雄である」という点で国際的にも名の知られた強力な魔法使いであることがわかる。尚、裏設定として彼は「魔法使いの旅」が始まる前にニュートへ手紙を送っており、その際の文面から「ある闇の魔法使いを追跡する任務に命ぜられた事」「米国魔法界の闇祓いパーシバル・グレイブスと連絡を取り合っている」事から、ファンの間では「かなりの上官クラスの強力な魔法使いではないか」と前々から噂されていた。

性格

 闇祓い局の局長に相応しいであろう高い魔法の実力以外にも、昔から社交力や長男としての期待に応えて続けてきた事により今の地位に昇り詰めた模範的な人物。魔法省を始め「組織」や「規律」に従順ではあるが、執行部長のトラバースが武力手段も辞さない高圧的な態度を取る際はそれを諫めたりするなどしている辺りは非常に慎重かつ冷静な判断ができる。だが、心配が度を過ぎたり事が上手く運ばなかったり、想定外の事態が起こると熱くなったりするなど感情が出やすくなるタイプでもある。

テセウスの行動原理は自らの「正義」の為であり、そして彼自身は「家族」を非常に大事にする所から、組織や団体に属する事を基本好まず魔法動物を取り扱う事もあって、周囲とトラブルを起こしがちな実弟ニュートには手を焼かされつつも世話を焼こうとしている。
どのくらいかといえば、旅に出ている弟を案じる手紙を送ったり、魔法省内で散々忠告する為に話しかけたり、挙句の果てには抱擁を求めるなどと年の離れた弟を心底気にかけているようだが、悲しいかな肝心のニュートにはうっとおしく思われている様子。

おまけに、1927年時点で魔法族の名家であるスキャマンダー家の長男として、こちらも純血の聖28一族に名を連ねるレストレンジ家の魔女、リタ・レストレンジと婚約中。彼女がまだニュートにとって「忘れられない人」である事が兄弟の関係をより複雑にしてしまっている。尚、テセウス本人は家柄が付いて回るリタについては何れ妻として迎え入れる家族の一員である彼女の事を愛し、気にかけている。

余談

劇中ではニュートとテセウスの年齢差は8歳とされているが、ニュート役のエディ・レッドメインは2018年時点で36歳、テセウス役のカラムは28歳と実はこちらも同じ8歳差ながら年上と年下の立場が逆転しているという面白い現象が起きている。

関連タグ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 
ファンタスティックビースト 
ニュート・スキャマンダー 
ハリポタ

関連記事

親記事

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 ふぁんたすてぃっくびーすととくろいまほうつかいのたんじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テセウス・スキャマンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32287

コメント