ピクシブ百科事典

ピーター・ペティグリュー

ぴーたーぺてぃぐりゅー

『ハリー・ポッター』シリーズの登場人物。別名「ワームテール」。
目次[非表示]

演:ティモシー・スポール/吹き替え:茶風林

概要

主人公ハリーの父ジェームズの学生時代からの友人。
「ハリーの両親をヴォルデモートに売ったシリウス・ブラックを追跡し、殺害された」
とされていたが、事実はそうではなかった。

外見は小柄で、鼻が尖っており、どことなくネズミに似ている。
瞳の色は薄い。髪はくすんだ茶色でくしゃくしゃ。成人後は頭頂部が広く禿げている。
後述の通り指が一本欠けており、一時手首から上の右腕を切り落とすも銀色の手が与えられた。

小心者で、常に強い者の後ろに付いて歩こうとする腰巾着気質。

経歴

学生時代

ホグワーツ魔法魔術学校在学中はグリフィンドール寮所属。

ルーピンと友人となった後、彼の説得のもとジェームズ、シリウスとも親しくなり、4人で悪戯仕掛け人と名乗る。
2年次にルーピンが人狼と判明すると、ジェームズやシリウスに助けられながらアニメーガス(動物もどき)となった。

学生達の中心的存在だったジェームズとシリウスを英雄視しており、周囲からは「シリウスの腰巾着」と認識されていた。同時にマクゴナガルは「ジェームズやシリウスのようには絶対になり得ない子だった」と評しており、教師陣から劣等生と見做されていた。また本人も劣等感を抱いていた様子。

卒業後

「不死鳥の騎士団」創設メンバーに加わり、シリウスの薦めでポッター家の秘密の守人になる。しかし実は既に死喰い人に加わっていたピーターは、ポッター家の居所をヴォルデモートに密告、ジェームズとリリーを死に追いやった。

その後、シリウスにポッター夫妻殺害幇助およびマグル12人殺害の罪を着せ、自身もシリウスに殺されたかのように偽装して逃亡した。以降、ネズミに姿を変えてウィーズリー家に潜伏し、魔法省と「ピーターがヴォルデモートを裏切った」と思う死喰い人の双方の追及を逃れ続けた。

ネズミ時代

ウィーズリー家で「スキャバーズ」という名を与えられ、ペットとして飼われていた。
当初パーシー・ウィーズリーが飼い主だったが、1991年にロン・ウィーズリーがホグワーツに入学してからは彼が飼い主となっていた。
ロンがハリーの親友となり、ホグワーツでの寮でも同室になったことから、正体がばれる3年生までハリーの傍で生活していたが、アルバス・ダンブルドアの監視下でハリーを殺す勇気はなく、彼に危害を加えることは一切無かった。

3巻にてアズカバンを脱獄したシリウスと、ホグワーツで「闇の魔術に対する防衛術」教授に就いていたルーピンに正体を暴かれ、殺されそうになるが、「父の親友であるシリウスやルーピンを殺人者にしたくない」という理由でハリーに命を助けられ、その直後、一瞬の隙に逃亡し「仲間と主君への恐怖心から」ヴォルデモートの下に走る。

その後

4巻で自身の右手を「下僕の肉」として捧げてヴォルデモートを復活させた。この時、代わりとしてヴォルデモートから銀色の手を与えられた。

7巻でハリーの首を絞め殺害しようとするが、かつて自分を「殺さないで」と庇ったハリーへの情が沸き、
一瞬の躊躇いを見せたために、銀色の手に絞め殺され亡くなった。享年38歳。

総評

彼は無能なのか

ミネルバ・マクゴナガルやシリウスからは散々な評価を受けているが、作中の描写を注意深く拾うと彼が決してただの無能とは言い難いことが分かる。

  • 友人の補助があったとはいえ、高度な魔法である動物への変身に在学中に成功。その後は自在にネズミへの変身を駆使する
  • シリウスに追い詰められながらも逃げおおせる。またマグルを大量に殺し、彼にその罪を被せる。その際には自分の指を切り捨てている
  • 野生のネズミから情報を集めアルバニアで零落したヴォルデモートを回収する
  • 魔法省の役人バーサ・ジョーキンズに自分の正体がバレそうになった際、彼女を上手くまるめこみ「夜の散策」へ誘い、騙し討ちにする
  • バーテミウス・クラウチ・ジュニアとの共同戦線とはいえ、かつての最強の闇祓いムーディを抑え込み捕獲する
  • 強い魔力と害意を必要とする「アバダ・ケダブラ」を不意打ちとはいえセドリック・ディゴリーに浴びせ殺害する
  • おそらくヴォルデモートの指示があったといえ、肉体を蘇生する高度な魔法薬を完璧に調合する。その際自分の腕を(後からおそらくヴォルデモートからなんらかの補償があると分かっていたとは言え)自分で切り落とす。
このように彼には闇の魔術をはじめとする高度な魔法をある程度は使いこなせる力量があり、何より土壇場で機転が回り、場合によっては自己犠牲すら厭わない決断力を持っている人間である。
彼は作者曰くグリフィンドールとスリザリンのどちらに組み分けされるか長時間帽子に思案させた「組み分け困難者」であり、その根底には勇敢さと狡猾さを併せ持っていたのだろう。
決して手放しで有能と評することはできないが、かといって無能と断ずることもできない微妙な能力であると言える。そして、大切にすべき小さな才知を(最後の瞬間をのぞいて)間違った方向へ使い続けてしまった人物である。

彼は真に悪人か

悪戯仕掛人の友情を崩壊させた原因がピーターにあるのかといえばそれは確かにそうと言える。
しかしながら、一般的に言っても自らは元より家族も命を狙われるであろう『秘密の守り人』になれと言われて素直に頷ける者は少ないと思われる。
この時には守り人となれば拷問を受けるのはほぼわかりきっており、極端に言えば友人の為に死んでくれ、と言われているのと同義だったからである。
勿論デスイーターであったことを友人に告げず守り人となり、ピーターが秘密を密告したことは許されないことではあるが、非常時とはいえ、友人一家を守るために秘密の守り人に彼を選び、死を覚悟させたシリウスにも責任の一旦はあるとも考えられる。
またジェームズとシリウスはリーマスの紹介がなければピーターを気にも止めなかったそうなので(ポッターモア参照)、そもそも彼らが友人になってしまったこと自体が間違いだったのかもしれない。

ピーターの最期からも考察できるが、彼は裏切り者で、自らの罪を他人に被せるなど狡猾さも持ち合わせてはいるものの、自らの死を厭うのは普通の感覚であり、少なくとも学生時代を鑑みるに根っからの悪ではなく、ヴォルデモートの登場とポッター夫妻が狙われ、秘密の守り人になったことで人生の歯車が狂ってしまった人間と思われる。

余談

切り落とした指

ピーターが切り落としたとされる指は左右どちらのどの指かは原作では明確に描写はされていない。
しかし映画版では左薬指の第二関節から先がない状態にある。
結婚指輪を嵌める指というイメージ通り、左薬指は『愛の絆』を意味し、ピーターは親友たちの友情という絆を切り捨てたことの暗喩となっている。
またこの指はシリウス・ブラックとの“英雄的対決”を評価されて授与されたマーリン勲章勲一等のメダルと共にピーターの母親のもとに送られている。

もう一人のペティグリュー

原作者J・K・ローリングの初期の下書きにおいて本編のシビル・トレローニーのポジションに相当する占い学の教授にイーニッド・ペティグリューというキャラクターが存在していた。
初期段階でこのイーニッドがピーターとどのような関係なのかは不明だが同じ苗字なので上述の母親、原作には登場しない姉妹や親戚の可能性がある。
またイーニッドは闇の魔術に対する防衛術の教授を担う設定も当初想定されていたようで、ハリーの四年六年次、そして七年次リーマス・ルーピンと共同で担当する予定だった。

関連画像

赤
僕達、もう一度友達になれると思うよ


僕は
さよなら僕のヒーロー


関連タグ

ハリポタ 親世代 悪戯仕掛け人 死喰い人
スキャバーズ

関連記事

親記事

親世代 はりぽたのおやせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピーター・ペティグリュー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 466046

コメント