ピクシブ百科事典

レギュラス・ブラック

れぎゅらすぶらっく

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

シリウス・ブラックの弟。享年17歳。
フルネーム、レギュラス・アークタルス・ブラック(Regulus Arcturus Black)。
ブラック家の人物の大半は「星や星座およびギリシア神話に由来する名前」という命名法則を持ち、
彼の名前はそれぞれ、
レギュラスしし座α星「レグルス (Regulus)」(ラテン語で「小さな王」の意)の英語読み
アークタルスうしかい座α星「アークトゥルス(Arcturus)」(ギリシア語で「熊を護るもの」の意)の英語読み
に由来する。
1961年生まれ。

ホグワーツ魔法魔術学校在学中はスリザリン寮に所属し、クィディッチチームのシーカーを務めた。
純血魔法族の名家、ブラック家の出身で、異質な存在であった兄のシリウスと違い、期待されていた。
外見についてはシリウスの方が背も高くハンサムであるらしい。

ブラック家の家風に漏れず純血主義者だが、虐げられていた屋敷のしもべ妖精のクリーチャーを大切にし、決して見下さなかったことから、ブラック家や他の純血主義者、そうでない魔法使いとも一線を画した見識を有していた(ブラック家では、しもべ妖精が年老いてお盆を持つことが出来なくなると首を刎ねる風習すらあった)。

ヴォルデモートの記事をスクラップするほどの熱烈なファンで、16歳の時に死喰い人に加わる。
しかしヴォルデモートがクリーチャーに過酷な仕打ちを行ったことから彼に失望し、ヴォルデモートを裏切ることを決意。最後の抵抗としてヴォルデモートの分霊箱であるスリザリンのロケットを、ブラック家の家宝のロケットとすり替えるため、スリザリンのロケットが沈められていた水盆の毒液を飲み干し(この方法でしか取り出せない)、衰弱したところを亡者に水の中に引きこまれて死亡した。
この際ブラック家の家宝のロケットの中に「R.A.B」のイニシャルと共にヴォルデモート宛てのメモを残した。

自分の裏切りによって家族やクリーチャーに被害が及ばぬようにと事実を隠したため、「闇の陣営にある程度まで入り込んだものの、恐れをなして身を引こうとした為、ヴォルデモートの命を受けた他の死喰い人に殺された」という認識が一般的となった。
故にルーピンからはその死を揶揄され、兄のシリウスは「愚かな弟」と述べた。

余談だが「一族がスリザリンの家系」「実家は歴代純血魔法族で名家」「屋敷しもべ妖精と関わりが深い」「スリザリンのクィディッチチームのシーカー」「16の若さで死喰い人に加わる」等、経歴にはドラコ・マルフォイとの類似点が多い。

「レギュラス ハリポタ」で検索したほうがHIT数は多い
物語開始時点で既に逝去しているため作中の登場は皆無に等しく、
シリウスとクリーチャーから語られる僅かな情報からその人物像を推測するしかないが、
コアなファンからの人気が高く、海外では"Reg"(レグ)、"Reggie"(レジー)等の愛称で親しまれている。

関連イラスト

小さな王
レギュラス


R.A.B
『まだ終わらないの?』


♦獅子の心臓を宿す人♦
R.A.B



関連タグ

ハリポタ 親世代 黒兄弟 ブラック家

pixivに投稿された作品 pixivで「レギュラス・ブラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 969819

コメント