ピクシブ百科事典

レギュラス・ブラック

れぎゅらすぶらっく

「ウィザーディング・ワールド」の人物・魔法使い。ハリーの代父シリウスの実の弟。本編開始前に既に死亡しているが、ヴォルデモート卿の秘密を握っていた。
目次[非表示]

“闇の帝王へ

あなたがこれを読むころには、私はとうに死んでいるでしょう。
しかし、私があなたの秘密を発見したことを知ってほしいのです。
本当の分霊箱は私が盗みました。
できるだけ早く破壊するつもりです。
死に直面する私が望むのは、あなたが手ごわい相手にまみえたそのときに、もう一度死ぬべき存在となることです。

RAB”
                                      

注意

  • レギュラスのみのタグ付けの作品が多いが、特に拘りがないのであれば、レギュラス・ブラックとタグ付けするのが検索の利便上好ましい。またフルネームはレギュラス・アークタルス・ブラックだが、「レギュラス・ブラック」とタグ付けされることが多い。



プロフィール

🌟❇️


人物
本名Regulus Arcturus Black
  • レギュラス・アークタルス・ブラック
  • 「レグルス」「アークトゥルス」とも訳せる
誕生1961年……誕生日不明
死亡1979年……命日不明(享年18歳)
死因分霊箱(スリザリンのロケット)が隠された洞窟で毒薬を飲み亡者(インフェリ)に湖に引き摺り込まれ溺死
種族人間・魔法使い
人種・国籍白人・イギリス人
血統純血聖28一族ブラック家
家族
生家イギリスイングランドロンドン、イズリントン地区、グリモールド・プレイス十二番地
婚姻未婚
子供無し
ペット不明
所属
出身校・出身寮ホグワーツ魔法魔術学校スリザリン寮
在学中の地位・賞与スリザリンクィディッチチーム(シーカー)、スラグ・クラブ(おそらく)
組織在学中に死喰い人→離反
魔術
詳細不明(多くのホグワーツ生と同様オリバンダー製と思われる)
パトローナス無し(原作者のコメントから判明→リンク(英語))
技能詳細不明 兄シリウスに及ばないところがあるが非常に賢い
容姿
眼の色不明(兄シリウスは灰)
髪の色

概要

ハリー・ポッターの代父シリウス・ブラックの弟。
フルネーム、レギュラス・アークタルス・ブラック(Regulus Arcturus Black)。
本編では既に死亡している。

第5巻で「死喰い人に加わったが怖気つき、逃げ出して始末された」シリウスの弟として名前が初登場。第6巻ではスラグホーン教授の写真に写っていた。

その後、第7巻で謎の人物「RAB」の正体であること、そして真の死因は別にあることが明らかになる。

来歴・人物

小さな王様

1961年生まれ。

英国魔法界の王族を称する純血名家ブラック家の出身。異質な存在であった兄のシリウスと違い、家族に期待されていた。

ホグワーツ魔法魔術学校在学中は伝統通りスリザリン寮に所属し、スリザリンクィディッチチームシーカーを務めた。またスラグホーンの口ぶりからスラグ・クラブのメンバーだと推定できる。

外見についてはシリウスと似ているが、兄の方が背も高くハンサムであるらしい。能力についてもシリウスの方が高かったようだ。

ブラック家の家風に漏れず純血主義者だが、虐げられていたハウスエルフクリーチャーを家族として大切にし、決して見下さなかったことから、ブラック家や他の純血主義者、そうでない魔法使いとも一線を画した見識を有していたようだ。(ブラック家では、ハウスエルフが年老いてお盆を持つことが出来なくなると首を刎ねて飾る風習すらあった。また、そこまで行かなくとも多くの一般的な魔法族にとってハウスエルフは敬意を向ける対象ではない。)

少年時代からヴォルデモート卿の熱烈なファンだった。闇の帝王の活躍が新聞に掲載される度に記事をスクラップして収集していた。そして、まだ学生である16歳前後で死喰い人に加わる。レギュラスも両親も、それを栄誉なことだと考えていた。

この頃既に兄シリウスは家出し家族と絶縁済み。おじのアルファード・ブラックポッター家の援助の元一人暮らしをしていた。次男であるレギュラスが実質的にブラック家の当主となったわけである。

最も暗い星

ある時、ヴォルデモートがレギュラスから預かったクリーチャーを洞窟に連れて行き、毒薬を飲ませて放置するという過酷な仕打ちを行う。

クリーチャーはアパリションによる空間移動魔法で命からがら逃げ出す。
(ヴォルデモートはハウスエルフを見下し無関心であったため、その気になれば彼らが杖無しで魔法を使い逃げ出せることすら考慮していなかったようだ)

クリーチャーから全てを聞いたレギュラスは忠誠を誓っていた主の本質に激しく失望し、裏切ることを決意。最後の抵抗としてヴォルデモートの分霊箱であるスリザリンのロケットペンダントを、ブラック家の家宝のロケットとすり替えるために動く。

案内のもと洞窟に辿り着き、分霊箱が沈められていた水盆の毒液を飲み干した。その後盆の底から取り出したペンダントをクリーチャーに託す。そして毒により衰弱し幻影に苦しめられながら、インフェリ(魔法で操られた死屍)たちに襲われ、水中に引き摺り込まれて死亡した。

最後に、ブラック家の家宝のロケットの中に「RAB」のイニシャルと共にヴォルデモート宛てのメモを残す。(本記事の冒頭参照) ヴォルデモート卿が手強い相手に見えたその時に、もう一度死ぬべき存在になることを願い、人知れずレギュラスは水の中に消えた。

獅子座の心臓

レギュラスは自分の裏切りによって家族やクリーチャーに被害が及ばぬようにと事実を隠していた。
そのため、「闇の陣営にある程度まで入り込んだものの恐れをなして身を引こうとした。ヴォルデモートの命令を受けた他の死喰い人に始末された」という認識が一般的となった。故にリーマス・ルーピンからはその死を揶揄され、兄のシリウスは「愚かな弟」と述べた。

兄であるシリウスほどの魔法の才能はなかったと作中では再三に渡り評されている。

彼の死が死喰い人に手によるものとされているのも「弟はヴォルデモートが直接手を下すには小物過ぎた」という理由からである。

しかし、作者によればレギュラスは非常に賢い魔法使いであったという。

レギュラスはヴォルデモートが己が不死を確信している姿から、ヴォルデモートが魂を切り分けたという事実に独自に辿り着いていた。それによって洞窟に隠されていたものの正体を見破っていたのだという。単独でその事実に辿り着いていたのはアルバス・ダンブルドアとレギュラス・ブラック以外にはいなかった。

結局レギュラスのすり替えを知らなかったためにダンブルドアとハリーの洞窟での戦いは本来の目的を遂げられず終わったわけだが、紆余曲折を経てハリーたちは本物のロケットを発見し破壊することに成功した。

最終的に名誉は回復されたようで、スリザリン出身の偉人として、その談話室にホラス・スラグホーンと並んで肖像画が設置された。(セブルス・スネイプの肖像画はハリー・ポッターの働きかけで校長室に設置される予定である)

レギュラスはセブルス・スネイプと並んだスリザリンの影の英雄であり、闇との戦いに殉じた。レギュラス(レグルス)には「獅子座の心臓」の意味がある。これは、レギュラスはスリザリン寮ではあったもののグリフィンドール寮に選ばれた兄のシリウスに負けない程に勇敢であったことを示している。レギュラスはグリフィンドールの方が相応しいという単純な話ではなく、獅子と蛇はまさしく表裏一体であるーー方向性や手段は異なるだけで、どちらも根底に愛や勇敢さを秘めているーー事実を示唆しているのだ。

作者曰く「彼の真実をシリウスが知ったなら、評価を改め、弟を誇りに思うだろう」とのこと。

星の名

ブラック家の人物の大半は「星や星座およびギリシア神話に由来する名前」という命名法則を持ち、彼のファーストネームとセカンドネームはそれぞれ星の名前に由来している。

レギュラスしし座α星「レグルス (Regulus)」を指し、ラテン語で「小さな王」の意。

アークタルスうしかい座α星「アークトゥルス(Arcturus)」に由来し、ギリシア語で「熊を護るもの」の意味。大熊のすぐ後を追いかける星である。

レギュラスは大叔父(父方の祖父の弟)であるレギュラス一世に、アークタルスは父方の祖父であるアークタルス三世に由来する。そのためレギュラスは家系図的にはレギュラス二世となる。

レギュラスの名前の由来である星を要する星座、しし座は勇敢さを連想させ、リチャード1世の異称である獅子心王(ライオンハート)からも連想できる通り「勇気」の象徴である。また、レグルスは最も暗い一等星である。そして、最も明るい一等星はシリウスである。

余談・裏話

類似した人物たち

「一族がスリザリンの家系」「実家は歴代純血魔法族で名家」「スリザリンのクィディッチチームのシーカー」「16の若さで死喰い人に加わる」等、経歴には従甥(従姉の息子)ドラコ・マルフォイとの類似点が多い。

また、「実家が歴代純血魔法族で名家」「家族に期待されていた」「しもべ妖精と関わりが深い」「クィディッチが好き」「若くして死喰い人になる」「最後は異形の化け物に襲われて生き絶える」等、バーテミウス・クラウチ・ジュニアとも類似点が多い。
(二人は死喰い人としての活動期間も被っていた、あるいは入れ替わりだった可能性がある)

そして、スリザリン出身でありながら死喰い人から離反し、勇気を見せた点でセブルス・スネイプと似ている。

二次創作と人気

物語開始の数年前に既に逝去しており、更に過去が語られたのも7巻(最終巻)であるため、作中の登場は皆無に等しい。本人の直接のセリフもない。

そのためシリウスとクリーチャーから語られる僅かな情報からその人物像を推測するしかないが、原作ファン、特に女性から高い人気を得た。海外でもReg(レグ)、Reggie(レジー)といった愛称で親しまれている。

8月23日はレギュラスの日とされ、彼を悼む作品が多く投稿される。

元々マルフォイ家トム・リドルをはじめとしたスリザリンのファンは一定数存在したが、ヒール役としてのコアな人気にとどまっていた節がある。それが近年においてアンチヒーロー、ダークヒーローとしての蛇寮人気が一般にも広がった。これには最終巻におけるレギュラス(そしてスネイプ)の活躍が大きい。

日本における二次創作では、やや長めの黒髪に前髪を額に垂らした童顔の美少年(あるいは美青年)として描かれ、これが二次設定として定着している。

シリウス・ブラックとの謎が多い関係(黒兄弟と二次創作界では呼ばれる)や、死喰い人の同胞だったセブルス・スネイプルシウス・マルフォイバーテミウス・クラウチ・ジュニアとの関係が想像、創作されることが多い。

映像化

映画版の演者はトム・ムアクロフト……なのだが、スラグホーンの写真のシーンでの一瞬だけの登場であり、ほとんど顔は写っていない。また、肝心の7巻のレギュラスの死の真相をクリーチャーが語るシーンも映画ではカットされている。

このように映像化には恵まれていないが、それがかえって前述の二次創作での人気に貢献しているようだ。

関連イラスト

小さな王
レギュラス


R.A.B
『まだ終わらないの?』


♦獅子の心臓を宿す人♦
R.A.B


星空を飲む
「!」



関連タグ

作品

ウィザーディング・ワールド ハリポタ J・K・ローリング

所属

聖28一族 純血(ウィザーディング・ワールド) ブラック家
ホグワーツ魔法魔術学校 スリザリン スリザリンクィディッチチーム スラグ・クラブ
死喰い人

親世代 黒兄弟 親蛇トリオ 闇陣営

BLカップリングタグ

シリレギュ レギュシリ
レギュスネ
バティレギュ レギュバティ
など

関連記事

親記事

親世代 おやせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レギュラス・ブラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3133667

コメント