ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

NameArthur Weasley
  • アーサー・ウィーズリー
誕生1950年 2月6日
血統純血 聖28一族
家族
出身ホグワーツ魔法魔術学校 🔴グリフィンドール
職業魔法省 マグル製品不正使用取締局長→偽の防衛呪文ならびに保護器具の発見ならびに没収局局長
所属不死鳥の騎士団
守護霊イタチ
映画版演者マーク・ウィリアムズ
映画版吹替梅津秀行
ゲームEA版CV青山穣

概要

ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の人物。魔法使いの男性。純血


ロン・ウィーズリーウィーズリー兄弟の父。妻はモリー・ウィーズリー


イギリス魔法省で「マグル製品不正使用取締局」の局長を務めているが、実質は窓際部署で給料も高くない。

なにしろ局員はアーサーとパーキンズの合わせて二人しかいないのである。


妻のモリーや長男のビル・次男のチャーリーと共に不死鳥の騎士団のメンバー。アルバス・ダンブルドアの支持者である。


モリーとは中年になっても愛称で呼び合うくらいに円満の愛妻家

穏和な性格で普段は妻の尻に敷かれているが、いざという時は頼りになる。


マグル好きでありマグル製品・文化に並々ならぬ関心を抱いている、いわゆるオタク


経歴

生い立ち

1950年2月6日、ウィーズリー家の純血の魔法使いセプティマス・ウィーズリーと、ブラック家の純血の魔女セドレーラ・ブラックのもとに生まれる。両者とも聖28一族


アーサーには兄弟が二人いたが、詳細は不明。(ビリウスがその一人である可能性はある)


母セドレーラは純血至上主義のブラック家出身であり、「血を裏切る」ウィーズリー家に嫁いだため実家とは絶縁状態になっている。いわゆる駆け落ち


学生時代

ホグワーツ魔法魔術学校ではウィーズリー家の伝統に従いグリフィンドール寮に所属。


ジェームズ・ポッターマローダーズや、犬猿の仲であるルシウス・マルフォイよりも年上であり、彼らの先輩として学生時代を過ごした。


同じグリフィンドールで聖28一族プルウェット家の娘であるモリーと交際。彼女との朝帰り中に、当時の管理人アポリオン・プリングルに見つかり、罰として折檻を受けてしまい、その結果受けた当時の痣が今でも消えずに残っているらしい。


卒業後

卒業後は魔法省に勤務。モリーと結婚すると6男1女の子供たちをもうけた。

ちなみに両親と同じく、駆け落ちのような形での急いだ結婚だったらしい。


ルシウスら純血主義者の圧力と戦いながら、「マグル保護法」をはじめマグル関係の法律を幾つか制定している。


ヴォルデモート最盛期には妻モリーの兄弟であるギデオン・プルウェットフェービアン・プルウェット不死鳥の騎士団に参加。しかしアントニン・ドロホフらの手にかかり二人とも戦死してしまう。この頃はプルウェット家以外にもマッキノン家ボーンズ家など反ヴォルデモート派の旧家が次々と攻撃を受け、壊滅かそれに近い惨状であった。


この頃アーサーがギデオンとフェービアンのように騎士団員だったかは定かではない。

(アルバス・ダンブルドアアラスター・ムーディルビウス・ハグリッドらとはかねてから交友があるようなので、騎士団員ではなくともダンブルドアと近しかったことは確かである。)


ヴォルデモート復活後は家族と共に再編された騎士団に参加。魔法省のコネなどを生かしてダンブルドアをサポートした。


1995年はナギニに襲われるも、生還。


1997年には昇進し、「偽の防衛呪文ならびに保護器具の発見ならびに没収局」局長に就任している。


ホグワーツの戦いにも参加。


人物・能力

大のマグル贔屓。ただしマグルに関する仕事をしている割には、その知識は電気フラグの使い方や郵便の配達システム、ゴムのアヒルについてハリーに聞いたり、電話の使い方を聞いて魔法もないのに独創的だと感心したり、一般の魔法使いより多少マシな程度である。映画版『不死鳥の騎士団』では地下鉄に驚嘆するも、自動改札機を通れないという場面がある。

自動車の運転が可能で、空飛ぶ車であるフォード・アングリア 105Eを所有している(ロンをはじめ息子たちも運転技術を習得済み)。ちなみに『秘密の部屋』当時で30年近く前のオンボロ車である。


子供たちをよく見ており、信頼している。モリーが世話焼きで心配性なのとは対照的。『秘密の部屋』で息子たちがハリーを自分が魔法をかけた空飛ぶ車で連れ出したと知った際には(妻ににらまれるまでは)𠮟りつけるどころか上手くやったのか?とうずうずして聞き出そうとしていた。


ホグワーツ時代はスラグ・クラブに呼ばれない(魔法界でも有名な純血一族のウィーズリー家の出身で、魔法省に就職できるほどの秀才だったのだから呼ばれてもなんらおかしくないはずなのだが)などあまりパッとしなかったようだが、ルシウスと別ベクトルでコネクション作りの力があり、魔法省では様々な人物に慕われている。


ハリーも夫人同様自分に良くしてくれ、グレンジャー夫妻を含めマグル差別のない彼を信頼している。


外見

ウィーズリー家の例に漏れず赤毛だが、原作ではわずかに残っているだけでほとんど禿げあがっている。

原作では上記の通り禿げていてメガネをかけた細身の男と描写されているが、映画では若干前髪が後退している程度でまだまだフサフサであり、メガネもかけておらずがっしりした体型である。

ウィーズリー兄弟の父親であるとわかりやすくするための変更と思われる。


なお二次創作での学生時の姿は短髪になったビル・ウィーズリーというべき美青年に描かれることが多い。確かにウィーズリー家はブラック家の血を汲んでおり、美形寄りの遺伝子である。


関連タグ

ハリポタ モリー・ウィーズリー ウィーズリー兄弟 親世代

関連記事

親記事

ウィーズリー家 うぃーずりーけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368273

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました