ピクシブ百科事典

ペチュニア・ダーズリー

ぺちゅにあだーずりー

ハリー・ポッターの登場人物。魔法界についても断片的な知識を有し、物語の鍵(キーパーソン)である。
目次[非表示]

ダドリーちゃん!!

人物

髪はブロンドで瞳は灰色。痩せ型で馬のような風貌と長い首が特徴。妹(邦訳では姉)のリリーとは
全くにておらず、お世辞にも美人とは言い難い。マグルであり、魔力も持たない。

ペチュニアリリー・ポッター同様、花の名前。

ハリー・ポッターの伯母(邦訳では叔母)で育ての親。ハリーを冷遇する一方、実子のダドリーを溺愛している。
魔法に関しては、その存在を一切認めないような態度を取っており、ハリーに対しては冷たくあたった。
また、いわゆる「親バカ」であり、ダドリーに対しては客観的な欠点も長所と解釈するほどの溺愛ぶりを見せる。
その様子はアルバス・ダンブルドアから虐待と評されるが、当の本人達は全く自覚していない。

噂話が好きで常に体裁を気にしており、長い首で近所を覗き見ることが趣味。潔癖な一面もあり、寝る前にキッチンを磨いている。そのためシミ一つ無く、5巻でトンクスに「清潔すぎて不自然」と評されるほどである。

略歴

1950代後半、マグルのエバンズ家に生まれる。姉妹仲は非常に良好でリリーからは「チュニー」(Tuney)と呼ばれていた。
しかし、リリーが魔法力の兆候を示し、セブルス・スネイプと親友になったことで徐々に悪化していった。
ペチュニアが魔法を毛嫌いする態度を見せる一方、1971年の夏、リリーの元にホグワーツ魔法魔術学校の入学案内が届いた際には、当時校長職にあったダンブルドアに「自分も入学させてほしい」と手紙を送り、
返事も受け取っている。同年9月、両親とともにリリーの見送りにキングス・クロス駅に行くが、ダンブルドア宛の手紙をリリーとスネイプに知られていることが判明、リリーを「生まれそこない」と罵り、姉妹間の亀裂は決定的なものとなった。

1970年の後半、ロンドンのタイピングの講座を受講し、後に就職。そこでバーノン・ダーズリーと知り合って交際を始め、後に彼からのプロポーズを受け入れる。ペチュニアはリリーがホグワーツ魔法魔術学校の最終学年に在籍していることを打ち明けるが、バーノンはペチュニアを責めることはなかった。
当時もリリーとの交流は続いていたが、姉妹仲は良好とは言えず、バーノン、リリー、ジェームズとの食事ではバーノンと共に途中退席してリリーを泣かせていたり、バーノンとの結婚式ではリリーが花嫁付添い人になることを拒否、ジェームズ・ポッターとリリーの結婚式にも出席しなかった。
1980年6月23日にダドリーが誕生(邦訳の通りリリーより年下ならば年子だとしても19歳で出産したことになる)。
その一ヵ月後に妹夫妻から7月31日にハリーが生まれたとの知らせを貰うが、返信せずに捨ててしまう。以降、リリーから手紙は貰っていないが、クリスマスにはリリーに対して「悪趣味な花瓶」を贈っている。夫と違ってハリーの名前は正確におぼえていたものの、ダーズリー夫妻の間では妹夫妻の話はタブーになっていた。

あるクリスマスの夜、赤ん坊の甥御ハリーが玄関先に置かれていた。ダンブルドアからの手紙が添えられており、リリーはジェームズと共にヴォルデモートに殺されたこと、ハリーはリリーの血の守りでヴォルデモートから守られていること、そしてその血はリリーの血縁である自分のもとにいれば守りが強くなることが書かれていた。
ペチュニアはハリーには常に冷めた態度で接していたが、ヴォルデモートから狙われるハリーの事情を知った上で引き取った。
リリーの死には本心では彼女なりに思うところはあったらしく、リリーを殺したヴォルデモートの復活を聞いた時には複雑な表情をしていた。またハリーが危険に向かうことを知り言葉を飲み込むシーンがあるが、後に作者により、励ましの言葉を贈ろうとしていたが、これまで自分のしてきたことを思い、言い出せなかったことが明かされた。

関連イラスト

幼かった頃の二人


関連タグ

ハリポタ 親世代 リリー・エバンズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ペチュニア・ダーズリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26835

コメント