ピクシブ百科事典

アラスター・ムーディ

あらすたーむーでぃ

「ハリー・ポッター」シリーズの登場人物。「マッド-アイ・ムーディ」と呼ばれる。
目次[非表示]

油断大敵!

概要

ハリポタシリーズの登場人物。
魔法の義眼を付けていることから「マッド-アイ・ムーディ」と呼ばれることが多い。
(Pixivでは本名のアラスター・ムーディタグを付けることが多い)

現在は引退したがかつては伝説の闇祓いであり、捕獲した死喰い人で監獄アズカバンの半分を埋めたと言われているほど。その長い戦いの人生の中、「片眼」「鼻の一部」「片足」を失った。また顔に無数の傷跡が残っており、風貌は恐ろしげ。

現在ついている青い義眼は「魔法の眼」であり、360度回転する他、あらゆる物を透視することができる。

人物と来歴


口癖は「油断大敵!」(原語:Constant vigilance!/常に警戒しろ!)であり、非常に用心深い性格。水分を取る時も毒殺を警戒して、自分の携帯用の瓶からしか飲まない。

これは闇の魔法使いとの戦いを経て被害妄想が強くなったためと周囲から認識されており、狂人のように扱われることもある。

しかしアルバス・ダンブルドアアーサー・ウィーズリーからは信頼されている。もっとも、弟子のニンファドーラ・トンクスなどはムーディの過敏さにやや呆れ気味なところもあるが……。

ダンブルドアの古くからの友人であり、彼の秘密結社不死鳥の騎士団の初代メンバーの一人。ダンブルドアに次ぐナンバー2のポジションでもある。

第一次ヴォルデモート暗黒期には現役の闇祓いであり、数多くの死喰い人と戦いその多くをアズカバンへと送った。当時の法執行部の長バーテミウス・クラウチ・シニアが出した、「死喰い人への許されざる呪文の許可」という姿勢には同調しておらず、ムーディはなるべくなら相手を殺すより捕縛する方を選んだ。しかし、エバン・ロジエールなど仕方ない場合は死喰い人を殺した。闇祓いとしての職務だけでなく、騎士団としてダンブルドアからの任務も行っていたと見られる。

このような激しい戦いの中、ムーディは身体をいくつか欠損、最後は現役を退いた。

なお、ヴォルデモート凋落直後に闇祓いそして騎士団としての後輩であったロングボトム夫妻がベラトリックス・レストレンジバーテミウス・クラウチ・ジュニアらの拷問により廃人となってしまう。

1994年度、一年間の条件付きで闇の魔術に対する防衛術の教授をダンブルドアから引き受ける。しかしピーター・ペティグリューバーテミウス・クラウチ・ジュニアに襲撃を受け、トランクに監禁される。そしてクラウチジュニアはポリジュース薬を用い、アラスター・ムーディに成りすましてホグワーツへ向かった。

一年後、クラウチジュニアがダンブルドアにより捕縛されたことでやっとトランクから開放される。その後ヴォルデモート復活を受け再結成された騎士団へ加わった。

1995年度、不死鳥の騎士団のメンバーとして、本物のムーディとしてやっとハリーの前に登場。闇祓いの後輩キングズリー・シャックルボルトニンファドーラ・トンクスらと共に任務についていた。ダーズリー家にハリーの先発護衛隊のリーダーとして訪れたり、魔法省神秘部の戦いに参加したりしている。映画版の神秘部でのムーディの勇姿は必見。大きな杖を地面に打ち付けて魔法を発動させている。原作版ではそこまで活躍してないとか言ってはいけない。

ブラック家にハリーが泊まっていた夏休みには、ハリーの両親ら初代騎士団員の写真を見せてくれた。

1996年度は天文台の塔の戦いに参加。

1997年度、マンダンガス・フレッチャーが提案した「七人のポッター作戦」をリーダーとして実行。しかしマンダンガスの裏切りに遭ったところをヴォルデモート自らの手で殺される。

マッド-アイの死体が見つかることはなかった。

余談

  • アラスターの両親はどちらとも闇祓いであり、ムーディ家は純血の闇祓い一族である。


  • 本人(に化けたクラウチジュニアいわく)アラスターの魔法の目は死の秘宝である透明マントすら見破るらしく、実際に隠れていたハリーに気付いた。

関連タグ

ハリポタ
闇祓い 不死鳥の騎士団
闇祓い師弟

関連記事

親記事

爺世代 りどるせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アラスター・ムーディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113324

コメント