2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細

悪戯仕掛け人

いたずらしかけにん

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』に登場する四人組。原語では「Marauders(マローダーズ)」。ジェームズ、シリウス、リーマス、ピーターのこと。
目次[非表示]

「我ここに誓う。我よからぬ事をたくらむものなり」


概要

ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』に登場する四人組

ジェームズ・ポッターシリウス・ブラックリーマス・ルーピンピーター・ペティグリュー

全員がグリフィンドール寮の同学年で、ホグワーツで様々な悪戯や冒険を繰り広げた。

リーダーはジェームズ・ポッターシリウス・ブラックの二人。
「Black and Potter. Ringleaders of their little gang.」とマクゴナガルから言われており、日本語版では「いたずらっ子たちの首謀者」と訳されている。

誤訳と日本における勘違い

原語版では四人は「悪戯仕掛け人」ではなく「Marauders(マローダーズ。徘徊者、襲撃者、強奪者といった意味)」である。

このことは、四人が作成したホグワーツの地図が「Marauder's Map」という名前であることからも分かる。

原作者によると彼らが自分たちを「Marauders」と呼んでいたことは公式設定である。

確かに、「Marauder's Map」の中では、
「Messrs Moony, Wormtail, Padfoot and Prongs
Purveyors of Aids to Magical Mischief-Makers are proud to present」
という一説があり「Mischief-Makers(悪戯仕掛け人)」という言葉が登場する。

しかし、この一節全体を正確に訳すと
「我らはムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングズ
魔法の悪戯仕掛け人のためのお助け道具の調達人」
ここに自信をもって提供する一品」
となる。

つまり、四人が「悪戯仕掛け人」を自称しているというのは誤訳であり、「悪戯仕掛け人」というのは、ジェームズたちが地図を託した未来の悪戯っ子たちのことである。

時に、「悪戯仕掛け人(Magical Mischief Makers)というのはジェームズたちの自称で、彼らのあまりの行いの酷さに周囲は彼らをマローダーズ(Marauders)と呼んだ」という説が公式設定であるかのように提示されることがあるが、間違いである。

ジェームズたちは自身を「Marauders」としか呼んだことがなく、作中(そして作者の設定)に出ている限りでは周囲も同じ。

もっとも、Pixivでも他の日本のファンダムでも「悪戯仕掛け人」と呼ばれることが多い。

一覧

変身する動物名前異名
鹿ジェームズ・ポッター(James Potter)
俺について来い
🦌プロングズ(Prongs)
シリウス・ブラック(Sirius Black)
シリウス・ブラック
🐾パッドフット(Padfoot)
リーマス・ルーピン(Remus John Lupin)
狼少年
🌕ムーニー(Moony)
ピーター・ペティグリュー(Peter Pettigrew)
ピーター・ペティグリュー
🐀ワームテール(Wormtail)


全員動物に変身でき、それに基づいた異名を持っていた。これは一人はWerewolf、三人はAnimagusであるため。

Marauder's Mapの中では異名で名乗っている。

また彼らの間だけでなく、リリー・エバンズと親密になってからは彼女も使っていた。またワームテールに関してはDeath Eaterも使っている(詳細後述)。

ジェームズの渾名。牡鹿。由来はジェームズが変身する牡鹿の角の枝分かれ"prong"から。

シリウスの渾名。黒犬。由来はシリウスが変身する犬の足"foot"の肉球"pad"から。

また脱獄後のシリウスは「スナッフル」という異名を使った。由来は鼻をくんくん言わせる犬の仕草"snuffle"から。

リーマスの渾名。人狼。由来はリーマスが変身する人狼→満月から月の形容詞"moony"より。

ピーターの渾名。ネズミ。由来はピーターが変身するネズミの尻尾"tail"がミミズ"worm"を連想させることから。

他、リリーからは「ワーミー」とも呼ばれた。

Marauder's Map

日本版では「忍びの地図」。

ホグワーツ全域を網羅した詳細な地図。

普段はただの羊皮紙だが「我ここに誓う。我よからぬ事をたくらむものなり」と唱えて杖で叩くと地図に変化する。(「いたずら完了!」で元に戻る)

更に、「ホムンクルスの術」と呼ばれる高等魔法により、なんと敷地全域の人間の名前と動きを捕捉することが可能。

こちらも参照。公式サイトの記事「The Marauder’s Map」

来歴

友情の結末

彼らがホグワーツを卒業する頃にはヴォルデモートと彼が率いるDeath Eaterが魔法界に暗い影を落としており、その支配を拡大していた。そのため、四人はアルバス・ダンブルドア率いる不死鳥の騎士団に創設メンバーとして入団し、闇の勢力との戦いに身を投じることになる。

そんな中ジェームズは交際していたリリー・エバンズと結婚し、息子ハリー・ポッターをもうける。

ダンブルドアはシビル・トレローニーの予言とセブルス・スネイプの離反によりポッター家がヴォルデモートに狙われていることを察知、自らが「Secret Keeper(秘密の守り人)」になろうとするもジェームズから断られる。
そしてハリーのGodfather(名付け親、後見人、代父)のシリウスがKeeperとなるが、シリウスは世間の誰もがシリウスをKeeperと思い込んだのを逆手に取り、ダンブルドアをも騙す形でピーターをKepeerに変更した。───これをきっかけに彼らの結束は崩壊していく。

実はピーターは既にヴォルデモートの手の内にあり、ジェームズの居場所を密告したのである。
ジェームズとリリーはヴォルデモートによって殺害され、シリウスはピーターの裏切りを知り彼を追跡するも逆に罠に嵌められて大量殺人の汚名を着せられる。ピーターはそのまま鼠に変身して逃走、シリウスバーテミウス・クラウチ・シニアの手によりアズカバンに投獄されることになる。

二次創作では

ファンアートでこの四人が描かれる際は、学生時代の姿で描かれることが多い。

若かりし頃の姿のため四人とも容姿が整っていることがある。
原作で容姿が整っていると描写があるのはシリウス・ブラックのみであり、他の三人は言及されていないが、ジェームズ・ポッター原作者インタビュー美形と述べられている。

四人とセブルス・スネイプリリー・エバンズをはじめとした世代は「親世代」と呼ばれ、『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』/『ハリー・ポッターシリーズ』の二次創作では最も人気のあるジャンルである。

関連イラスト

ホグズミード
悪戯されたい!


とある一室
そろそろ本気出す


「さて、どちらにしようか」
2016年



関連タグ

ハリポタ 親世代 グリフィンドール
ジェームズ・ポッター
シリウス・ブラック
リーマス・ルーピン
ピーター・ペティグリュー

関連記事

親記事

不死鳥の騎士団 ふしちょうのきしだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5351474

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました