ピクシブ百科事典

トム・リドル・シニア

とむりどるしにあ

トム・リドル・シニアとは『ハリー・ポッターシリーズ』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

第2巻『秘密の部屋』でトム・マールヴォロ・リドルの父親にあたるマグルとして存在が明かされた。本編の時点ですでに故人であり、第4巻『炎のゴブレット』では墓が登場している。第6巻ではハリー・ポッターアルバス・ダンブルドアが“憂いの篩”で見たボブ・オグデンの記憶の中に登場する。

人物

本編の時代には既に故人であるため、詳細な人物像は不明。美男子であり、その外見的特徴は息子にも受け継がれている。しかし、性格は傲慢で礼儀知らずだったらしく、両親ともども周囲からは嫌われていた。

経歴

リトル・ハングルトンの大地主リドル家の御曹司として生まれ育つ。ある日、近所に住むモーフィン・ゴーントによって蕁麻疹の呪いをかけられたが、魔法省の介入によって記憶を修正され、そのことは覚えていない。

当時のリドルにはセシリアという名前の婚約者がいたが、モーフィンの妹メローピーもトムに片想いしていた。メローピーはトムに惚れ込むあまり、父マールヴォロと兄がとある事件で投獄されている間に強力な愛の妙薬(いわゆる惚れ薬)を使うことで駆け落ちして結婚する。これによってリトル・ハングルトンは「大地主の息子がろくでなしの娘と駆け落ち結婚した」という醜聞で湧き返ったという。

しかし数ヵ月後、トムは妻メローピーを伴わず実家に戻ってきた。村では「トムは『たぶらかされた』とか『騙された』などと話している」という噂が飛び交ったものの、詳しい事情は不明である。しかし、アルバス・ダンブルドアは「良心の呵責に耐えられなくなったメローピーが薬を盛るのを止め、魔法が解けたトムが妻を棄てた」と推測している。

この時点でメローピーはトムとの間に子供を身籠っていたが、収入源だったトムが去ったことで困窮したメローピーは臨月でロンドンの孤児院に駆け込むと、生まれてきた赤ん坊に自分の夫と父親の名前から「トム・マールヴォロ・リドル」と名付け、「この子が父親に似ますように」と言い残し、まもなく死去した。

一方トムはメローピーや彼女のお腹にいた子供を探そうともせず、リドル家の屋敷で両親と共に暮らしていたが、16年後の1943年夏、成長しリドル家を訪ねてきた息子によって“死の呪い”を受け両親もろとも殺害された。

その死は息子が分霊箱(ホークラックス)を作成するための「生贄」として利用されたほか、遺骨がヴォルデモートの肉体を復活させるための材料の一つとして利用された。

別名・表記ゆれ


関連タグ

トム・リドル ハリポタ

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

コメント