ピクシブ百科事典

フィニアス・ブラック

ふぃにあすぶらっく

フィニアス・ブラックとはアルバス・ダンブルドアの同級生の可能性のあるスリザリン生である
目次[非表示]

概要

『ハリー・ポッター』シリーズに登場する主人公、ハリー・ポッターの名付け親であるシリウス・ブラック三世の出身である純血の魔法一族、ブラック家の家系図に登場する魔法使い。
しかし、純血至上主義の親族は彼の行った行動を許さず、家系図から抹消されてしまう。

血統

父親はフィニアス・ナイジェラスことフィニアス・ナイジェラス・ブラック
『ハリー・ポッター』シリーズ本編で肖像画として登場した魔法使いであり、玄孫のシリウス三世から「歴代最も人望がなかったホグワーツ校長」と評された人物。
父と同じファーストネームであり、バーテミウス・クラウチ・ジュニアのように二世あるいはジュニアと呼ぶのが正式名称。
ただ、父はフィニアス・ナイジェラスと呼ばれることが多いので自然に区別はできる。

フィニアス・ナイジェラスとその妻、アーシュラ・フリントの次男として生まれる。
アーシュラは間違いなく純血と評される聖28一族出身の純血の魔女であり、夫との間に四男一女を儲ける。

兄のシリウス・ブラック二世は夭逝した伯父のシリウス一世に肖って名付けられている。
シリウス二世は父親の後を継いだ本家筋の人間であり、その長男のアークタルス・ブラック三世、そのまた長男であるオリオン・ブラックを通じて、オリオンの息子であるシリウス三世とは曾祖父曾孫の関係である。

弟は三男のアークタルス・ブラック二世と四男のシグナス・ブラック二世、そして妹にバーク家に嫁いだベルヴィナがいる。
アークタルス二世は父方の祖父の弟である大叔父のアークタルス一世に、シグナス二世は父方の祖父のシグナス一世に肖って命名されている。
アークタルス二世には女系子孫しかおらず、フィニアスが後述の通り絶縁されてしまったため本家直系の男系子孫であるシリウス三世の死後、ブラック家の財産の相続権がシグナス二世の代まで遡り、生存する直径子孫の中で年長である魔女ベラトリックス・レストレンジがシリウス三世を殺害したにも関わらず相続権を得る可能性が示唆された。

家系図に抹消されてしまったことでフィニアス個人の子孫がいるかどうか完全に不明。
仮に存在しているとしたら、曾爺世代に相当する可能性がある。
またシリウス三世の死によって、フィニアス・ナイジェラスの男系子孫は全滅状態にあるが、仮にフィニアスに男系の子孫が存在した場合は存続していることになる。

ブラック家らしくない男

ホラス・スラグホーンがブラック家はシリウス三世以外は全員スリザリン寮だったとコメントしていることからも彼も例に漏れずにスリザリン生だったと思われるが、フィニアス・ブラックの特筆すべきことは、純血至上主義のブラック家の一員でありながら、彼は魔法の使えない一族、マグルと関りを積極的に持ったことにある。
フィニアスがマグルの権利を訴えたことで、家系図から抹消の処分を受ける。
純血の魔法族の中でその身に流れる血に逆らう行為をする『血を裏切る者』の烙印を押されたフィニアスの詳細を知る手段は存在せず、判明しているのは1877年生まれのシリウス二世と1884年生まれのアークタルス二世の間に生まれたということのみである。

ダンブルドアとの関係

フィニアスはホグワーツ魔法魔術学校において後に校長となったアルバス・ダンブルドアが学生時代に長く在学時期が被ったブラック家の人間である可能性がある。
1880年の秋から1881年の夏に生まれならば、1881年の8月下旬生まれのダンブルドアと同学年になる。
仮に兄のシリウス二世と双子の1877年生まれ、1月から8月生まれならば4学年上、9月以降ならば3学年上。
弟のアークタルスと双子の1884年生まれ、1月から8月生まれならば3学年下、9月以降ならば4学年下になる。
シリウス二世とアークタルス二世とは3、4年の在籍被りは確定しているが、二人の間に生まれているフィニアスの出生年は不明であるが兄や弟と双子でない限りは5年から7年の間、ダンブルドアと長く在学期間が被ったことになる。

このため二次創作などでは、フィニアスが学生時代にダンブルドアに何らかの影響を受けたとするものがいくつか見られる。
当時「ホグワーツ始まって以来の秀才」との評判を得たダンブルドアの級友たちは彼を模範として見習い、ダンブルドアも級友達を喜んで助けたり、激励していたとされており、在学期間の被るフィニアスへの影響も少なからず見られるのではと妄想の余地がある。
特にフィニアスが在校時の時は父親のフィニアス・ナイジェラスが現役の校長ないし教員の可能性も高いので優等生との比較をされていた可能性もなきにあらず。
皮肉にも、ダンブルドアは卒業後にゲラート・グリンデルバルドと共にマグル支配の計画を画策することになる。

関連タグ

ウィザーディング・ワールド ハリポタ ブラック家

関連記事

親記事

高祖世代 だんぶるどあせだい

兄弟記事

コメント