ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:ジム・ブロードベント
吹き替え:森功至

概要

ハリポタシリーズに登場する魔法使い。6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス』と7巻(最終巻)『ハリー・ポッターと死の秘宝』に登場。純血
フルネームは『ホラス・ユージーン・フラックス・スラグホーン(Horace Eugene Flaccus Slughorn)』愛称は「スラッギー爺さん」。

学生時代はホグワーツ魔法魔術学校スリザリン寮に所属しており、卒業後は母校の魔法薬学の教授とスリザリンの寮監を長年務めていた。アルバス・ダンブルドアは同僚。
学生時代のトム・リドル(のちのヴォルデモート)と最も親しかった教師であり、彼に分霊箱の概要について話してしまったことをとても後悔していた(黒歴史)。

セブルス・スネイプがホグワーツに勤務し始めるとスネイプに薬学とスリザリン寮を任せて一時引退する。しかしその後、第6巻でダンブルドアの働きかけを受けて魔法薬学の教授に復帰した。

人物・経歴

魔法界屈指の名門である聖28一族の一つであるスラグホーン家の出身。

スリザリン寮でおそらくアルバス・ダンブルドアらと同時期に学ぶ。→高祖世代

卒業後のある時期からホグワーツに戻り、薬学教授そしてスリザリン寮監となった。トム・リドルからセブルス・スネイプまで、多くのスリザリン生を教育したのは彼である。

性格は純血のスリザリン出身者として考えれば驚くべきほど良識的かつ柔軟であり、マグル生まれや半純血(混血)の者に対する差別意識はほとんど見られない。リリー・エバンズハーマイオニー・グレンジャーのことも高く評価していた。これは裏設定いわく学生時代からの性格である。

また、スリザリン生をひいきすることも絶対なく、自身が才能を持つと認めた人物であれば他寮の生徒であっても厚遇する。才能を認めた生徒を集めて「スラグ・クラブ」を開いて交流を深め、それによる繋がりを得ている。ただし自身の関心の的となり得ない相手(ロン・ウィーズリーアーサー・ウィーズリーなど)には、差別的応対こそしないものの名前を間違えてしまうなどあまり興味を持てないらしい。

一方で(当然の事かもしれないが)死喰い人関係者に対しては冷淡な対応を取っている。

スネイプと比べてスリザリン贔屓やグリフィンドールいじめをしない分、公平な良い教師と言える。また、スネイプと違い薬学のNEWT課程進学基準も甘い。ただし、そのぶん規律面でも甘いと言える。

作中闇陣営に傾倒することのない数少ないスリザリン出身者であり、同寮出身者の良心とも言える人物であるが、やや日和見的な所があり死喰い人の最終決戦まで立ち位置をはっきりさせていなかった。基本的にスラグホーンの関心は自分の安楽さと、自身のお気に入りの教え子が社会的に成功を収めるのを見るというコネクション作り。ダンブルドアの不死鳥の騎士団に関しても、死亡率が高すぎるということで距離を置いていた。このへん保身や狡猾のスリザリン生らしく、闇の魔法使いではない一般的なスリザリン生の生き方や価値観がどのようなものかが読み取れる。  

しかし、最終決戦ではスリザリン生を家に返した後チャーリー・ウィーズリーら外国からの援軍たちと共に参戦し、教え子ヴォルデモートと直接戦うなどの気概を見せた。この際ミネルバ・マクゴナガルキングズリー・シャックルボルトがスラグホーンを援護したが、三対一でやっと伯仲であった。

戦後、魔法界そしてスリザリンへの貢献から彼の肖像画がスリザリンの談話室に飾られている。

外見

若い頃は豊かな茶色系の髪。しかし歳を取ってからは完全にハゲており、長めの口髭を蓄えている。また太っている。映画版ではそこまでハゲてもなく外見が原作と結構違う。

関連タグ

ハリポタ 爺世代
スラグ・クラブ

(ホグワーツ教職員)
🛡闇の魔術に対する防衛術→DADA教授参照
🧪魔法薬学→セブルス・スネイプ/ホラス・スラグホーン
🐾変身術→ミネルバ・マクゴナガル/アルバス・ダンブルドア
💫呪文学→フィリウス・フリットウィック
🌿薬草学→ポモーナ・スプラウト
📚魔法史→カスバート・ビンズ
🌙天文学→オーロラ・シニストラ
🔮占い学→シビル・トレローニー/フィレンツェ(ハリポタ)
💡マグル学→チャリティ・バーベッジ/アレクト・カロー
🔢数占い→セプティマ・ベクトル
🥚魔法生物飼育学→シルバヌス・ケトルバーン/ルビウス・ハグリッド/ウィルヘミーナ・グラブリー=プランク
📜古代ルーン語→バスシバ・バブリング
🧹飛行訓練/審判→ロランダ・フーチ
🏥校医→ポピー・ポンフリー
📖司書→イルマ・ピンス
🧼管理人→アーガス・フィルチ

関連記事

親記事

高祖世代 だんぶるどあせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホラス・スラグホーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49629

コメント