ピクシブ百科事典

アルビノジョーカー

あるびのじょーかー

アルビノジョーカーとは、映画『仮面ライダー剣 MISSING ACE』に登場する怪人
目次[非表示]

データ

身長219cm
体重116kg
CV黒田勇樹
スーツアクター永瀬尚希


概要

ジョーカーアンデッドの亜種…または対極の存在とも言うべき、全身が白と赤で彩られたアンデッド
ジョーカーを含む全てのアンデッドの封印(=バトルファイトの優勝者不在)という緊急事態にのみ活動をする特異な存在であり、アンデッドを再び開放してバトルファイトを再開させる役目を担っている。

手先より発する光弾「ヘルファイヤー」(テレビマガジン掲載)や左腕に生えた鋭利な爪での攻撃を得意とし、単純な戦闘力はジョーカーアンデッドを上回るほど強力である(あのギラファアンデッド仮面ライダーグレイブの正体に気付いた際は恐れていたほど)。
また、ジョーカーアンデッドと同様にアルビローチと呼ばれる無数の怪人を生み出せ、配下として操ることもできる。
他にも武器として大鎌デスサイズ」を持っているが、劇中未使用に終わっている(撮影用プロップは製作されており、雑誌の写真などで確認可能)。

性格は人間と触れて「愛」を理解したジョーカーアンデッドと異なり、「愛」について全く理解を示さず、人の心を平然と弄び、用済みになれば平然と殺してしまう残虐非道さの持ち主。
バトルファイトを再開させた真の目的も、自らの野望を達成させる為に過ぎず、殆どのアンデッドを開放し役目を果たした後は、バトルファイトの勝利者に与えられるとされる強大な力・巨大邪神『14』を手に入れ、地球の支配を目論んでいた。

詳細などは志村純一の項目を参照。

余談

  • アルビノジョーカーのデザインはジョーカーの鏡反射体(胸部・脚部が逆)になっているが、デザインした韮沢靖氏はアンデッドワークス「GREEN BLOOD」にて「「これも同じにしておけばソフビ人形も発売されたかも…。」と今でも悔やんでいます」と言及している。しかし、後にリアルアクションヒーローシリーズにてアルビノジョーカーが販売される事になっており(勿論、鏡反射体の設定も忠実に再現)、商品化は果たしている。
  • ジョーカーのは「アンデッドを殺す者」としての意味合いがあることに対して、アルビノジョーカーのは「人を殺す者」という意味合いを持っている。
  • トランプのジョーカーは1セットに2枚入っているが、このアルビノジョーカーの立ち位置はその予備にあたる白黒のジョーカーのカードだと思われる(TVシリーズでも「ダブルジョーカー」という意味深なワードが登場していた)。ただし、2枚のジョーカーでカラーのジョーカーには主にが使用されている為、実はカラーの立ち位置(つまりは真のジョーカー)である可能性も否定できない。実際、アルビノジョーカーは、前述の通り「愛」に理解を示さないが為に、相手が人間だろうがアンデッドであろうが容赦無く傷つけ、殺す事に躊躇が無く、そういった意味では正に「最凶のジョーカー」と呼ぶに相応しい存在である。


関連タグ

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) MISSING_ACE

ジョーカーアンデッド 巨大邪神14 アルビローチ
仮面ライダーグレイブ 志村純一

怪人 ジョーカー アルビノ

韮沢靖

栗原天音:本編では利用していた彼女に仮面ライダージオウでは引導を渡されることになった

関連記事

親記事

志村純一 しむらじゅんいち

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルビノジョーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36407

コメント