ピクシブ百科事典

トライアルB

とらいあるびー

広瀬義人が、娘を護る為に製作した自身の分身である改造実験体トライアルシリーズ。
目次[非表示]

「栞…無事でよかった…これで、母さんのところへ行ける…」
CV/春田純一

概要

仮面ライダー剣』第39話『再会…父と娘』、第40話『過去との訣別』に登場。
アンデッド細胞広瀬義人の細胞を組み合わせて制作された“改造実験体トライアルシリーズ”の一体。

全身に備えたによって全方位を見渡す事ができるほか、左手双頭石化させてしまう能力を持つ。
また、先より一千度の撃を放ち、対象者を焼き殺すことも可能。

元々は自分の死期が近い事を悟った広瀬義人がアンデッドの解放という自身の過ちを悔い、その罪を償う目的と一人を守る目的で自分の姿と記憶をコピーし作り出した存在だったが、完成した直後に広瀬義人が亡くなり、その直後にやって来た天王路が自身の野望達成に利用する為に彼自身の手で記憶操作を施され、自分が広瀬義人だと思い込まされると、彼の元で独自の研究を続け独自に改造実験体シリーズを制作。

剣崎があまりにも高いアンデットとの融合係数の持ち主だと知ると、義人の意思を受け継ぐ形で、アンデッドの持つ永遠の命の解明の為に製作した改造実験体シリーズを次々に送り込むことで剣崎をキングフォームへと変身せざるを得ない状況を作り出し、最終的には彼をジョーカーへと変貌させた上で彼を研究のためのモルモットとして捕獲しようと目論んでいた。

その為に橘朔也をも騙して自身の研究に協力させて着々と計画を推し進めるが、途中で相川始の介入された事や、橘が真実を暴露した為に失敗。

その後、自身も改造実験体だった事を天王路から告げられるも、そのまま研究を続け、更に天王路に言われるままにーたちは勿論、最愛の娘である栞にも襲いかかるが、ライダーたちの戦いに巻き込まれ、彼女に身の危険が及んだ際に天王路によって消去されたはずの記憶が蘇り、娘を護る為に身を挺してトライアルGからの攻撃から栞を庇い致命傷を負うと、最後は自らの正体とその経緯を栞たちに語ったと、娘にを握られながら安らかな笑みを浮かべると最愛の人のいる場所へと旅立っていった…。

余談

モチーフはゲルショッカー首領

関連項目

改造実験体トライアルシリーズ 広瀬義人 広瀬栞 仮面ライダー剣 哀しき悪役(?)

pixivに投稿された作品 pixivで「トライアルB」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント