ピクシブ百科事典

ダドリー・ダーズリー

だどりーだーずりー

ダドリー・ダーズリーとは、小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場するキャラクター。メイン画像後方のケツ。

演者(映画):ハリー・メリング
日本語吹き替え:忍足航己

概要

バーノン・ダーズリーペチュニア・ダーズリーの息子で、完全なる人間界生まれ・人間界育ちの純粋培養マグル。メイン画像後方のケツの持ち主。
ハリー・ポッターの従兄にあたり、両親を失ってダーズリー家に引き取られた彼と共に育ってきたが、夫妻に冷遇されるハリーを目の当たりにしてきたため、彼もまたハリーを執拗にいじめようとする。

親バカ極まるダーズリー夫妻の甘やかし教育により、わがまま・意地悪・おバカと三拍子揃ったダメ少年に成長してしまっている。
そのくせ会社社長の父親のおかげでお小遣いは潤沢、おまけに体格に恵まれて腕っ節は強いため、学校ではいじめっ子のガキ大将として恐れられており、『ダドリー軍団』と呼ばれる似た者同士の子分たちを率いて好き勝手暴れ回っており、多くの者からバカにされ嫌われている。
また…と言っても当然の結果だが、勉強を全くしないため学力は非常に低く、お菓子ばかり食べて碌に運動しないため、『縦よりも横の方が長い』と揶揄されるほどまるまると太っている。
一方、基本的に誰が相手でも強気の姿勢を崩さないものの、純粋なマグル故に自身の想像を超える事態には心底弱く、魔法などの超常現象への抵抗力は一切ない。
また、甘やかされて育ったために本質的には臆病者であり、『バカに出来ない』と見なした相手には驚くほど慎重に対応しようとする冷静な一面もある。

反面、両親のことはとても慕っており、彼なりに親孝行しようと必死になることがある。
両親の命令には従順なのも、別に猫を被っているわけではなく、親想いであるが故の行動である。
また、物語が進むに従って徐々に改心していく様子が見られ、ダイエットを敢行して肥満体から脱却、おかげで持ち前の腕っ節の強さを更に活かせるようになり、ジュニアボクシングでチャンピオンに輝くなど、悪ガキだった頃とは見違えるような功績を挙げている。
そんなこともあってか、互いに嫌い軽蔑し合うほど険悪だったハリーも心底ダドリーのことを嫌っていたわけではなく、物語終盤には和解している。

友人はピアーズ・ポルキスで、二人ともスメルティングズというバーノンの母校であるパブリックスクールへ入学した。

関連タグ

ハリポタ 子世代 ハリー・ポッター

関連記事

親記事

子世代 こせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダドリー・ダーズリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15933

コメント