ピクシブ百科事典

エバン・ロジエール

えばんろじえーる

エバン・ロジエールとは、かつて戦死した死喰い人である。

概要


純血聖28族ロジエール家の出身。
ロジエールとは民間伝承における下級悪魔の名前の一つ。
エバンはギリシア語で「高貴なる生まれ」、ウェールズ語で「若き戦士」の意味。

シリウス・ブラックの語りにおける「闇祓いに殺されたロジエール」が彼のことである可能性が高く、その場合エバンはセブルス・スネイプベラトリックス・レストレンジと同様の死喰い人志望者のスリザリンのグループに所属していた。つまり親世代の一員だと考えられる。

そうでない場合は爺世代のロジエール(ファーストネーム不明)がエバンとなる。

エバンは卒業後実際に死喰い人となり、ヴォルデモートの指揮のもと戦闘に参加。しかし、当時全盛期であった伝説的な闇祓いアラスター・ムーディと決闘の末に死亡した。

その際、ムーディの鼻の一部を呪いにより削いでいる。(映画では片眼)

当時死喰い人への殺人はクラウチ・シニアにより許可されていたもの、ムーディはなるべく相手を殺さず生け捕りにすることを重じていた。その信念を曲げさせ、体の一部を奪ったという事実からは、エバンの非常に高い戦闘能力が伺える。

ちなみに親世代ロジエールの同世代の死喰い人ウィルクスも同じ年(ヴォルデモート消滅の一年前)に闇祓いにより戦死している。

血縁


血縁者が数多く当時する。

エバン・ロジエールが親世代という説を採用すると、
ヴォルデモートの挙兵時期からの古参ロジエール(ファーストネーム不明)(爺世代)の息子あるいは甥がエバンではないかと思われる。
ちなみにその場合、この爺世代ロジエールはドゥルーエラ・ロジエール(ベラトリックスら黒姉妹の母)の兄あるいは弟、あるいは同一人物という可能性が出てくる。

逆に爺世代ロジエールがエバン・ロジエールであるとするならば、エバンはドゥルーエラの兄あるいは弟の可能性が高い。

どちらにしても、ロジエールの祖先はグリンデルバルドの副官の女性ヴィンダ・ロジエール(曾爺世代)であろう。

また、ホグワーツミステリーにはフェリックス・ロジエール(兄世代)という監督生のスリザリンの男子生徒が登場している。こちらはエバンの子孫だろう。ちなみに、フェリックスの父は腕利きの死喰い人であったらしい。

関連記事

親記事

親世代 はりぽたのおやせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エバン・ロジエール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55

コメント