ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヒューマンアンデッド

ひゅーまんあんでっど

ヒューマンアンデッドとは、『仮面ライダー剣』に登場するアンデッド(怪人)の1体で、人間の祖たる不死生物。メイン画像左がヒューマンアンデッド。
目次 [非表示]

データ編集

(出典:『仮面ライダーブレイド超全集』p.26、東映公式『仮面ライダー図鑑』より。)


概要編集

特撮番組『仮面ライダー剣(ブレイド)』に登場する怪人アンデッドの1体でハートカテゴリー2に属する人間の祖たる不死生物

1万年前のバトルファイトにおいてヒューマンアンデッドが勝者となったことで、人類が地球の支配者となり繁栄したというのが『仮面ライダー剣』の世界における人類史である。


外見編集

「現代で仮面ライダーカリスに遭遇し、自ら封印される」という第32話の回想シーンでのみ姿が登場する。


腰に付いているアンデッド特有のベルトを除けば、外見上はジーンズを履いた上半身裸の人間。

その容姿はカリスの変身者である相川始瓜二つだが、これは始の正体が♥2「スピリット」のカードを用いてヒューマンアンデッドの姿に変身したジョーカーであるため。

正真正銘の普通の人間である三上了とも瓜二つだが、特に理由は明かされていない。


アンデッドの特徴である「仮面」をしていないことから、これが本当の姿かどうかは不明である。(引用:『仮面ライダーブレイド・ハイブリッドファイル』p.58)


他のアンデッドと異なり体に古傷にあたる黒い箇所がなく、古傷らしき部分が無いのは前回のバトルファイトの勝者故なのか、1万年というとても永い年月が経っている為完全に完治してしまったのか、人類の祖先らしく力よりも頭脳を使った戦法で戦い抜いたからなのか、詳細は不明。


人物編集

タランチュラアンデッドと同様、アンデッドとしては珍しい穏やかな性格の持ち主。

他者には敬語を使っており、対話の際は口を開くことはなくテレパシーのようなもので意思疎通を行う。


1万年前のバトルファイトで勝利した後、人間社会に潜んで暮らしていたが、現代で封印を解かれたジョーカー(姿はカリス)に遭遇する。1万年前にジョーカーを封印した存在でありながら、今回は一切抵抗することなく自らジョーカーに封印されることを選んだ

こうしてヒューマンアンデッドの姿を手に入れたジョーカーは、相川始と名乗って人間社会で暮らしていくこととなる。


封印されてもなおスパイダーアンデッドのように意思を残していたようだが、スパイダーアンデッドとは違い持ち主の意識と肉体を乗っ取るような事はせず、内から働きかけることでジョーカーの本能を抑制、これまで戦うことしか知らなかった性格が徐々に和らぎ、人間を愛するようになっていった。

『仮面ライダーブレイド超全集』p.29では「ジョーカーの姿に戻ることを忌まわしく思うようになっていった」と記されている。


物語後半ではカードを奪われたことでジョーカーの本能を抑えきれなくなった始が自己催眠により意識を失った後、彼の体を借りる形でヒューマンアンデッドとしての意思が表出し剣崎一真たちと対面した。

剣崎たちに1万年前のバトルファイトの真実を語る一方、勝者として何を望んだかという質問には答えず、逆に剣崎に対し「君なら何を望みますか?」と問いかけたのを最後に再び眠りにつく。


人間と全く変わらない容姿をしており現在の人類にも敵対しようとはしないが、れっきとしたアンデッドでありバトルファイトの正当な参加者である事も事実である。終盤ではバトルファイトの実態を知った橘朔也が事態の収拾手段として「ヒューマンアンデッドを解放しジョーカーを含む他のアンデッド全てを封印する事で、ヒューマンアンデッドを勝利者とする形でバトルファイトを終了させる」という現実的な案を提唱していた。


結局ヒューマンアンデッドの望みが明かされることはなかったが、『仮面ライダーブレイド超全集』p.87には「あらゆる動植物が幸福に暮らす世界、それこそがヒューマンアンデッドが、剣崎一真が望んだ世界だったのではないだろうか。」と記述されている。(トリロバイトアンデッドの子孫=三葉虫がいないが、三葉虫はおよそ2億5千万年前には絶滅しているため、前回のバトルファイトの時点で存在していない)。

皮肉にもヒューマンアンデッドの子孫たちの手によりバトルファイトはあらぬ形で再開されてしまったのだが……


ラウズカード編集

封印されたラウズカードはハートのカテゴリー2「スピリット」。絵柄は横を向いた人の胸に大きなハート(心臓)が描かれたデザインをしている。


使用者を人間の姿に変える効果がある。(引用:『仮面ライダーブレイド超全集』p.26)

実際、仮面ライダーカリスはこのカードをカリスラウザーにラウズして人間の姿に戻るが、これは他のアンデッドの姿に変身するジョーカーの能力ゆえと思われる。

ラウザーユニットをコネクトしたカリスアローや、ブレイラウザーなどの他のライダーのラウザーにラウズした場合もこの効果が発動するのかは不明。

他のカテゴリー2のラウズ効果が武器攻撃の強化であることから同系統なのでは?と推測されることもある。


第31話『53番目の存在』のエンドカードに選ばれている。


「スピリット」は他のラウズカードと比較して異色な点が多い。

  • カテゴリー2のラウズカードなのに、絵にアンデッドバックルが存在せず、胸に巨大なハートマークが描かれている(アンデッドバックルが描かれていないラウズカードはカテゴリーAカテゴリーKのみ)。
  • カードの名称にアンデッド名(ヒューマン/Human)が含まれていない(放送当時の玩具対応カードでは「スピリットー人間ー」表記)。
  • プロパーブランク時の鎖がそのまま残っており、胸のハートと繋がっている。
  • カテゴリー2~5に存在するはずのFP(フォースポイント)が設定されていない。

これらがバトルファイトに勝利した者の特徴なのかは不明。


余談編集


  • 仮面ライダー図鑑』には「現代で解放されたのち、早い段階であえて無抵抗のままジョーカーに封じられた。」という独自の記述が存在し、敗北した他のアンデッドと同じく1万年間カードに封印されていたかのようになっているが、『剣』本編では広瀬栞が「スピリット」のカードに対して「あのカードに1万年生き続けたアンデッドが…」と言っており、『仮面ライダーブレイド超全集』p.87にも「ジョーカーは、現代に潜んでいたヒューマンアンデッドを発見。」と記載されている。
    • そもそもあらすじからして、チベットの洞窟で発見されたのは52枚のカードであるため、封印されたのは「敗北した51体の生物の祖+ジョーカー」ということになり、『仮面ライダーブレイド・ハイブリッドファイル』p.89にも「勝者であるヒューマンアンデッド以外のカードが結晶に包まれた状態のまま、某山中で発見された」と記載されている。

  • 物語後半から脚本に参加した會川昇 は、相川始の設定を整理するべく、本編に至るまでの経緯として「ヒューマンアンデッドは相川始という名の人間として生きていた→バトルファイトの開始とともにヒューマンアンデッドとしての記憶を取り戻す→ジョーカーを抑制するためにわざと封印される」という流れを考え、視聴者にこの設定を説明するために「相川始(記憶を取り戻す前のヒューマンアンデッド)と暮らしていた女性」を登場させるという構想があった。
    • しかし、これでは1人の人物に4つの要素(相川始(記憶を取り戻す前のヒューマンアンデッド)、ヒューマンアンデッド、ジョーカー、カリス)が集中して複雑になるためこの案は採用されず、3つに絞られた。(『仮面ライダー 平成 VOL.10 仮面ライダーディケイド』p.33より)
    • 実際、本編では「元々ヒューマンアンデッドが相川始を名乗っていた」という描写はなく、その相川始と暮らしていた女性も登場しない。

  • 勝者であり人類の祖先である彼が上級アンデッドのようなJKではなく、カテゴリー2なのはKやAよりも2が強い「大富豪」のルール由来ではないかという見方もある。スートがハートなのはラウズ効果の「SPIRIT(=魂・心)」からだろうか。

  • 身長・体重は演者である森本亮治氏の当時のものと思われるが、大半のアンデッドが身長2m・体重100kg超えであることを考えるとアンデッドの中では相当小柄である。体格の差では圧倒的に不利であるはずのジョーカーを封印し、一万年前のバトルファイトを勝ち抜いているが現在でも戦闘能力は不明のままである。

  • 作中、始は幾度となくマンティスアンデッド(カリス)と間違われていたが、何故か普段姿を借りているヒューマンアンデッドの方と間違われた事は一度も無い。
    • ここから察するに「ヒューマンアンデッドも1万年前は違う姿をしていた」もしくは「劇中では描写されていなかっただけでカテゴリーAも人間態に化身可能」のどちらかの可能性が浮上するが、こちらも詳細は不明。

関連タグ編集

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) 善玉怪人 下級アンデッド カテゴリー2 バトルファイト

仮面ライダーカリス 相川始 ジョーカーアンデッド

ライダー怪人 人間 人類

関連・類似項目編集

スパイダーアンデッド:同じく意図的に封印され、使用者に働きかけていたアンデッド。こちらはヒューマンアンデッドとは違い、睦月の心を蝕んでいき我が物とすることを画策していた。しかし、善良な心を持った二人の上級アンデッドの活躍により睦月と分離させられ、今度こそ完全に封印、その計画を阻止される。


魔族(仮面ライダーキバ):13種ある魔族の中に人間族も含まれているため、「仮面ライダーキバ」という作品の人間はファンガイア等の他種族と同様に「怪人」であると見なす事もできる。


インビジブル・ドーパントズキュンパイア:同じく元々怪人として登場したもののスーツがなく、俳優が怪人態として演じた


ジュウオウヒューマン動物スーパー戦隊に於ける動物モチーフの中で唯一「人間」がモチーフとなった番外戦士


仮面ライダーエデン/仮面ライダールシファー:後に登場する「人間」をモチーフにした仮面ライダー。


スート・ハート

マンティスアンデッド(A) → ヒューマンアンデッド(2) → ハンマーヘッドアンデッド(3)


外部リンク編集

ヒューマンアンデッド 仮面ライダー図鑑


スピリット 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

カテゴリー2 かてごりーつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49769

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました