ピクシブ百科事典

シグナス・ブラック

しぐなすぶらっく

シグナス・ブラックとはベラトリックス・アンドロメダ・ナルシッサら姉妹の父親である。
目次[非表示]

概要

『ハリー・ポッター』シリーズに登場する主人公、ハリー・ポッターの名付け親であるシリウス・ブラック三世の出身である純血の魔法一族、ブラック家の家系図に登場する魔法使いたちの名前。
家系図には一世、二世、三世の存在が確認されているがいずれも『ハリー・ポッター』シリーズ本編では既に死亡している。
ピクシブでは主にブラック三姉妹の父親であるシグナス三世のことを指す。

  • シグナス・ブラック一世(1829-1851)
フィニアス・ナイジェラス・ブラックの父親。早くに亡くなった。
  • シグナス・ブラック二世(1878-1883)
フィニアス・ナイジェラス・ブラックの四男(末子)、一世の孫。
長兄が本家、次兄が家系図から抹消、三兄の子が女児の身のため、本家筋がついえた際相続権が子孫に移る可能性が示唆される。
  • シグナス・ブラック三世(前期1929-79/後期1938-92)
フィニアス・ナイジェラス・ブラックの曾孫、一世の玄孫、二世の孫。本項目で解説

血統

ホグワーツ魔法魔術学校の校長を務めたフィニアス・ナイジェラス・ブラックの傍系の孫であるポルックス・ブラックの次男として生を受ける。
母親は間違いなく純血の聖28一族出身の魔女、イルマ・クラッブ。
姉にブラック家本家に嫁ぐヴァルブルガ・ブラック、死後に家系図から消される兄のアルファード・ブラックがいる。

ヴァルブルガが本家筋の再従弟(はとこ、曾祖父母を共有する)のオリオン・ブラックと再従姉弟婚をし、姉がオリオンとの間に儲けた息子たち、シリウス・ブラック三世レギュラス・ブラック二世ブラック兄弟の母方の叔父に相当する。

妻のドゥルーエラ・ロジエールはは間違いなく純血の聖28一族の一つ、ロジエール家出身。
ドゥルーエラはゲラート・グリンデルバルド信奉者ヴィンダ・ロジエールの娘の可能性や、親世代死喰い人エバン・ロジエールの叔母である可能性がある。

また妻との間に設けた三人の娘たちベラトリックスアンドロメダナルシッサがいる。
女たちの子供たちからみると祖父に相当するが息子がいなかったために男系子孫は彼の代で途絶える。

ブラック家分家の最後の当主

生前は分家ブラック家の当主であり、当時の本家当主のオリオン・ブラックとは再従兄弟同士であり、ヴァルブルガとの婚姻により義理の兄弟となっている。
兄アルファードは結婚せず、早くに死亡したためシグナスが家督を継いだ。
しかし、シグナスは自身の後を継ぐ男子に恵まれなかった。
通常ならば本家を甥のシリウス三世が継ぎ、弟のレギュラス二世がシグナスの後釜になる筈だったがシリウス二世が家風に反して家を出てしまい、レギュラス二世が本家の後継者となってしまった。
更にそのレギュラス二世、義兄となった本家当主のオリオン、更に姉までが立て続けに亡くなってしまう。
後述の出生年が初期版であれば、オリオンと同タイミングで亡くなっているシグナスだが、後期版が適応されると本家筋が獄中にいるシリウスを除いて途絶えた状態のままブラック家最後の分家当主であったことが分かる。
後期版であればナルシッサの息子であり、自分の血を引く唯一の男児であったドラコ・マルフォイと会えた可能性があり、マルフォイ家の跡取りであるドラコにブラック家の未来を託そうと考えていた可能性も否めない。

相続権

彼の死後、本家筋の男系子孫の最後の一人であった甥のシリウス三世の死によって本家の遺産の相続権は曾祖父のフィニアス・ナイジェラス・ブラックの代にまで遡ることになった。
シリウス三世の祖父でありフィニアス・ナイジェラスの長男であるシリウス二世の兄弟の内、次男のフィニアス二世はマグルの人権擁護のために家系図から削除され、三男のアークタルス二世の子供は女児だけだったので四男のシグナス二世の男系子孫を辿り、孫のシグナス三世に行きついた。
シグナスの子供は娘のみであったが、彼女たちの子供に相続権が移ることが可能であった。
劇中では長女のベラトリックスに相続権が移ることが示唆されたが、脱獄以前であれば獄中にいる長女のベラリックス、マグル生まれの魔法使いと結婚した次女のアンドロメダに相続権利がないとみなされ三女のナルシッサならびにその長男であるドラコ・マルフォイに相続権が移った可能性がある。
しかし、シリウス三世が遺した遺言のためにブラック家の遺産はハリー・ポッターが相続することになっている。

正しい生年は?

ブラック家の家系図に基づけば1938年生まれとなり、爺世代のかなり後期(リドルの後輩のオリオンの更に後輩であるアイリーン・プリンスより更に年下)となる。
しかし、それだと妻ドゥルーエラ・ロジエールが第一子のベラトリックスを産んだとき彼は13歳という計算になるが、作者J・K・ローリングは算数が苦手だと公言しているので、何らかのミスかもしれない。
初期の草案によると1929年生まれ1979年没となっており、この場合だと22歳で長女が生まれたため無理がないがどうしてこの設定が変更されたのか不明。
ちなみに初期版だと本家のオリオンと同じ生年没年となっており、姉のヴァルブルガとオリオンの姉のルクレティアが同い年なのを考えると分家の子供であるシグナスたちは本家の子供と年齢を合わせて生まれた可能性がある。
ピクシブ内での二次創作では同い年設定が活きやすいためか初期版の設定が採用されて再従兄弟のオリオンと共に描かれることが多い。

銀髪のブラック家

作中では名前も描写も全くなく、ベラトリックスらの父という事実以外は不明。
ただし、孫娘デルフィーニの髪に青や銀が混じっていたことから、シグナスあるいはその妻ドゥルーエラは青髪や銀髪であった可能性がある。
これはデルフィーニの両親はともに黒髪であり、父方の祖父母も黒髪だったからである。

三女のナルシッサも銀髪であることからも黒髪ないし暗い色の髪に灰色の瞳を持つ者が多いブラック家において異端な外見であった可能性がある。
ちなみに三女ナルシッサは天体に関する名前を名付けるブラック家でありながら花の名前が名付けられていたり、上述のシグナス13歳の父親説も相まって、闇を感じるキャラクターである。

名前の由来

シグナスは夏の夜空を代表する星座の一つ、白鳥座の意味。
翼を広げ飛ぶ白鳥の姿を模した大きく美しい星座であり、古来より北十字(ノーザンクロス)と呼ばれていた。
ギリシャ神話ではスパルタの王妃レダに交わるために大伸ゼウスが白鳥に変身したことが由来となっている。
身持ちの堅い人妻のレダに近付くため、水浴びをしていた彼女の元に鷲に襲われた哀れな白鳥の振りをして近付き、白鳥の姿のまま交わった
やがてレダは二つの卵を産み落とすすると一つの卵からは双子座で有名なカストルポリュデケウスの男子二人、もう一つの卵からはトロイア戦争に巻き込まれるクリュタイムネストラと絶世の美女のヘレネの女子二人が生まれる。
シグナス三世の父親、ポルックス・ブラックの名前はポリュデケウスのラテン語表記にして双子座のβ星に因んでいる。
また父方の祖父のシグナス二世並びに高祖父のシグナス一世に由来している。

関連タグ

ハリポタ ファンタビ ウィザーディング・ワールド
純血(ウィザーディング・ワールド) ブラック家 爺世代

【妻】ドゥルーエラ・ロジエール
黒姉妹
【長女】ベラトリックス・レストレンジ
【次女】アンドロメダ・トンクス
【三女】ナルシッサ・マルフォイ

関連記事

親記事

爺世代 りどるせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シグナス・ブラック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26254

コメント