ピクシブ百科事典

セドリック・ディゴリー

せどりっくでぃごりー

『ハリー・ポッター』シリーズの登場キャラクター。

演:ロバート・パティンソン
CV:日野聡(日本語吹替)/野島健児(ゲーム)

概要

エイモス・ディゴリーの息子。
ホグワーツ魔法魔術学校ハッフルパフ寮に所属で監督生。主人公ハリー・ポッターより2学年上。つまり双子やアンジェリーナら三人娘と同学年。
瞳の色は灰色で、背が高くハンサムである。性格は温和で思慮深く、寡黙。4巻では競争相手であるハリーに対しても友好的に接し、第二の課題を突破するヒントを与えた。

4巻で三大魔法学校対校試合にて、ハリーと共にホグワーツ代表として出場。最終課題ではハリーと同時に優勝杯に触れたが、優勝杯は「移動キー」に変えられており、共にヴォルデモートのもとに飛ばされ、殺害された。
直後のハリーとヴォルデモートとの決闘の際、霊魂の状態で一時的にハリーの前に現れ、自分の亡骸を持ち帰るよう依頼し、ホグワーツに無言の帰宅を果たす。

セドリックの死は、ハリーのトラウマの一つとなった。

原作では黒髪だが映画版では茶色がかっており、その影響で茶髪に描かれることが多い。

関連タグ

ハリポタ ハッフルパフ









ここから先は、重大なネタバレになります










衝撃の別の可能性
ハリー・ポッターシリーズの本編にて悲劇的な死を迎えてしまったセドリック。
しかし、実は彼もまた、ハリーやネビル・ロングボトムドラコ・マルフォイと同じく、魔法界の運命を大きく左右する可能性を持っていた子供の一人であった事が、第8作『呪いの子』にて明らかとなった。

ハリーの次男であるアルバス・セブルス・ポッターは、父親とエイモス・ディゴリーのやり取りで、ハリーのせいでセドリックが死んだと思い込んだ結果、元々父親に抱いていたコンプレックスも重なって親友となっていたドラコの息子・スコーピウス・マルフォイと共に逆転時計を使ってセドリックの死の運命を変えようと考える。

しかし、セドリックの死を回避する方法として、アルバスとスコーピウスは三大魔法学校対抗試合にてハリーとの同時優勝を防ぐ為にセドリックの妨害を行うという短絡的な手段に出た結果、セドリックは第二の課題にて『肥えらせ呪文』で太らされた挙句、湖の上で浮上させられるという仕打ちを受けてしまう事になった。
この結果、歴史はとんでもない方向へと捻じ曲がってしまう事になった…。

三大魔法対抗試合にて、両親やチョウ・チャンやホグワーツどころか他の二校の生徒達の前で笑い者にされてしまったセドリックは、人生で最大の屈辱を味あわされた事による怒りから、なんと死喰い人の一員に加入してしまう事になり、更に原作での最終決戦にあたる時期で、ネビル・ロングボトムを殺害。これによって、ネビルによる「グリフィンドールの剣」でのナギニの破壊も無かった事になってしまい、それによってハリーも死亡。
世界はヴォルデモートによる暗黒時代と化してしまった

関連記事

親記事

兄世代 あにせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セドリック・ディゴリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 423974

コメント