ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

不死鳥の騎士団

ふしちょうのきしだん

『ウィザーディング・ワールド(魔法ワールド)』の組織。アルバス・ダンブルドアが創設。ヴォルデモート及び死喰い人への対抗組織。
目次 [非表示]

作品名→ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


概要と歴史

アルバス・ダンブルドアが、第一次ヴォルデモート恐慌時代の1970年代に死喰い人に対抗するために結成した秘密結社。シンボルは死を超えて再生する炎の鳥・不死鳥


目的はヴォルデモートの力を挫くこと、そしてマグルの保護。彼を恐れていないためその名を呼ぶ。これを逆手にとられ、ヴォルデモートという名前を呼ぶ人間を死喰い人が監視していたこともあった。


闇祓いなど魔法省関係者の騎士団員もいるが、基本的には魔法省の主流派が日和見主義・純血主義(建前では禁止しているが世間的に純血主義は根強い)なため距離を置いている。またダンブルドアがホグワーツ校長でありグリフィンドール出身のため、ホグワーツ教職員やグリフィンドール出身者が多い。このように思想としてはいわゆる反権威・リベラルであるため半巨人人狼スクイブなど社会的弱者のメンバーが参加している。


危険を伴うため、原則として未成年の学生の参加は認められない。


第一期は死喰い人に数で圧倒的に上回られ、多数の犠牲者が出た。1981年のヴォルデモート失踪により解散。しかし1995年にヴォルデモートが復活し、魔法省が復活を否定する態度を取ったことにより、ダンブルドアが活動を再開させた。トンクスやキングズリーなど新しいメンバーも加わっている。


第二期はダンブルドア軍団と共同作戦を行うこともあった。ホグワーツの戦いにて死喰い人らと交戦し勝利。その後騎士団員のキングズリー・シャックルボルトが魔法大臣になることで、魔法省の権威的・差別的な傾向は改善していきドローレス・アンブリッジといった邪悪な官僚にも正当な措置が下された。またアズカバンの監守は吸魂鬼から人間になった。


邦訳で騎士団となっている部分は、原語では「Order」。秩序、順序に起源を発する言葉であるため、現在その語義は多岐にわたる。たとえば大英帝国勲章は「Order of the British Empire」であるし、イエズス会は「The Jezus order」。そしてガーター騎士勲章は「the Order of the Garter」である。純粋に騎士団を指すこともあるが、修道会、または単に「共通の目的を持ち誓いを立て集った者たちの集団」も包括する語であるため、中国版の「凤凰社」のような訳が中立的といえば中立的かもしれない。


「騎士」一覧

※死亡者には✝️マーク

創立メンバー


第二期から加入したメンバー


関係者

など


関連イラスト

ホグワーツの本気不死鳥の騎士団

はりぽた詰め合わせ素敵なおじ様


関連タグ

ダンブルドア軍団(協力組織)

死喰い人(対抗組織)

関連記事

親記事

アルバス・ダンブルドア あるばすだんぶるどあ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました