ピクシブ百科事典

フラー・デラクール

ふらーでらくーる

ウィーズリー家の長男、ビルの妻。
目次[非表示]

登場巻

4巻、5巻(名前のみ)、6巻、7巻

映画
演:クレマンス・ポエシー声:小笠原亜里沙(映画) 本多知恵子(ゲーム)

わたし2人分美しいから大丈夫よ!

概要

本名はフラー・イザベル・デラクール
1976-77年生まれ。「息を呑むほどの美しさ」「非の打ち所がない」と形容される彼女。
彼女自身も自覚があり、若干ナルシストの気味な所がある。
髪は腰までのシルバーブロンドで、瞳は深い青色。祖母がヴィーラのためかほとんどの男を魅了させる。

名前のfleurは、フランス語風に読めば『フルール』すなわち【花】であり、フルネームのfleur de la courは「宮廷の花」となる。
1994年、ボーバトン魔法アカデミーの7年生としてホグワーツ魔法魔術学校に来校し、
三大魔法学校対抗試合の代表選手に選ばれる。(代表選手、唯一の女子代表。)
当初はハリー・ポッターのことを快く思っていなかったが、第二の課題で彼女の妹、ガブリエールを救ったことがきっかけとなり、ハリーと仲良くなる。
当初はレイブンクローの寮生のロジャーデイビースと行動を共にすることが多かったが、第三の課題でハリーを応援するためにホグワーツを訪れたビル・ウィーズリーに興味を示す。

ボーバトン魔法アカデミーを卒業後は英語の学習を兼ねてグリンゴッツ魔法銀行に就職し、
同僚となったビルと交際をするようになった。
彼女の話す英語はフランス語訛りで、ビルと交際を始めてからはビルが英語の個人授業をしていた。

6巻冒頭(1996年夏)までにビルと婚約し、ウィーズリー家に住むよう(同居する)ことになるが、
モリー・ウィーズリージニーハーマイオニーら女性陣から煙たがられていた。
特にジニーからは「ヌラー」(原文:phlegm、粘着質)呼ばわりされた。
6巻終盤にビルが人狼のフェンリール・グレイバックに噛まれ、顔面に傷を負ってしまっても、
「私だけで二人分美しい」「傷痕は夫が勇敢だという証」と発言。
ビルに対する愛情は揺るがず、ついにモリーに認められる。

1997年8月1日、ビルと結婚式を挙げ、式の後は夫と共に「貝殻の家」に移り住んだ。
終盤でのホグワーツ最終決戦にも、ビルと共に参戦した。その後、3人の子に恵まれる。
7巻では、性格がモリーに似てきているとのこと。(ハリー談。)

関連イラスト

結婚式
I LOVE ‼


関連タグ

ハリポタ ビル・ウィーズリー

pixivに投稿された作品 pixivで「フラー・デラクール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30483

コメント