ピクシブ百科事典

アルファード・ブラック

あるふぁーどぶらっく

アルファード・ブラックとはシリウス・ブラックの母方の叔父である。
目次[非表示]

概要

『ハリー・ポッター』シリーズに登場する主人公、ハリー・ポッターの名付け親であるシリウス・ブラック三世及び弟のレギュラス・ブラック二世の母方の叔父。
『ハリー・ポッター』シリーズ本編では既に死亡しており、シリウスの話に登場する。

血統

ホグワーツ魔法魔術学校の校長を務めたフィニアス・ナイジェラス・ブラックの傍系の孫、ポルックス・ブラックの長男として生を受ける。
母親は間違いなく純血の聖28一族出身の魔女、イルマ・クラッブ。
姉にシリウス三世とレギュラス二世の母であるヴァルブルガ・ブラック、弟にシリーズ本編にて活躍する三姉妹の父親であるシグナス・ブラック三世がいる。

ヴァルブルガが本家筋の再従弟、オリオン・ブラックとの間に儲けた息子たち、シリウス・ブラック三世レギュラス・ブラック二世ブラック兄弟の母方の叔父に相当。
またシグナス三世が設けた三人の娘たち、ベラトリックスアンドロメダナルシッサブラック家三姉妹の父方の伯父に相当する。
そのため女たちの子供たちからみると大伯父に相当する。

来歴

ブラック家の傍系、分家の出身であり、本家を除く男系子孫の長男坊であった。
分家の筆頭ともいえる立ち位置にあり、姉のヴァルブルガが本家のオリオン・ブラックと再従姉弟同士で結婚をしているため本家の当主の義兄となっている。
学生時代はブラック家の例に漏れずスリザリン所属。
後述の通りトム・リドルと同世代の可能性が示唆されており、同じ寮ゆえに何らかの親交があったと推測される。

1976年、甥のシリウスやレギュラスの在学中に死亡。
配偶者がいない彼は、ブラック家の家風に背き家出したシリウスに遺産を残したため、ブラック家の家系図から抹消された。
シリウスにとっては従姉妹のアンドロメダ・ブラックと並んでブラック家内で自分を否定・迫害しなかった恩人である。
シリウスはアルファードからの支援とジェームズ・ポッターの家の両親の支援でブラック家から独立を果たすことができた。

世代考察

家系図から抹消されたアルファードだがその出生年については姉のヴァルブルガと弟のシグナス三世の間にあり、出生年は1925年から1929年ないし1938年となり、享年は28歳から41歳である。
シグナス三世は初期版と後期版で出生年が異なっているが、原作者は計算を苦手としていると公言しており、後期版だととんでもない年齢で子供を作っていることになってしまっている。
仮に初期版を採用し、等間隔の出生年である1927年生まれとすると、1926年の冬生まれであるトム・リドルと同級生の可能性が高くなる。
大伯父のフィニアス・ブラックダンブルドアと同級生説があるため読者の創造を掻き立てる世代である。

孤独なる者

ハリーにとって兄のようで父のようであったシリウスにとって、アルファードが同等の存在であったことは想像に難くないが、シリウスもアルファードもどちらも若くして死亡している。
しかしシリウスの理解者になれたアルファードだが、アルファード自身の理解者がいたとは考えられず、シリウスにとってのジェームズ・ポッターが存在していたのかも不明。
つまりシリウス以前にブラック家の異端児であった可能性があり、その名の通り孤独を抱えていたと考えられる。
またアルファードの叔父に魔法が使えないスクイブのマリウス・ブラックがおり、一回り程しか年の離れていないこの叔父がアルファードの考えに影響を与えた可能性がある。

名前の由来

名前のアルファードは海蛇座の最も明るい恒星、二等星のα星、アルファルドに因む。
アラブ語でアルファードとは「孤独なる者」の意味する通り、周囲に明るい星がない。
別名のコル・ヒドラエは、ラテン語で「蛇の心臓」を意味する。

関連イラスト

【ハリポタ】アルファードの樹【爺世代】



関連タグ

ハリポタ ウィザーディング・ワールド
純血(ウィザーディング・ワールド) ブラック家 爺世代 スリザリン
ヴァルブルガ・ブラック シグナス・ブラック
シリウス・ブラック ハリー・ポッター

関連記事

親記事

爺世代 りどるせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルファード・ブラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31807

コメント