ピクシブ百科事典

概要

ハリー・ポッター」に登場する人物。

メローピーモーフィン・ゴーントの父親でトム・リドルの祖父。パーセルマウスであり、純血主義者である。
本編では既に故人。

ゴーント家は間違いなく純血であると言われる「聖28一族」の一つであり、ホグワーツの創設者の1人であるサラザール・スリザリンの子孫に当たる。また、「死の秘宝」の一つ「蘇りの石」の作成者であるカドマス・ペベレルの子孫でもある。

スリザリンのロケット「蘇りの石」が入った指輪は先祖代々の家宝として大事にしていたが、後者に関してはそれが「死の秘宝」であることは最早誰も知らず、スリザリン所縁の品だと思っていた様子(サラザール・スリザリンの子孫とカドマス・ペベレルの子孫が婚姻した結果、現在のゴーント家になりそれぞれの秘宝もゴーント家に受け継がれた)。

純血を維持する為に近親交配を繰り返してきた結果、ゴーント家の人間は情緒不安定と暴力の血筋として知られるようになるほどの精神異常者になり、マールヴォロが生まれる数世代前の時点で先祖代々の莫大な財産は浪費し尽くしていた。マグルが住む土地であるリトル・ハングルトンのボロ屋で貧相な暮らしをしていたが、自分たちは純血だからと現実を見ることはなく、蛇語しか話せない息子と虐待対象であった娘と暮らしていた。

メローピーがマグルに好意を寄せていることに激怒し、息子モーフィンをけしかけた事で二人揃って逮捕される。先に釈放されたマールヴォロは娘が待つ家に帰るも、メローピーは暴力を振るってきた父を見捨て家を出ており、自業自得の失意のうちに亡くなった。

トム・リドルのミドルネームは彼から取られている。

関連タグ

毒親
トム・リドル

関連記事

親記事

ゴーント家 ごーんとけ

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「マールヴォロ・ゴーント」の小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました