ピクシブ百科事典

ユスフ・カーマ

ゆすふかーま

ファンタビの2作目に出てきた黒人の魔法使い。レストレンジ家の因縁に関わる。
目次[非表示]

1884年生まれの魔法使い。アルバス・ダンブルドアと生年はかなり近い。黒人で純血。
ニュート・スキャマンダーらと共にゲラート・グリンデルバルドと相対する。

以下、ネタバレ注意

複雑な家族



時系列順に、ユスフをとりまく家族の複雑な推移を解説する。
登場人物が多くややこしいが、
ユスフ・リタ・コーヴァス5世という三人の兄妹弟の話だということを念頭に置けば整理しやすい。
余裕があれば、更にそこにクリーデンスという1作目からのキーパーソンが絡んでくることを意識すると良い。


①カーマ家にユスフが生まれる


純血の魔法使いムスタファ・カーマと高貴な生まれの美女ロレナ・カーマが結婚し、ユスフが産まれる。ユスフがセネガル系の黒人かつ純血であることから、カーマ家はアフリカにルーツを持つ魔法使いの旧家だと考えられる。

②レストレンジによる略奪婚


フランスの純血レストレンジ家のコーヴァス・レストレンジ4世によりロレナ・カーマは連れ去られ、コーヴァス4世の妻となる。カーマ家にはムスタファとユスフが残される。そしてロレナはリタ・レストレンジを産んだ。ユスフから見ると異父妹である。リタを産んでほどなくしてロレナは死亡する。

リタ・レストレンジ

ファンタビ2感想絵



③レストレンジの再婚


コーヴァス4世はクラリスという女性と再婚。クラリスはコーヴァス5世を生む。(フランスの本家レストレンジ家の男児は代々コーヴァスという名前) これはリタにとって異母弟となる。ロレナと同様、子供を産んでほどなくしてクラリスは死亡。この時点でコーヴァス4世の元にはリタとコーヴァス5世という二人の子供がいることになる。

④赤ん坊の取り替え


ムスタファとユスフのカーマ親子は、ロレナを奪ったコーヴァス4世に復讐するべく動き出す。ムスタファとユスフが親子で復讐の「破れぬ誓い」(履行せねば死ぬという魔法契約)を結んでいたことを知ったコーヴァス4世は危険を感じ、レストレンジ家に仕える半妖精(ハーフエルフ)の召使いアーマ・ドゥガードを使ってリタとコーヴァス5世をアメリカ合衆国に送った。

船中、泣き止まない異母弟コーヴァス5世にうんざりしたリタはこの赤子を近くのキャビンにいた別の赤子と取り替えた。船が沈没した際、救命ボートが転覆しコーヴァス5世は溺死。リタが取り替えた赤子はニューヨークで反魔法使いのカルトであるベアボーン家の女性に引き渡されることとなる。自分が何者なのか、全く知らないまま……。

この取り替えをユスフは知らなかったため、クリーデンスをコーヴァス5世だと勘違いしてその命を狙っていたのである。

クリーデンス・ベアボーン

fantastic beasts/dark side



⑤更なる真相


クリーデンスは結局コーヴァス・レストレンジ5世ではなかった。もはや父か母も溺死しており、彼らが何者だったのか特定する術もない。

しかしゲラート・グリンデルバルドが、クリーデンスに不死鳥と共に彼の真の名を告げる。

その後


結局ユスフの「破れぬ誓い」がどうなったのかは不明。まぁ、復讐の標的は実は全員死んでいたわけであるが……。

クリーデンスがコーヴァス5世でなかったこと、そしてリタがグリンデルバルドの犠牲になったことでユスフは妹も弟も失う形となる。

また、ユスフは前項で解説した通りカーマ家の血しか入っていないので、フランスの本家レストレンジ家はリタの死をもって断絶した可能性が非常に高い。

となると、ハリポタ本編の1990年代に登場したイギリスのレストレンジはフランスのレストレンジ家の分家である可能性が出てくる。

関連タグ


ファンタビ ハリポタ ウィザーディング・ワールド
セネガル フランス アメリカ イギリス
リタ・レストレンジ ロドルファス・レストレンジ
純血(ウィザーディング・ワールド)

関連記事

親記事

高祖世代 だんぶるどあせだい

兄弟記事

コメント