ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

先天的に体組織全体の本来あるべきメラニン色素がない、あるいは足りない症状のこと。また、その症状を持つ生物のこと。日本語ではかつては「白子(しらこ、しろこ)」と呼ばれていた。

先天的に皮膚等の一部のメラニン色素が欠けているのは「白斑」と呼ばれ、全身性のアルビノとは区別される。


植物の場合、光合成色素がない症状を指す。成長しても種子等の栄養を使い尽くした時点で自分で養分を作り出せず枯死する。


御遣い寄り添う水辺オーダーフェレットさん:りんごとみかんネズミさくらんぼ

動物の場合、メラニンが全くなくなるとが赤い(虹彩の色素が無いので、眼底の血管の赤い色が透けて見えるため)のが特徴。具体的には、ジャパニーズホワイト(うさぎの品種)や、岩国の白蛇(アオダイショウ)等が当てはまる。

目にメラニンが足りないと、視力が弱り、強い光が苦手となるため、ペットショップなどに売られている個体は目を閉じている事が多い。

これらは色素の欠乏により視覚に高い確率で障害を発症し、紫外線から皮膚を守る力が弱い。また外敵に発見されやすいため生存が難しいといわれる。だが、コリドラスのアルビノのように飼育する上で通常の個体より丈夫だとされているものもある。


これらの個体を指して白化個体とも呼び、毛・皮膚等が白くなった白変種(白猫、ホワイトライオン等)とは区別される。遺伝子疾患に起因するこれらの症状は先天性白皮症・先天性色素欠乏症・白子症等と呼ばれる。


完全にメラニンが無くならない場合では、黄色〜オレンジ、紫がかるものが多い。


人のアルビノ

白センシティブな作品

人の場合は医学的に先天性白皮症(眼皮膚型白皮症)と呼ばれる。全身の皮膚、体毛、虹彩、眼底網膜の色素の欠乏といった症状が現れている人を指す(症状が体の一部に留まっている場合はアルビノとは呼ばない)。

現在の医療では治療が不可能な「不治の病」(正確には突然変異なので病気とはやや異なるが)である。


メラニンが完全にない場合は赤目になるが、微量のメラニン生成能力が残っている場合、虹彩にメラニンがわずかに存在するため、目は淡い青や淡い紫、金色や明るい茶色といった色になる。

虹彩、網膜、脈絡膜の色素が欠乏していると、感じ取った光を調節することができないため、視力が低くなりやすく(乱視近視遠視など)、斜視や眼球が勝手に動いてしまう眼振、普通の人より光をとても眩しく感じてしまうといった症状が現れることが多い。まれに、目の色素が比較的多かったためそこまで視力に影響がないという人もいる。


また「白皮」の通り肌が真っ白で、特にメラニン生成能力を全く欠くタイプの場合は、皮膚の下の血液がうっすらと透けてピンク色に近いほどの色になる。


髪の毛をはじめとする体毛は、基本的に淡い金髪やとても明るい茶髪、人によっては銀髪白髪と言っていいほど白っぽい色になる。


これらの特徴は基本的に元々の人種には関係なく現れるが、「アルビノ・エンターテイナー」として活動する粕谷幸治は、両親とも日本人であるが、学生時代に冗談で「自分はドイツ人」と後輩に話したところ、数年間信じ込まれていたという経験を語っている。→参考


メラニンは紫外線から肌や目を守る役割を持つため、その機能が乏しいアルビノは紫外線による皮膚病や眼病に罹りやすい。紫外線が原因の皮膚癌のリスクは健常者より高いと言われている。

現代では、一般流通しているような日焼け止めや日傘・サングラスなどの紫外線対策グッズ、メガネ・コンタクトなどの視力矯正器具により、普通に生活することが可能である。もちろん健常者よりも生活の上で不便が生じやすい場面はあるものの、多くの人は適切に対処して過ごしている。


創作において

その容姿から、象徴的に扱われることが多い。


一時期(特に1990年代から2000年代)のハリウッド映画では「悪人」の象徴としてアルビノ、またそれを彷彿とさせるような身体的特徴を持ったキャラクターが登場することも多く、関連団体から抗議が寄せられたこともあった。


日本ではアルビノのような外見的特徴を持つキャラクターは、清廉潔白な、神秘的なイメージとして取り上げられたり、敵味方関係なく強い印象を残すような立ち位置で描かれたりすることが多い。

ただし、アルビノに近い容姿でもあくまでデザイン上の都合であったり(※例えば綾波レイは白い肌に赤い目、水色の髪の毛いう配色だが、これはゲーム化した際にデフォルメされたドット絵で描いてもすぐ「綾波レイ」と分かるようにという理由である)、(日本人という設定の場合)海外にルーツを持つ、特殊な能力や(アルビノとは無関係な)特殊な体質であることを視覚的にわかりやすく示すためであったり、といったことも多い。


Pixivに投稿されているオリジナル作品の場合、やはりぱっと見でわかりやすいためか白い髪に赤い目で描かれていることが大半である。上述の通りアルビノ=白髪赤目ではないので、それ以外のカラーリングであっても間違いだと決めつけてはいけない。


作中で「アルビノ」と明確に示されているキャラについては百科事典内の検索を活用してもらうほか、日本アルビニズムネットワークによる記事も参照のこと。→アルビノのキャラクター(動物含む)が登場する作品一覧


アルビノの人権問題

その身体的特徴から、差別や偏見に晒されることも少なくない。例えばほとんどの人が黒や濃い茶色など暗色の地毛・虹彩である日本人の場合、外国人やハーフに間違われたり、不良だと思われ、学校生活や就職活動で髪を黒く染めるように強要されたりといったことが度々当事者たちによって語られている。

基本的にアルビノは親から子へ遺伝しないことがほとんどで、他人に感染するようなことはないが、周囲から誤解され、結婚や子育てで悩みを抱えている人もいる。


サハラ以南のアフリカでは、アルビノは「不老長寿の薬になる」「災厄を払いのけ、富と権力をもたらす」といった迷信によってまじないや儀式、薬等の材料として人身売買の対象にされていることが多く、子供の誘拐や遺体の盗掘等が深刻な問題となっている。他にも「色素が薄いのは悪魔が取り憑いたから」という根も葉もない理由で差別やいじめを受けている者もいる。

特に人事売買にはアルビノを持つ家族の親類や友人が関わっている場合も多く、隔離のために学校に通えず、文字の読み書きが満足に出来ない教育不足戸籍そのものを持っていないといった問題も挙がっている。


余談

モンスターハンターシリーズに登場するモンスター:フルフルおよびその近縁種であるギギネブラから入手できる一部素材の名前に「アルビノ」とあるが、フルフルやギギネブラの体の色が白いのはアルビノとは異なる。(詳細はフルフルの項目参照)


逆にメラニンが大量に作られるメラニズムという症状もある。

アルビノ少女とメラニズムの青年


国際連合では、6月13日を「国際アルビニズム啓発デー」に制定している。


関連イラスト

無題アルビノ

アルビノ少年白


関連タグ

白髪 銀髪 赤眼 銀髪赤眼

奇形 病気 白子

清寧天皇-第22代天皇。諡名の「白髪武広国押稚日本根子天皇(しらかのたけひろくにおしわかやまとねこのすめらみこと)」が指す通り、アルビノであったとされている。

サリフ・ケイタ - アルビノのミュージシャン

ナスチャ - アルビノのモデル

アルビノジョーカー - 『劇場版仮面ライダー剣 MISSING ACE』に登場する怪人。


外部リンク

関連記事

親記事

色彩変異 しきさいへんい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31186936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました