ピクシブ百科事典

天王路博史

てんのうじひろし

仮面ライダー剣の登場人物。剣における事件の黒幕にして全ての元凶たる男。

「ご苦労様、仮面ライダーの諸君……。そして、さようなら……」
演/森次晃嗣

概要

元人類基盤史研究所“BOARD”の理事長にして、“BOARD”の創設者である初老の男。
ちなみに、(演じている人が同じである為、当たり前だが)某宇宙警備隊員である恒点観測員地球での仮の姿にそっくりだが、全くの他人の空似である。

同組織の研究員である広瀬義人の暴走によるアンデッドの解放事件が起きた後はその責任を取るという名目でBOARDを脱退。
隠遁生活をしながら、自責の念から自身のポケットマネーを使って剣崎達や彼らをサポートしている広瀬栞給料を支給するなどライダーたちの後方支援を行っている。

上記の様に表向きは自身の監督不届きが招いた人類の危機に対して責任を果たしている責任感の強い人物に見える。

しかし実際は広瀬義人の暴走によるアンデッド解放事件は彼の計算の内の出来事であり、物語が始まる3年前から開始された現代のバトルファイトを影で支配し運営していた全ての元凶にして黒幕
その為、本来のゲームマスターである“統制者”は行動を起こすことなく、事態を静観していた為、事態の異常性を認識していたのは当初、金居ことギラファアンデッドのみであった。

途方もない財力をバックに凄まじい権力を持っており、その力は彼の事を調べようとしていた白井虎太郎にとある編集長が「彼を調べようとした人は殺される」との忠告したほどである。

その目的は自身の手でバトルファイトを再開させ、最終的には自身が究極のアンデッドとなってバトルに参加し、勝利を収める事により『万能の力』を得て全人類を消滅させて自身に従う新しい人類を創造し、その支配者になる、所謂“世界征服”という歪んだ野望を実現させることである。

その為の下準備として、死んだ広瀬義人の記憶を受け継いだトライアルB記憶を改変し、自身の手駒として様々な改造実験体トライアルシリーズを作らせ人造アンデット・ケルベロスの製作の為のデータ取りを開始する。
またその一方で改造実験体が完成するまでの時間稼ぎと、自身の野望達成の為に邪魔なアンデッドを始末させる為に、烏丸啓に表向きは「人間に危害を及ぼすアンデッドの封印目的」と称してアンデッドを封印する為のライダーシステムを再作させるなど暗躍していた。

そして満を持して、究極の人造アンデッド・ケルベロスを生み出すことに成功。
当初はその余りの凶暴さ故、トライアルシリーズとは異なり制御は利かない状態であったが、それも彼の計算の内であり、ケルベロスとライダーたちとをぶつけ合わせてケルベロスを彼らに倒させた直後に自身の手でケルベロスを封印。
左腕に仕込んでいた『カードリーダー』を使ってケルベロスと融合し究極のアンデッドの力を手に入れたケルベロスⅡへと変貌する。

「私はアンデッドになったのだ!」

当初はその圧倒的な力で上級アンデッドであるギラファアンデッドを圧倒し、その強大な力でライダー達を追い詰めるが、途中でギラファアンデッドがライダー側に加勢した事で次第に押されて行き、最後はブレイドキングフォームの『ロイヤルストレートフラッシュ』とワイルドカリスの『ワイルドサイクロン』の同時攻撃の前に敗北。

敗北後も往生際悪く、ジョーカーがバトルファイトの勝者となれば人類が滅びる事になると称してカリスを攻撃するように唆して仲間割れを誘い、ギラファアンデッドに助けを求めるが、あくまでも世界を自身の種族だけのものにしようと目論む彼に「封印されるのはお前だ」と一蹴され、惨殺されてしまいその野望は潰えるのだった…。

関連項目

ケルベロス(仮面ライダー剣) 全ての元凶 黒幕
ウルベ・イシカワ・・・・自らの野望のために主人公を利用した黒幕繋がり
三島正人・・・・こちらも望んで人間でなくなった上層部の人間繋がり
黒松教授・・・・こちらも演者が某宇宙警備隊員を演じており、かならの極悪人。

コメント