ピクシブ百科事典

サラザール・スリザリン

さらざーるすりざりん

『ハリー・ポッター』シリーズに登場するキャラクターである。ホグワーツ創設者の一人でスリザリンの寮祖。秘密の部屋をつくった。
目次[非表示]

概要

『ハリー・ポッター』シリーズ及び同じ世界観を共有する作品群に登場する魔法学校ホグワーツ魔法魔術学校を創設した四人の魔法使いたちの内の一人。
主人公のハリー・ポッターたちの時代から約千年前に生きた人物である。

来歴

「東の湿原」からホグワーツの地へやって来た純血の魔法使い。
蛇および蛇に分類される魔法生物が喋る蛇語(パーセルタング)を使う蛇語使い(パーセルマウス)の才能を持ち、蛇を使役することが可能であった。
またスネークウッドの木にバジリスクの牙が芯に使われた杖を作り使用しており、この杖は蛇語使いが話しかけることで特定の作用をするなど特別仕様となっている。

ゴドリック・グリフィンドールヘルガ・ハッフルパフロウェナ・レイブンクローらと出会い、彼らと共にホグワーツ魔法魔術学校を創設した創始者の一人である。
創始者四人は良き共であり、特にグリフィンドールとは「これほどの友ありうるや?」と讃えられる程の親友だった。

しかし、サラザールは次第にホグワーツの生徒たちを魔法族の血を汲むものに厳選すべきという考えを持つようになる。
即ち両親が魔法力を持たないマグルから生まれたマグル生まれの魔法使い、魔女をホグワーツに入れないというものだった。
サラザールの考えは他の三人の創始者と相いれず、特にゴドリックからの反対が凄まじく、親友であった二人は決闘にまで発展してしまった。
決闘の末、サラザールは秘密の部屋とその部屋に怪物を残してホグワーツを去った。
この創始者の不和によりロウェナはストレスと娘ヘレナの出奔のショックが重なり若くして死亡している。

思想

スリザリン寮の信条や組み分け帽子の歌にもあるように、野心に溢れ、狡猾さを備えた人物であったと思われる。
また、自らと同じように大望や臨機の才を持つ若者を高く評価していた。
一方で、マグル生まれの魔法使い、魔女に対する差別意識が酷く、マグルの血が混じっている者はホグワーツへの入学を拒否するべきだと考えていた。
一方で、騎士道を重んじるゴドリックや学究精神を尊ぶロウェナと違い、思想や姿勢による他者への排他性は強くなかったようであり、血統による差別を除けばヘルガと同じく公平だったと思われる。
ゴドリックは純血主義者と闇の魔術に傾倒する者に対して差別感情があったといわれていることからも、サラザールが極端な純血主義者ではなかった可能性があるが千年以上前の人間のため、正確な人物像を知るすべはない。

秘密の部屋

サラザールは三人の創始者たちとの意見の決別からホグワーツ城から去るが、その前に「この学校で教えを受けるに相応しからざる者(=マグル生まれ)」を追放する為に蛇語を鍵とした「秘密の部屋」を設け、中に怪物、バジリスクを棲まわせたとされている。
後にこの伝承を信じたスリザリンの継承者によって部屋は開かれ、マグル生まれの女子生徒が殺されている。
ちなみになぜ部屋が女子トイレにあったかというとホグワーツ改修工事の際に入り口に女子トイレが増設させられてしまったからである。

蛇語

蛇語(パーセルタング)とは蛇および蛇に分類される魔法生物たちの言語であり、この言葉を使うことで蛇を使役する者のことを蛇語使い(パーセルマウス)という。
極めて稀な能力を持ち、その力は彼の子孫にも受け継がれた。
スリザリンのシンボルが蛇なのもこのため。
また闇の魔術と蛇語が関連付けられる理由でもある。
しかし善良な魔法使いにも蛇語は使いは存在する。
そもそもスリザリンの血脈ではない者でも蛇語は習得可能でグリフィンドール寮アルバス・ダンブルドアは習得しており、ロン・ウィーズリーはハリーの言葉を真似ることで蛇語を断片的に話して見せた。

所有物

スリザリンのロケット

重い金でできており表にはヘビのような形をした「S」が緑の石ではめ込まれて輝くロケット
このロケットはやがて子孫であるゴーント家に受け継がれるもメローピー・ゴーントが生活苦のために売って以降、様々な人の手に渡ることとなった。
メローピーの息子がこのロケットを手に入れ、自身の分霊箱として、罠の張り巡らされた洞窟に保管していたが、部下の裏切りによって最終的にはハリー・ポッターの元へと渡り、ロン・ウィーズリーグリフィンドールの剣で破壊された。

スリザリンの杖

スネークウッドの木にバジリスクの牙が芯に使われた杖を作り使用しており、この杖は蛇語使いが話しかけることで「眠る」ことが可能な特別仕様となっている。
17世紀頃、アイルランドのゴーント家に伝わっており、過激な純血主義者の魔女、ゴームレイス・ゴーントが使用していたが彼女に両親を殺された姪のイゾルト・セイアがこの杖を盗み、新大陸のアメリカへと渡った。
その後、イゾルトは杖を使えなくするために「眠らせ」た後に自信が創設したイルヴァーモーニー魔法魔術学校の庭に埋めた。
のちにそこから杖の材料であるスネークウッドと類似した樹木が生え、切り落とすことができないがその葉には強力な薬効が備わっていた。

子孫

スリザリンの血は死の秘宝のペベレル家と交わり、ゴーント家に受け継がれた。
しかしゴーント家は近親婚を繰り返し、没落している。
魔女のメローピー・ゴーントが魔法力のないマグルのトム・リドル・シニアとの間に儲けたトム・リドルは近代魔法史上最悪の闇の魔法使いヴォルデモートとなっている。
ヴォルデモートの死後は彼の娘デルフィーニが現存する直系の子孫であるが彼女はアズカバンに収容されている。

ちなみにゴーントの血はアメリカに渡ったイゾルト・セイアにも流れており、彼女はイルヴァーモーニー魔法学校の創設者の一人であり、「ホーンド・サーペント(角水蛇)」寮の祖となっている。
イゾルトは魔法力のないマグルのジェームズ・スチュワードと結婚し、双子の子供に恵まれるが、魔法力のある娘は生涯結婚せず、魔法力のないスクイブの娘は魔法力のない伴侶を選び以降はマグルとして生きることとなった。

容姿

秘密の部屋にあった彫像によれば、猿のような顔をした禿頭の老人
しかし、Pixivの二次創作では長髪の美男子として描かれることが多い。
アルビノの蛇のイメージからか、銀髪の場合も多い。

関連タグ

ウィザーディング・ワールド ハリポタ ファンタビ
ホグワーツ魔法魔術学校 創設者


うちはマダラ

関連記事

親記事

創設者 ほぐわーつそうせつしゃのせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サラザール・スリザリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309915

コメント